2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【人類学】縄文人祖先は南と北から? 「日本人のルーツ解明が一歩進んだ」富山などで出土の人骨比較 [7/26]

1 :かじりむし ★@転載は禁止:2014/07/26(土) 22:36:42.94 ID:???0
縄文人祖先は南と北から? 富山などで出土の人骨比較
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2503M_W4A720C1CR8000/
日本経済新聞 2014/7/26 22:09


 富山市の埋蔵文化財センターは26日までに、縄文時代前期の小竹貝塚(同市)
で、2008年に出土した女性の頭蓋骨を国内外で見つかったものと比較した結
果、縄文人の祖先は東南アジアから中国を北上し北海道経由で本州へ入った
「北方系」の集団と、東南アジアから日本列島を北上した「南方系」の集団がい
た可能性があると明らかにした。

 小竹貝塚では、既に見つかっている多くの人骨のDNA鑑定から、北方系と
南方系の人たちが一緒に暮らしていたことが判明しているが、たどったルート
は分かっていなかった。調査した国立科学博物館の溝口優司名誉研究員は「日
本人のルーツ解明が一歩進んだ」と話している。

 溝口名誉研究員によると、富山の女性は歯のすり減り具合などから40〜60代
とみられ、当時としてはかなり高齢。この頭蓋骨を東北、関東、東海、山陽の
各地方で出土した骨と比べると、パーツの形などが東北で集団出土した縄文時
代中期以降の人骨とよく似ていた。

 東北の人骨は、北海道で出土したものや、中国河南省の安陽市で見つかった
青銅器時代の人骨、東南アジアで出土した新石器時代から鉄器時代の人骨と特
徴が類似しているため、北方系の流れとみられるという。

 一方、青森県で見つかった縄文時代前期の女性の頭蓋骨は、山陽で出土した
女性のものと類似。岡山県で見つかった同時期の男性の人骨は、東南アジアと
のつながりはうかがえるが、安陽市で見つかったものとは全く似ておらず、南
方系と判断した。

 このことから縄文人の祖先は、東南アジアから2ルートで日本に入ってきた
と推測できるという。女性の頭蓋骨は、北代縄文館(富山市)で26日から8月
3日まで公開される。〔共同〕

2 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 22:38:16.06 ID:1XqmRftJ0
ふむ

3 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 22:39:03.70 ID:hpi7gJ9K0
>>1
▼梅原猛(愛知県出身・京都在住の哲学者)
『近畿人は日本人全体からかけ離れて朝鮮人に近い。東大の埴原和郎先生は近畿人は日本人じゃないと言うんだ』
▼中上健次(和歌山県出身・作家)
『大阪はね、ほとんど韓国と一緒の土地だと思うんです。着るものとか街並みだとか、ものすごく韓国に似てますね』
▼国民百科事典(平凡社)
『近畿地方を中心とする関西地方の人々が、朝鮮人的要素を有することは注目に値する』
▼池田次郎(京都大学名誉教授・自然人類学)
『畿内人は韓国朝鮮人と同じグループに属し、日本人から最も離れている』
▼レヴィン(旧ソ連の人類学者)
『シベリア抑留者1万人を調査した結果、近畿人は朝鮮人とほぼ同じだが、東西へ向かうに従い日本人となっていく』
▼岩本光雄(京都大学名誉教授・霊長学)
『畿内人と大陸人、とりわけ朝鮮人は人種的につながっている』
▼埴原和郎(東京大学名誉教授・自然人類学)
『近畿人、特に畿内人は目立って朝鮮の集団に近く、日本人からは外れている』
▼関晃(東北大学名誉教授・熊本県出身)
『帰化人たちは、ほとんど全部が大阪京都奈良に根を下ろしたといってよい』
▼松村博文(札幌医科大学准教授・解剖学)
『畿内人は一番胴長短足の人たちなのです。朝鮮半島の人々も畿内人と同じようだとわかりました』
▼欠田早苗(兵庫医科大学名誉教授・解剖学)
『大阪を中心とする近畿地方の人たちは、百済地方の人たちと匹敵するほど頭の形が丸い』
▼ハシゲ徹(大阪民國総統)
『大阪の人たちは韓国人と非常によく似ている』
▼網野善彦(山梨県出身・歴史学者)
『以前サントリーの会長が東北には未開なクマソが住んでると言って問題になりましたが、あれは関西人の発想です』
▼戸田恵梨香(神戸市出身・女優)
『神戸って大阪と一緒にされるの凄い嫌なんですよね〜大阪は下品!汚い!』
▼堤真一(西宮市出身・俳優)
『兵庫は大阪と違って洗練された町なんで』
▼森喜朗(石川県出身・元首相)
『大阪は日本のタンツボ』
▼ローラ(東京都出身・モデル)
『アニョハセヨは関西弁』

4 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 22:39:04.93 ID:dpjtbC530
朝鮮人だろ?

5 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 22:41:00.67 ID:V9VzIped0
弥生人は朝鮮半島経由も増えるけど
やはり縄文は南方系が多いんだよな

6 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 22:41:15.14 ID:ghuLAud+0
朝鮮からって言うけど
あそこはただの通過ルートな

地球とか宇宙のレベルまで遡ると起源は韓国だけど

7 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 22:41:22.72 ID:I6ABSI2d0
     |ヽ、  | ヽ、
    /         ヽ
   /!||!(゜\'iii'/゜ノヽ ゚。  このスレ定期的に立つNIDA!!
 /ノ(  "u,"ニ..,ニヽ"v\
 \⌒ \/ {y~ω'~Y ,/
   .>.  {. |⌒ヽ⌒||〈
 ./  .. | .|:::::::|::::::|| i
 {   ⌒ヽ_/ );:;:!;:;r!
 ヽ,   /、 〈 ニニニ>
  {.  ハ ヽ Y`
   ヽ{ ヽ_ゾノ

縄文vs弥生
ttp://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2005/jomonvsyayoi/img/imagetop1.jpg
ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/D/Denim/20050727/20050727012515.jpg

8 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 22:41:50.53 ID:njvm2dIX0
茶番だな

9 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 22:42:32.65 ID:ov1HCGYo0
北方系の方は樺太に定住できなかった理由を知りたいな。
やっぱ寒すぎるからか?

10 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 22:43:18.46 ID:V9VzIped0
>>9
第一の理由は食糧だろうね

11 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 22:43:19.50 ID:YmCqg7JA0
北海道経由と東南アジア経由。
朝鮮半島経由は遺伝子解析で否定されている。

12 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 22:43:46.31 ID:uZR9mD+j0
やい、品、挑戦土人!
おまえらの起源説などは無意味!
すべてはアフリカに通じてるんだよ!

13 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 22:46:16.41 ID:o+ZD+a4N0
DNA的には南方、北方、弥生になって大陸からの混血民族が現在の日本人だけれど、
地味で根気の要る物証からのルート証拠固めか。

14 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 22:46:49.11 ID:YmCqg7JA0
>>5
>弥生人は朝鮮半島経由
半島というよりも支那本土(南方)系。

むしろ、日本→半島のルートは有った(米の遺伝子追跡の結果)

15 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 22:46:49.64 ID:DTH3R8EO0
そもそも今の半島人は女真族やエベンキの混血の末裔だ

16 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 22:49:23.39 ID:sUTj7uv90
>>5-6
弥生人は南方系。いまのマカオ周辺の民族だと判明してる。

17 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 22:50:19.76 ID:o+ZD+a4N0
>>12
黒葡萄原人とかで、朝鮮人だけは別種だろw
他の人類はアフリカ起源なのだが。

18 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 22:51:34.41 ID:0/OfKcFN0
どっちにしろ東日本、特に関東地方は朝鮮系の劣等種であることには変わりは無いからな

19 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 22:55:05.87 ID:ka/bNrJq0
桃太郎が成敗した鬼って何人だったんだろ

20 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 22:55:33.19 ID:ed00m/lU0
縄文人はおまいらチョン系渡来人には関係ない

耳垢湿性、ワキガの俺様大勝利

21 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 22:56:49.87 ID:KGzBEYk90
項 目 南 方 系 ( 縄 文 系 ) 北 方 系 ( 弥 生 系 )
身長 背が低い(同年の中で) 背が高い(同年の中で)
体系 ほっそりとしている ずんぐりむっくり
体重 軽い(同年の中で) 軽い(同年の中で)
手足 細くて長い 太くて短い
指 細くて長い 太くて短い
髪の毛 波状毛(くせ毛) 直毛
頭の形 長頭(前後に長い) 短頭(丸い)
顔の形 角形で彫りが深い 面長でのっぺり
目 大きく丸い 小さく細い
瞼 二重 一重
蒙古襞 ない ある
左目つぶり うまい へた
鼻 高くて長い 低くて広い
耳たぶ 分離型(福耳) 密着型
耳垢 ウェット型(湿っている) ドライ型(乾いている)
唇 厚い 薄い
髭や体毛 濃い 薄い
体臭(腋臭) ある ない)
指紋(三叉数) 少ない(11以下) 多い(12以上)
血液型 O型 A型
顔全体 ・幅が広く(横長)四角い ・彫りが深い ・上下に長い ・のっぺりしている
鼻 比較的大きい 鼻幅が細く低い
瞼 二重 一重(厚い)
唇 厚い 薄い
歯のサイズ 現代人より小さい 現代人より大きい
噛み合わせ 上下の歯がぶつかり合う 上の前歯が下の前歯に覆い被さる(現代人と同じ)
身長(推定平均) 男性:158cmぐらい 女性:148cmくらい 男性:164cmぐらい 女性:150cmくらい
体毛 濃い(眉毛も濃い) 薄い

22 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 22:57:57.54 ID:dS/bT3di0
>>14
そこに住んでた倭人を駆逐して半島に居座ったのが高麗
その高麗人を駆逐して居座ったのが今の朝鮮人

朝鮮人は日本に文化を伝えた恩人どころか、
恩人を殺した仇の上前をハネた盗賊

23 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 22:58:06.05 ID:SVb/Gqos0
骨の形状から推測しているなんて、一昔前の手法じゃないか。

DNAの系統分析で、縄文人は中国とも挑戦とも全く違うD2系統とわかっているのに、
こんな時代遅れのイカサマ研究を今頃持ち出すなんて、ばかばかしい。

時代遅れの低能学者はさっさとリストラしろ。

24 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 22:58:29.30 ID:Jie+HQDs0
チョンとか朝鮮系とか言い方が紛らわしいよ
古代の渡来人と今の韓国朝鮮人とは全然関係ないから
わざと言ってるんじゃないの?

25 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 22:59:12.44 ID:y54WuLW10
縄文時代にいた朝鮮半島の民族はもう何度も滅ぼされて、ひとつも当時のDNAは残ってないだろうな。
日本は縄文時代のDNAを現在も5割ぐらいの人に残って持ってるのが凄いこと。
地球文明創成期からずっと日本人は日本に存在し続けたんだよな。

26 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 22:59:25.13 ID:H03LUkUs0
関東は渡来系の中でも出来が悪い連中に開拓させたから
それと文明を持てなかった縄文系の混血だな
どうしても下級になってしまうのは宿命か

27 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:00:14.90 ID:HEz1dPrq0
>>5
チョン弥生説は間違い

28 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:02:29.33 ID:ed00m/lU0
チョンチャン系渡来人は日本から出て行け!
先祖の故郷に帰れ!

29 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:02:33.44 ID:HEz1dPrq0
>>23
だよな
考古学の世界では朝鮮史観から抜け出せないようだ

30 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:03:45.47 ID:sUTj7uv90
>>22
高句麗は北朝鮮の気質として残ってる。自治への固執。
韓国は新羅の末裔なのは明らか。大国の金魚の糞であることを第一に望む。

単に38度線で分かれたのではなく民族気質が違う。

31 :◆w/0enBmaYM @転載は禁止:2014/07/26(土) 23:04:09.75 ID:HPuYi7If0
鈴木光司の「楽園」みたいで、ロマンがあるわあ。
まあ、あっちは太平洋を北周りと南回りで進んだモンゴロイドの
話で、こっちは日本海だけどもw

32 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:04:31.18 ID:gMcHF0kR0
新羅の人らの遺伝子と、現在あの半島にいる連中の遺伝子って、
なんとかして比べられないもんかなあ。
高麗人が居座り、モンゴルに支配され、中国の属国になってた時代の間に、
どれくらい変化したのか是非見てみたい。

33 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:06:05.76 ID:dS/bT3di0
>>25
ある特定の民族、人種、宗教が世界の覇権を握ろうとした時、
その最も強烈なカウンターパートになりうるのが日本人なんだわ
これからの子供に英語教育は受けさせるべきだが、
親ならば子供が古事記と日本書紀の内容を外人にプレゼン出来る事を目標にやるべき

34 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:11:32.85 ID:Jie+HQDs0
>>30
ネットで韓国人は新羅人の特徴を色濃く残しているという説を見たよ
新羅人は静岡や埼玉に配属されてるのは事実だけどね
韓国人=新羅人かというと、あくまで説に過ぎない、根拠が乏しいし
元に支配され近親相姦繰り返してDNAが異なり過ぎているから検証できん

35 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:13:29.56 ID:c3IQmicT0
まあいろんなとこから来とるだろうね

36 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:14:20.05 ID:LNBufV/w0
台湾の先住民もかなり多種だったような。
大陸よりポリネシアとかマレーのが多いんだっけな。

37 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:14:21.94 ID:yn73ccuA0
ハゲのルーツはどっから来たんだお  ><

38 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:14:50.88 ID:WxKi/vPG0
喜界カルデラの噴火で
南から来た縄文人は全滅しました

39 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:16:05.13 ID:WxKi/vPG0
>>34
さらっとトンデモ史観を混ぜるな

40 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:21:21.51 ID:vhl5f9O/0
弥生人は目が細くてつり目だし彫りの浅い顔立ちからも分かる様に
かつては中国まで陸続きだったので朝鮮半島から渡ってきた事は間違いない

そして縄文人は南アメリカ大陸から海を渡ってきた可能性が極めて大きい
もちろん木で作った船に乗っていればそのまま勝手に潮に流されていくので
最後には日本沿岸までたどり着く事が分かっており
何より縄文式土器と同じものがその南米では発見されているのである
今でも日本人と顔立ちがそっくりで言語までが似ている民族がいる事も確定要素だろう
更にはDNA検査でも似ていることが分かっているとのこと

つまり日本人とは大きく分けると2種類の全く異なる文明と体質を持った民族から
成り立っているわけである

41 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:22:56.71 ID:khRxNPRN0
日本は百済系も多いんじゃないかな
もともと百済も新羅も扶余系だろうけど
新羅なんかはエベンキに乗っ取られて
今の韓国人はその系統なんじゃないの?

42 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:23:16.89 ID:OwMcz+jw0
>>16
オカマに見えたじゃないか

43 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:25:05.07 ID:+YHR+IU/0
北方ルート=アイヌ
南方ルート=沖縄
だろうな。
各地に残ってる地名を分析しても
同一系統では説明できないから。

個人的な感想だが。

日本人には色が浅黒いのが多いし、
髪も天パー気味なのが多い。
これも縄文の血だろ。
あとは胸毛、すね毛、腕毛があるとか濃いとか
彫が深いとか全部縄文の血。
中国人は直毛が多いね。
日本人から見ると、違和感がある。

44 :◆w/0enBmaYM @転載は禁止:2014/07/26(土) 23:25:58.18 ID:HPuYi7If0
>>38
噴火当時そこに住んでた人らは滅んだけど、南方由来のものらしい石器は
あちことで見つかってるわけで、だから>>1の富山にも子孫が居たって話じゃないかと。

45 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:27:01.56 ID:y54WuLW10
北方のアイヌ系民族と南方の琉球民族は相当最古のDNAだけどD2系遺伝子で元は同じなんだよね。
で、現在もD2系遺伝子を持った日本人は二人に一人はいるという。
異民族ももちろん流入しただろうけど、彼らもある意味出所が同じ種族のD2遺伝子を持った種族だったのだろう。
このD2遺伝子の濃さは現在の中国や韓国にはまったく見られない。
いたとしたら日本人との混血なんだろう。
最古の時代に沢山の民族が流入しては混血を繰り返しただろうけど、一度も一方を滅ぼしたり滅ぼされることもなく
安定した縄文時代の人間達が日本人の直接のルーツなんだろうな。
現在の中国韓国の民族とはこれまでまったく交じり合うことがなかったと証明してるDNA検証。

46 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:30:25.20 ID:xbbZEVlq0
縄文人、弥生人なんて単語はそもそも存在しないし国語辞書にものってない。
いまどき○○人で区分けしたがる輩は専門家にはいないよ。
縄文時代、弥生時代って区分なだけで、しかも今ではその元々の意味の出土土器の違いでは
区別出来ず、水耕稲作以前移行の違いってことになってる。
最初に東京の弥生で発見された弥生式土器とされた物も、縄文がちゃんとあるわけで。
縄文時代は石器時代とは違い、すでに定住生活(土器作ってるし)なので、そのまま、
弥生期、北部は続縄文期等、それぞれに移行していくわけ。

47 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:30:30.86 ID:/QUKIKbf0
やっぱり日経って馬鹿だ!
縄文時代に北方系も南方系もない。
それに勝手に縄文時代とか弥生時代とか分けているけど、そんな区別なんて出来なし、ない。

要は日本人のY染色体はシュメールの流れなのか?ムー大陸(笑)なのか?何なのかということだけだ!

48 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:31:46.25 ID:XJ7WnM6y0
ん?説としては昔からあったというか半ばこれが有力とされてなかったか?

49 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:33:16.17 ID:y54WuLW10
チベット民族と日本人のDNAがあまりに近いことを学者はもっと研究して欲しい。
同じ民族なんだろうと思う。

50 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:37:28.78 ID:LN5wXVbD0
>>5
縄文時代は多民族国家で
既に古代ユダヤ=秦氏ってのも出てる
実際中国朝鮮系になく、キルギス、チベットあたりの古代DNA遺伝子を日本人が持ってるのは知られた話

51 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:39:27.98 ID:xbbZEVlq0
>>45
アイヌは文化の名称でDNAとは関係ないよ。言葉も沖縄とは違って完全に本土とは別系統。
人種、文化、言語、DNAはそれぞれ別々に語られる物で、イコールではないんだよ。
そもそも、アイヌにも様々なわけで、言葉も数種あった。
アイヌと成立したのは北方大陸のオホーツク文化との融合以後、
交易中心の文化になり土器の制作を自分たちで行なわなくなったころからだよ。

52 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:40:48.71 ID:Yeg2MSHu0
個体差はどうなんだ?

53 :◆w/0enBmaYM @転載は禁止:2014/07/26(土) 23:41:32.05 ID:HPuYi7If0
>>45
>だけどD2系遺伝子で元は同じなんだよね。

その中で北周りと南回りのサブグループを富山で確認しました、てな話だよね。

安住の地を求めて進み続けた人らが、ユーラシア大陸のどんづまりの
弓状列島に北と南からやってきて、「あれ、この先に陸地がないじゃん…」と
右往左往しているうちに形成されたのが縄文人。
日本語の成り立ちもも「語彙は南方、文法は北方」って言われているよね。

54 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:41:52.66 ID:gpFpGpqz0
>>5
それは埴原和郎先生の説だが、最近のDNA研究の結果では縄文系は北方系古モンゴロイドで弥生系は中国大陸南部の新モンゴロイドだと判明している。

55 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:43:04.71 ID:xbbZEVlq0
>>52
列島の真ん中あたりの埼玉の遺跡でも数種のDNAグループが存在してて融合した痕跡(遺跡)が
はっきり残ってる。

56 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:43:05.17 ID:3oBagKFz0
ネトウヨ涙目wwwwww

国立科学博物館 分子レベルで見た日本人のルーツ
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/img/5_26_02.gif
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/img/5_26_03.jpg

57 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:43:38.10 ID:dS/bT3di0
>>50
古代ユダヤ=秦氏は眉唾だけど、厩戸皇子の誕生エピソードがキリスト生誕の丸パクリなのは注目に値する
さすがにキリスト生誕から500年もあれば、大秦国ローマの支配域で誕生したとある宗教家のエピソードが日本に伝来するには時間として十分だし

58 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:45:40.83 ID:KK4mzXDr0
先日姪と上野科学博物館にいったら、
縄文人の人形がものすごくリアルで驚いた。
ちなみに子供はフリチンだった。

弥生人になると服をきてたが、あれだけリアルにつくってるとなると
その下がどうなってるのか気になった。

59 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:45:46.73 ID:y54WuLW10
>>51
アイヌとひとくくりにしてるけど沢山いた少数民族の総称だもんな。
でも現在の日本人をくくる上で全てD2遺伝子を持った種族という意味で同民族なのかな。
現在の日本人のルーツのひとつであるのは間違いない。

60 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:45:57.55 ID:tgHzRjnJ0
最終氷河期でサハリンから北海道まで陸続きだったのが20000年前。
縄文人の祖先の第一波がナウマン象を追ってやってきたのは多分この頃。

鬼界噴火が7300年前。九州南部の縄文文化は一旦壊滅している。

縄文海進で海面が一番高かったのが6000年前。

ポリネシア語族が太平洋の島に広がり始めたのが5000年前くらいと推定されている。
広がり始めの元は台湾。第二波が来たのが多分この頃。
この頃には、鬼界噴火から2000年余り経て、九州南部の植生も回復してきていたはず。
台湾からの人たちは、多分、九州南部の人口が少なかった地から住み付いていったのでは。

九州南部の古文化が、南方系というか日本の他と違うのはそれで説明できると思う。

61 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:46:40.52 ID:LN5wXVbD0
>>54
後から来て侵略を始めた弥生系が縄文系の一番力のあった部族を天皇に建てて天皇の国建国が始まったって言う話もあったり

62 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:47:57.26 ID:LN5wXVbD0
>>56
韓国じゃもっと凄いトンデモ説が通説だからそれは超かわいい方

63 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:49:39.34 ID:A/b8nE4K0
海流的に信じられんな。

64 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:49:51.41 ID:3uRHuXMK0
>>57
というより、同じ脳みそで似たような状況下では出てくる
アイディアは人種、文化を超えても、そんなに変わらないって
ことでねーの?

65 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:49:51.74 ID:VAmkuRQfO
ツリ目は縄文弥生関係ないだろ
縄文人と近縁のシベリア人ってたいがいが半島系パンスト顔だぞ?
ツリ目糸目は寒冷地で目を保護するための進化だから

66 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:50:56.05 ID:dS/bT3di0
>>61
倭国大乱の記述と符合したら面白いね
残念ながら古代史については勉強不足だけど

67 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:51:06.86 ID:A/b8nE4K0
ネトウヨと韓国人はDNAが同じだということは既に科学的に証明されてる。

68 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:52:42.91 ID:dS/bT3di0
>>64
当時の日本で馬飼う事って一般的だったっけ
しかも軍事を司る物部氏でもない皇族が

69 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:52:52.48 ID:y54WuLW10
>>56
韓国人は自国民のルーツをもっと研究すべし。
エベンキ族かワイ族に辿り着くだろうけど、それを真摯に見つめることが地球の文明の歴史に貢献することになる。

70 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:53:40.12 ID:8+towBUN0
アイヌ人も北方系だし南北両方から来たってのは肯ける

71 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:54:13.14 ID:LN5wXVbD0
>>57
天皇関係はタブーで調査できないし
やっぱりここら辺はトンデモ説で終了なんだかね
http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/099yata.htm

72 :◆w/0enBmaYM @転載は禁止:2014/07/26(土) 23:56:33.33 ID:HPuYi7If0
>>60
ポリネシア系と言えば、正月に餅じゃなくて里芋を食べる風習の集落が、
いまでも日本各地にあるそうな。稲作ウマーな人らが制覇する前は、
焼畑イモ食文化があちこちに根付いてたんだよね。

南九州については、海幸山幸の日向神話の描写(独立した産屋とか)から
考えると、揚子江下流域の風習が色濃いんだと。

73 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:57:30.67 ID:xbbZEVlq0
>>59
まあ、グラデーション的分布ってのが昔からいわれてるんだけどね。
北海道でも北部と南部でも交易相手が大陸と本土と違ったわけで、それによってかなり違ったみたいよ
ほんとはもっと複雑らしいけどね。
縄文以降は、本土北部と北海道が続縄文、擦文文化に移行し、北海道が擦文文化とオホーツク文化の融合で
アイヌ文化(だいたい平安時代ごろ)となったってのが大まかな内容だよ。(オホーツク文化ってのもまた様々なんだけどね)
この辺りは、なんだかんだとケチ付ける民俗研究者もいるけど、かれらは考古学者じゃないからね。

74 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:58:07.92 ID:vflz5ucMO
今の韓国人は縁もゆかりもない西宮にきたののたんなんだぜ

75 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:59:07.48 ID:VAmkuRQfO
>>69
エベンキ族は縄文人にも入ってるぞ
あの辺は線引きができないほどゴチャ混ぜだから
樺太とか千島にもウィルタとかアイヌ近縁の子孫がいる
日本人の祖先(北方系)もこの辺りの民族だよ

76 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/26(土) 23:59:46.37 ID:ycKQcA2a0
あのさwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

縄文時代って一口に言っても何年だと思ってんの?www

1万6500年前から3000年前の1万3500年間だよ?wwwww

キリストが生まれてから今日までの期間が何回繰り返せる時間だと思ってんのさwww

その長い長い縄文時代の出土品を見て北ルートだの南ルートだの言っても無駄w

それこそ数えられないほどの民族や部族がこの日本列島に来ては消えていったんだよw

77 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:00:45.05 ID:p54PNR0i0
>>61>>66
記紀の建国神話を見る限り、神武を祖とする天皇家側が明らかに土着の神々や部族を征服している。

78 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:00:58.23 ID:2qtH1jc60
ほぉ、東南アジアから出た縄文人が南北に分かれて居住範囲を広げ行き
日本に行きついて合流したて話か
そしてその後に弥生系が殴り込みをかけてシャッフルされて日本になったと

79 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:01:39.08 ID:92qkK+f50
>>71
タブーの本質は、
・実は現皇室は神武天皇からの万世一系ではない
・実は現皇室は日本に古来から住んでいた民族ではなく移民の子孫
このどっちかじゃないかと踏んでる

80 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:02:01.84 ID:bsT16fa30
隼人ってのがいったい何者だかイマイチわからんのだが。

81 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:02:19.89 ID:zbo48ohS0
>>56
関西人は朝鮮人って事か
ttp://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/img/5_26_03.jpg

82 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:03:24.84 ID:abjd1AAz0
>>47
縄文人のY染色体 D1b(旧D2) は E (アフリカの大部分・中東) と近いぞ。
分かれたのは3万年以上前だがな。
一番近いのはチベットだけど。

83 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:03:27.86 ID:z3KgD2nm0
>>78

完全にシャッフルが完成したのは明治時代だってさw

江戸時代までは隔絶された山奥ではきっちり縄文系が生き残ってたんだよw

84 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:04:14.95 ID:0wP9n7A50
>>41
百済滅亡時に大量に亡命してるもんな。

どうも、俺の先祖はその一族らしいんだが。

85 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:04:18.03 ID:77xlN+u70
様々な文化、政治、技術が存在してた可能性もあるのに
土器しか無かったと言われる縄文人カワイソス

86 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:04:57.54 ID:nl0tTuDg0
>>78
縄文が発見されてるのは日本と南米だけだよ。
あと、弥生ってのは東京の地名だよ。
弥生っていうと語感的に女性的な顔を想像して、
縄文というと語感的に荒々しい髭もじゃを想像しちゃうから、そういう誤解がうまれちゃってるんだよwww

87 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:05:10.83 ID:zbo48ohS0
>>79
>・実は現皇室は日本に古来から住んでいた民族ではなく移民の子孫

そりゃあそうだろw
古事記での国譲り伝説から言っても、日本古来の民族大国主の命は、移民してきた天照大御神の子孫、ニニギノミコトに国を譲ったんだから。

88 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:05:57.90 ID:abjd1AAz0
>>75
日本にはツングース(Y染色体C2b2(旧C3))はほとんど入ってない。
日本の C系は C1a1 (ヨーロッパ先住民に近い) と C2a が多い。

89 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:06:51.43 ID:zbo48ohS0
>>83
昭和40年ごろまでは、北海道でもアイヌの村があったそうだ。

今残っているのは、みんなインチキだけどなw

90 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:07:27.74 ID:wwQ8oH9h0
エベンキとアイヌて近いのか? なんか嫌だなぁ

91 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:07:56.84 ID:LttZ6fP2O
>>79
途中で滅んでる可能性はあるかもね
大阪の古墳を掘り返せば何か分かるだろうけど
あそこに古代日本を解き明かす秘密があるのは確かなんだが
宮内庁が絶対許可しないんだよなぁ
今も厳重に警備してる

92 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:07:58.19 ID:HcAgwSHM0
アイヌが北方系なのはある程度骨のDNAなんかで判ってきてるんだっけか

ジャポニカ米の分布やDNA解析なんかで黄河周辺から
海を伝って人や文化が日本に流入してたってのも判ってきてるよな

上記の方が北から流入してきた縄文人で下記の方が弥生人なんだろう
やたら韓国が係わりたがるけど当時の朝鮮半島には人が住める状態じゃなかったってのが真実なんだと思うよ
古代の卑弥呼の時代から海を伝って魏と交流してたんだし。

93 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:08:29.91 ID:pFR/yTlF0
>>69
ttps://www.youtube.com/watch?v=yrmcqZm1NIg


この動画のエベン人の食事風景なんかはまさに日本の昭和の食卓のようで懐かしさをおぼえる。
日本人とは人種的に相当近しいんじゃまいか?

94 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:08:32.20 ID:0NUQvdfi0
エベンキは日本に来てるよな。

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/b/bd/Yoshihide_Suga-1.jpg/201px-Yoshihide_Suga-1.jpg
http://daitoua.xii.jp/wp-content/uploads/2013/09/3abd69e4.jpg

95 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:09:53.48 ID:/d4F0sXj0
>>56
その系統図はミトコンドリアDNAの系統図で、母系に相当する。
父系のY染色体のの系統で見ると、現代日本人の4割以上を占める最大のD2グループは
中国・挑戦とは全く無関係。

おそらく、朝鮮半島にもD2系統の人々は住んでいたが、後から来たOb系統によって
男は皆殺しにされ、女はレイプされて子孫を作らされた。
母系では共通点があるが、父系では共通点がないのは、そう考えないと説明がつかない。

96 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:10:59.64 ID:wwQ8oH9h0
日本の古墳は高句麗、新羅、百済の王族だと思うよ
半島にも似たような古墳があるんじゃなかろうかね
けど、エベンキは価値が分からないから破壊した?

97 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:10:59.79 ID:92qkK+f50
>>87
なるほど
出雲大社の神主が皇室からロリ妻を娶った事がニュースになる訳だ

あと皇室の一系を最も短く見積もったとして、少なくとも継体天皇から後は一応一系は保たれてるわな
それ以降の帰化人でなければ、一応は万世一系の男系天皇候補がゴロゴロ転がってる訳だ
多分現行の政府が潰れた所で、皇室のシステムは維持されそうだな

98 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:12:02.01 ID:NKGuL+Wn0
こういうのって本当に莫大なカネをかけて調査する必要があるのかね?
知ったところでふ〜ん程度の事だし、歴史をみると否定され新しい
事実認定されるものが多々ある。縄文時代なんてここ20年位の間に
事実認定が大きく変化してる。その程度の事に時間を費やすのは
くだらない気がする。

99 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:12:58.31 ID:Dvjw3kT+0
>>86
南米で発見される縄文土器が凄いよなぁ。
海洋民族とはいえ、太平洋を渡る技術を縄文人は有していたのだから。
なんでこういうことを学者は真剣に研究しないのかね?
はやく教科書も4大文明に縄文文明を加えろよ。黄河文明なんて明らかに縄文文明が伝えたもんだろうに。

100 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:13:20.39 ID:zmKIjvCo0
>>79
どうせ欠史八代神話スタートなんだから今時万世一系じゃなくてもいいと思うんだけどね
天皇制が続いてきた事実だけで
正倉院の宝物を見てもシルクロードの終着地だったのは確かだったんだし

101 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:13:56.06 ID:LttZ6fP2O
>>88
インディアンとエベンキは繋がってるって解析で明らかなのに
そんなこと言い出したら日本人の先祖はアラブ辺りからワープしてきたことになるじゃん

102 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:14:39.16 ID:LQUUrViF0
>>81
日本でも多くのノーベル賞受賞者を輩出しているのは関西だけど、
関西人が朝鮮人なら、今頃韓国はノーベル賞だらけの筈。

103 :この発言@転載は許可 / どの発言@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:15:30.35 ID:zWCOBbTc0
日本人の子孫が朝鮮から来たってのは、朝鮮人のDNA解析結果で間違いだと判明した。

寧ろ、日本から無人の朝鮮に渡ったのが朝鮮の始まりで、その後、中華やモンゴルに侵されたり虐殺されまくって出来たのが今の朝鮮人。
これはミトコンドリアとY染色体を調べた科学的結果で、そういう結論しか出せない。

104 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:15:34.59 ID:zbo48ohS0
>>97
出雲大社の神主は、ニニギノミコトの子孫。皇室の一員だよ。

大国主の子孫は、どこか別の地で残っているんじゃあねえ ?

105 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:17:31.27 ID:92qkK+f50
>>98
あるに決まってる
事実に基づいた考古学と歴史学は、勝者のプロパガンダに耐えうる最強のカウンターパートだから
日本の場合は大陸の超大国が易姓革命の度に虐殺と歴史のリセットを繰り返し、前政権を悪鬼のごとく罵倒する有り様を目の当たりにして、
せめて自分たちの記録だけは残すよう必死に努力してきた

106 :名無しさん@0新周年@転載は禁止@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:17:31.88 ID:7q0sQJHL0
【男性必見】Day62「ついにアダルトビデオも4K次世代画質へ」
https://www.youtube.com/watch?v=kDfbXZZ15s4

107 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:17:58.21 ID:8TVLzp9N0
モンゴロイドの起源はインドから東南アジアで確定してるからな
極寒のシベリアにいたから顔が平坦になったと言うのは大嘘

108 :◆w/0enBmaYM @転載は禁止:2014/07/27(日) 00:18:38.73 ID:v4HzI0pP0
>>92
アイヌは、服や家のつくりから見れば南方系じゃなかったけか。


>>86,>>99
一時期話題になったけど、さすがに荒唐無稽な気はするよな。
一般名詞としての縄文土器(rope patterned pottery)は世界各地にあるわけで。

モンゴロイドの南回りルート(ミクロネシア−ポリネシア−南米大陸)も、
イースター島の住民が南米から渡ったらしいということで消えちゃったし。

109 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:20:38.53 ID:wwQ8oH9h0
今の韓国人は中国人の血が濃いらしい。どういうことなの?

110 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:20:46.84 ID:8TVLzp9N0
だからモンゴロイドは言うなら全部南方系
肌の色なんてのはすぐ変わる

111 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:21:02.97 ID:VoAS03Yo0
陸路の方が移動速度は遅いし危険も多い
海路の方が遭難の危険性はあるが速くて安全
理屈に合ってる

112 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:21:58.04 ID:deR0MO3w0
>>107
古モンゴロイドと新モンゴロイドごっちゃにしてないか?
古モンゴロイドのうち、シベリアに住んでた連中が平坦顔になったんだろう

113 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:23:53.75 ID:zbo48ohS0
神武天皇の時代と、卑弥呼の時代と、
西暦399年、突如百済を征服した倭国の繋がりがよく分からないんだけど

神武天皇・・・ 紀元前660年 神話の話
  ↓
900年間の空白
  ↓
卑弥呼・・・・・ 紀元247年 魏の国に記録があるから確か 
  ↓
150年間の空白
  ↓
西暦399年、大和朝廷、突如百済を征服 高句麗に記録あり 

114 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:24:07.94 ID:0wP9n7A50
>>109
主に満州人(女真人)だと思う。

朝鮮人は否定するが、李氏朝鮮は満州族(女真人)の一派の征服王朝。

115 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:24:39.06 ID:zmKIjvCo0
>>99
珍しい白血病遺伝子とか縄文風の土器とか出てるのがワラタ
ミシガン大学でもアメリカ大陸一番乗りは縄文人ーーーー!って言っててワロタ
マヤ、アステカ、インカ文明の祖になっちってワロタ
でも否定できないそうだよね

116 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:24:56.26 ID:abjd1AAz0
男系で受け継がれるY染色体は、大きく
A,B 系(アフリカ居残りの極少数)
C 系(ツングース・モンゴル、アボリジニ、オセアニア先住民)
D 系(日本、チベット), E 系(アフリカ大部分、中東)
F 系(その他、ユーラシア大部分、アメリカ先住民)
に分かれる。(少なくても 3万年以上前の分岐)

F は印欧(F→K→P→R)、アメリカ先住民(F→K→P→Q)、
北欧(F→K→NO→N)、中国・東南アジア・オセアニア(F→K→NO→O) など。

日本(アイヌ含む)は D1b(40%), O2b(30%), O3(15%), C1+C2(5%)
朝鮮は O2b(50%), O3(35%), C2(15%)、ツングース・モンゴルはほぼ C2、
中国はほぼ O3、東南アジアは O2a+O3、オセアニアは O1、こんな感じ。

朝鮮はエベンキ(ツングース)とあんま関係なくて、
O2b(百済・高句麗の扶余系) + O3(中国系、たぶん新羅はこっち)。

117 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:26:22.74 ID:9iJLFAaA0
氷河期が終わって、大陸と切り離されてからは船で断続的に渡って来る感じになったはず。
船で来たのは南方系が多かったんだろうけど、それが先着組に溶け込みつつ、
影響も残してきた、みたいなイメージ。

118 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:26:26.20 ID:8TVLzp9N0
>>112
モンゴロイドを新旧に分けてるのは日本のみ
全てのモンゴロイドはインドから東南アジアで生まれ北上していったのがDNA解析で確定している

119 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:26:37.59 ID:snEkuTum0
アイヌって鎌倉時代からの記録しかないって聞いたけど、
先住民族の定義がわからんわ。

120 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:26:47.32 ID:zmKIjvCo0
>>102
一番不思議なのが日本人と韓国人の性質がまるで似ても似つかないほど真逆な点
猫見てても三毛とシャムは正反対の性質だし
種ってどんなに隠しても性質まで残ってる

121 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:27:01.26 ID:2qtH1jc60
>>86
俺がどう言う誤解をしてる設定なのか分んない

122 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:27:05.57 ID:z3KgD2nm0
>>112

まあ、強い部族が母なるモンゴル高原に残り、弱い部族が押し出されるように新天地を目指し世界中に散ったわけだ。

日本人はそういったモンゴル高原を追い出された弱い部族の末裔なんだよ。

だけど、弱い部族だからこそ知恵で生き延びた。

旅をしたからこそ強くなれた。

でも、体力的にはやっぱりモンゴル人には敵わないけどなw

相撲とかw

123 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:27:43.28 ID:kFXJy7kL0
>>99
それ、行ったとしてもただの漂流だから、
南からの縄文民も初期弥生人も皆、漂流民。

124 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:27:45.58 ID:LttZ6fP2O
>>109
華北人と朝鮮人のルーツが今のモンゴル人に近いってことは
韓国人も中国人も同意してる
多少は他民族の流入はあるだろうけど

って中国人が言ってた

125 :◆w/0enBmaYM @転載は禁止:2014/07/27(日) 00:28:22.36 ID:v4HzI0pP0
>>111
こちらの岸からあちらの島影が見えてれば「よっしゃ移住しようか」って気になるけど、
そういうのは対馬海峡か宗谷海峡くらいのもんだよな。

126 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:28:35.88 ID:92qkK+f50
>>104
あれ、出雲は皇族出禁食らってると聞いたけどあれデマ?
>>113
倭国大乱もあっただろうけど、大陸がゴタゴタして記録残せる状態じゃなかったというのも勘案すべきかも

127 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:28:53.41 ID:abjd1AAz0
>>101
北米インディアンの一部はツングースと同じ C系。
エベンキよりシベリア内部に近い。
でも、ほとんどのインディアンは Q系 (近縁は印欧の R系)

128 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:29:24.44 ID:qXj/dIjS0
日本人の性質はフィリピン、タイ、インドネシア、台湾に似てる。
とにかく我慢強い。
少し嫌なことがあったぐらいで狂ったように泣きじゃくって涎を垂らして床を転がりまわるようなことはないもんな。

129 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:29:35.21 ID:KWzf8WnN0
>>23
今はD2ではなくD1aという分類になってるようだが
これは日本列島で3万年前に突然変異によりD1aというグループが誕生したというだけで
縄文人がすべてD1aということではない

130 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:29:56.83 ID:K86wEwaeO
>>94
の下はたんに甲状腺機能低下かなんかの病気だろww

131 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:29:57.18 ID:zbo48ohS0
>>120
でも、韓国人の旅行者が大阪の街に行くと、故郷に戻ったような懐かしさを感じるって、この前テレビで言っていたけどな
東京に行った時に感じた違和感が、大阪では全くないって

132 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:30:13.74 ID:1okEhFKG0
縄文人って戦争しなかったって本当なの?

133 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:30:37.94 ID:BKJk0yBX0
遺伝子的には沖縄とアイヌが近縁の関係にあり、畿内とは遠いらしいからなあ

134 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:31:34.78 ID:4nXP8z9R0
色白で毛薄く細目の奴も多いからな
北方モンゴル系も混じってるだろうな

135 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:31:59.61 ID:wwQ8oH9h0
>>132
もともと争いごとが嫌いだから、船に乗って逃げてきたんじゃないかな?

136 :129@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:32:07.86 ID:KWzf8WnN0
D1aじゃなくてD1bだった

137 :◆w/0enBmaYM @転載は禁止:2014/07/27(日) 00:32:18.06 ID:v4HzI0pP0
>>123
琉球弧経由の場合は次の島が見えないから、基本的に漂流民だよね。
だけど、そのまま居つくんじゃなくて、「お、言い島だから母ちゃんたちも連れてこよ」
といったん戻って移住しているイメージ。

138 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:32:26.49 ID:2qtH1jc60
>>132
そんな事ないんじゃないの?
どう言うデータからその説が出てんの?

139 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:33:02.04 ID:2xo6Kjwr0
>>131
単にコリアタウンが多いからだろう。
日本人が海外のリトルトーキョーに親近感を持つように。

140 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:33:11.72 ID:J6GYrsUH0
ルーツとか言ってたら20万年前くらいまで遡らないといけないから
国も糞もないよ

141 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:34:18.04 ID:8TVLzp9N0
モンゴロイドの移動図
http://web.joumon.jp.net/blog/wp-content/uploads/%E6%96%B0%E4%BA%BA%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%8D%98%E4%B8%80%E8%B5%B7%E6%BA%90%E8%AA%AC.jpg

中国人も朝鮮人も日本人もルーツはすべて東南アジア
http://www.cyber-u.ac.jp/column/wh/006/img/p01.jpg

142 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:34:43.94 ID:zbo48ohS0
>>126
>あれ、出雲は皇族出禁食らってると聞いたけどあれデマ?

天皇家と別れてから、2000年以上(伝説の話)経っているからね。
古事記を読むと、大国主から日本を譲ってもらった天皇の子孫が
「では、私は貴方の御霊を祭りましょう」って言って、出雲大社を作って、
天皇家の一族から神主を出した。
(この時点で、大国主って死んでいるんだよねw)

出雲大社に残っているのは、大国主の魂であって、子孫は残っていない

と言うのが神話だから。

143 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:35:21.40 ID:Dvjw3kT+0
>>138
今も血が絶えてないからだろ

144 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:36:04.30 ID:KWzf8WnN0
よくD2系統(D1b)がぁ〜っていうひとがいるけど
日本人の6割はD2系統じゃないのに
そこらへんはどうなの

145 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:36:34.73 ID:VoAS03Yo0
司馬遼太郎は薩摩ー土佐ー紀州ー伊豆ー安房といったところの土着は
南方から黒潮ルートに乗って移動して定着したのではないかと
どっかの随筆で書いていた
海流と風の力を借りれば遠距離移動できるだろうよ
賊に襲われないかと転々と移動するより現実的

146 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:36:52.30 ID:LttZ6fP2O
>>131
いつもこういうこと言う奴いるよね
どこに行こうがクズみたいな奴はいる
地域でレッテル貼る奴って最低だと思う

147 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:36:56.26 ID:1okEhFKG0
>>138
集落の周りに城壁あたるもので囲まれていないとか、殺害によるとみられる死体が
少ないとか。まあ、人口が少なかったからあんまり他殺によると見られる人骨がでてきて
いないだけかもしれないけど

148 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:36:59.36 ID:zmKIjvCo0
>>141
この作為的な朝日を朝鮮日報とか引用して広めてる
もう工作新聞だわ

149 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:36:59.80 ID:p2f7LX4E0
DNA鑑定で大阪と韓国人が近いってデータ
あれ、戦後に大量入国した朝鮮人が原因だろう
サンプリングにバイアスが出まくる

150 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:37:07.44 ID:7LWhxytz0
>>104
ニニギじゃなくてその前のアメノホヒ

151 :◆w/0enBmaYM @転載は禁止:2014/07/27(日) 00:37:17.56 ID:v4HzI0pP0
>>128
柳田國男が書いてたけど、昔の日本人はよく泣いたそうだよ。
悲しみを抑えるのが美徳になったのは、後世のことらしい。

つか、たとえばスペインとポルトガルとか、本人どうしはいわく言いがたい
確執があるそうだけど、部外者の俺らが見れば「なんかあのへん」で
一緒くただよなw

152 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:38:15.62 ID:KWzf8WnN0
>>151
平家物語読むと武士が良く泣くもんな

153 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:38:56.42 ID:wwQ8oH9h0
>>145
それ八切説のパクリじゃないかな? 真実に近いと思う

154 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:39:22.76 ID:zbo48ohS0
>>151
イギリス人とアイルランド人を間違えると、どちらも激怒するってヤツかw
日本人から見たら、区別つかねえw

155 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:39:49.05 ID:GhTX3Plr0
学者とかも全て疑った方がいい
捏造歴史は許さない

156 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:40:17.10 ID:92qkK+f50
>>132
嘘に決まってるだろ
戦争しなきゃ滅ぼされるだけだし、俺らの先祖は戦いに勝って血を残している事を忘れちゃいけない

>>147
やたらデカい城壁を作るより、山に逃げ込む方が簡単だもんな
日本の国土で陸上の敵から身を守るなら、ベトコン方式が理に適ってる

157 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:41:28.38 ID:PgSnqohJ0
感情抑えるのは武士道の影響あるだろうな。見苦しいのはダメ。
百姓なんかはもっと感情をあらわにしてたんじゃないかな。

158 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:41:55.06 ID:8TVLzp9N0
>>148
AFPソース
http://www.afpbb.com/articles/-/2674153?pid=5035568

159 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:41:58.29 ID:kFXJy7kL0
>>145
その辺は、縄文後期になると国内の航行ルートが確立してたみたいね。
漁民が中心なんだろうけど、交易的なことも行われいたらしい。
弥生人がやってくると、このルートを利用し日本各地に拡散したんだな。

160 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:42:27.42 ID:nFMhedFW0
北方やら南方はナンセンス。その二種類の"縄文人"は同じ縄文人ではない。

161 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:42:30.57 ID:Z6rXYIdhO
鰹節ルートと昆布ルート

162 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:42:34.63 ID:2qtH1jc60
>>143
て事は現在血が絶えてない民族は全部戦争しなかったのかよw

>>147
普通に考えて争い事がないとは思えないけど
人口が少なくて大規模な衝突はしなくて良かったのかもね

163 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:42:45.08 ID:snEkuTum0
>>145
その話、街道をゆくでも何度か書いていた。

164 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:42:51.54 ID:zmKIjvCo0
>>151,152
「泣く」が違うだろどう考えても
それに朝鮮半島で自ら戒律を作ったとする武士道が自然発生するとは思えない
武士道は色んな影響を受けたとは言え特殊だよ

165 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:42:55.37 ID:EaqCowIP0
日本人(関東)D2 48.2%  O2 30.7%  O3 14.5%
日本人(関西)D2 26.8%  O2 37.1%  O3 23.9%
Nonaka 2007
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1469-1809.2006.00343.x/full

アイヌの9割がD2系統。D2は、近畿朝鮮人とはかけ離れたアイヌの遺伝子。
http://www.geocities.jp/ikoh12/honnronn4/004_08_2/D_keitou_no_bunnpu_to_idou.jpg

私どもが行った現代日本人頭骨の分析から見ても、近畿人、特に畿内人は目立って朝鮮の集団に近いという意味で『特殊な日本人』ともいえる
(埴原和郎・国際日本文化研究センター名誉教授)

畿内古代人は韓国朝鮮現代人に類似する畿内現代人と同じグループに属している
(池田次郎・京都大学名誉教授)

大阪を中心とする近畿地方の人たちは、百済地方の人たちと匹敵するほど頭の形が丸い
(欠田早苗・兵庫医科大学名誉教授)

関西人には細い目をした髭の薄いのっぺり顔が多いが、沖縄の人は眉や髭が濃く、ぱっちりした二重まぶたの人が多い
(中橋孝博・九州大学大学院教授)

アイヌと近畿人と朝鮮人
http://www001.upp.so-net.ne.jp/study-shiomi/images/ep61.h7.jpg
http://i.imgur.com/DUcTfTp.jpg
http://i.imgur.com/bqzuUet.jpg

近畿人と朝鮮人が非常に近いことが目立ち、縄文人(関東)とアイヌは違いを見出せない。
http://web.joumon.jp.net/blog/wp-content/uploads/1-thumb.jpg
http://2.bp.blogspot.com/-mL7QoD2Ihjs/T9vfny4AC8I/AAAAAAAAAFA/jbBsU8mTa2A/s1600/15xweb6.gif

166 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:43:32.58 ID:4nXP8z9R0
青森秋田あたりでも
大昔は渤海と交易してて人物金のやり取りしてたっていうからな
アレ系が入ってくるルートは昔から沢山ある

167 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:44:00.61 ID:Dvjw3kT+0
>>144
世界を見渡した時、国家ごと入れ替わったり絶滅させられた民族が世界中のほとんどを占める中で、
3万年前の日本で発掘された遺骨の遺伝子と同様のDNAを持った日本人が今も半数いるって
脅威的なことだと俺は思うが、お前は思わないか。そうか。

168 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:44:31.62 ID:EaqCowIP0
▼手掌紋D線3型出現率から求めた朝鮮人との遺伝的距離
(山口敏『日本人の顔と身体』より)
0.000…朝鮮半島
0.007…近畿地方
0.012…中部地方
0.035…中国地方
0.035…九州地方
0.038…四国地方
0.048…関東地方
0.068…東北地方
0.092…南西諸島

▼各地の男性頭骨の判別関数値
(池田次郎・京都大学名誉教授による)※数値が高いほど朝鮮に近い
+2.12…畿内
+1.08…四国
+0.76…東中国
+0.70…西中国、北東九州
+0.51…関東、東北
+0.40…北陸
-0.87…西九州、南東九州

▼形質学から求めた朝鮮人との遺伝的近似性(小浜基次・大阪大学教授による)
     頭示数 比肩峰幅 比上肢長 比下肢長
愛奴人  76.55   23.65   44.60   55.14(小顔・足長の美しい日本人DNA)
東北人  80.16   23.07   44.46   54.33(小顔・足長の美しい日本人DNA)
畿内人  84.98   22.67   43.99   54.23(顔デカ・胴長短足の醜い朝鮮人DNA)
朝鮮人  85.16   22.35   43.30   53.48(顔デカ・胴長短足の醜い朝鮮人DNA)

169 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:45:19.23 ID:KWzf8WnN0
縄文時代の集落からあんまり戦いに備えたような跡が見えないから
そういう話になってるようだね

ただ縄文時代の環濠集落(周囲に堀をめぐらせていて防御となる)も見つかってたから
縄文に戦争がないなんてことはないだろう

ただ平和な集落は多かったんだろうな

170 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:45:31.51 ID:zmKIjvCo0
>>158
アジア人の祖先は東南アジア経由で北上、ゲノム分析で究明

2009年12月13日 14:28 発信地:ソウル/韓国

171 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:46:47.30 ID:3E4gCinb0
卑弥呼の時代て、弥生時代末期だよな?
その頃って渡来人が増えて、あちこちで紛争してねえか?

172 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:47:51.03 ID:IvZLADuU0
よく読めよwww
> このことから縄文人の祖先は、東南アジアから2ルートで日本に入ってきた
>と推測できるという。女性の頭蓋骨は、北代縄文館(富山市)で26日から8月
>3日まで公開される。〔共同〕

インドネシア原人の血が混ざってる縄文人と、そうじゃない縄文人がいる話。
そうじゃないほうは有名な中国南部からのやつな。
弥生人は突然変異、酒が飲めない因子を持つものは、付近の国に存在しない。

173 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:48:38.29 ID:LttZ6fP2O
>>127
民族の分け方が曖昧過ぎて定義できない
エベンキは極東連邦管区に幅広く分布してるし
今はエベンキも単一民族じゃない色んな民族と混血してる
エベンキ族だけルーツ的に排除するのは無理あるでしょ

174 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:49:14.14 ID:/d4F0sXj0
>>144
最大の集団がD2で、これが日本文化の基盤を作ったのは確か。

次に多いOb2は揚子江流域から、日本列島と朝鮮半島に稲作を持ち込んだ集団で、
これが弥生人に相当する。

Ob2はボートピープルのように各地に流れ着き、縄文人が嫌った低湿地で
稲作をはじめ、急激に人口を増やし、そこに山を下りた縄文人の一部が合流した。

175 :◆w/0enBmaYM @転載は禁止:2014/07/27(日) 00:50:08.69 ID:v4HzI0pP0
>>159
魏志倭人伝の対馬のところに出てくる潜水漁民(海人・海女)なんか、
北九州−伊勢−三陸まで行っちゃってるもんな。
地名で言えば四国の阿波→房総の安房もそうだし、
北九州の海人アヅミ族なんか、長野の山の中まで一族の名を残している。

あと、霞ヶ浦で帆引き網漁をしてる人らも、鹿島灘とつながっている時代に
南からやってきて、陸封されちゃったんだよね。

176 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:51:21.95 ID:zbo48ohS0
>>171
卑弥呼の時代に、魏の国に援軍を頼んでいるんだよな。
日本が統一する激動期かもしれん

元々卑弥呼は、複数の国の男たちの王がまとまらないから、巫女に頼んで代表になってもらったようなもんだから。

177 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:52:06.36 ID:ekXoCZI90
>>149
朝鮮併合前のデータで見ないとな。
帰化も日本人に含まれるし。

178 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:52:23.05 ID:GOMZVDx30
>>145
司馬史観は汚染がひどいからやめろ

179 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:52:28.88 ID:zmKIjvCo0
>>171,172
だから元々は北系南系、他民族で形成された日本に
中国大陸からの渡来人が侵略し始め
結局既存の最大豪族を天皇にして、自らはその守護に当たって国を建国していったという説

180 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:52:44.74 ID:10e+Iy/d0
またチョンは負けたのかw

181 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:53:33.95 ID:FzEpjx7Y0
>>171
渡来人と弥生人ごっちゃになってないか

182 :◆w/0enBmaYM @転載は禁止:2014/07/27(日) 00:54:10.32 ID:v4HzI0pP0
>>172
うむ、よく読めw

>東南アジアから2ルートで日本に入ってきたと推測できるという。

元は一緒だけど、弓状列島(今の日本列島)に入ってきたルートが
2つあることが(今までも言われていたけど)証明された、という話なのだ。

183 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:55:56.12 ID:92qkK+f50
>>178
司馬で比較的史実に忠実なのは小説よりも随筆
新聞記者の宿業で、面白くて煽りになるなら捏造おkな人なので小説はかなりアレ

184 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:57:43.13 ID:/d4F0sXj0
>>168
掌紋とか、骨の形状とか、そんな一昔前のゴミ研究を持ち出されてもね。 

骨の特徴なんて、簡単に変わるし、ハイテクについていけないロートル学者が
ガタガタいっているが、時代遅れのバカはどこの世界にもいるわけで。

弥生時代に百万人の移民が朝鮮半島から来たという埴原和郎の「二重構造モデル」なんて
今では完全に否定された、DNA以前のトンデモ学説だよ。

185 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:57:59.31 ID:LttZ6fP2O
実際は日本人も朝鮮人も大して変わらん気がする

186 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:59:01.17 ID:4c7Nqt4K0
>>183
フィクションである小説に対して捏造とか何とんちんかんなこと言ってんだ?

187 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 00:59:05.60 ID:zbo48ohS0
朝鮮人を日本人のルーツに従っている人がいるけど

後漢王朝の記録で、
当時の日本人(倭人)は、日本海を越えて漢王朝にこれるが、朝鮮楽浪府の人間は日本海を渡れない
だから、倭人のほうが優れているって言った記録がある。

つまり、朝鮮人は海を渡れなかったから、その朝鮮人が日本列島にやってくるのって無理じゃあねえ ?

188 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:00:19.12 ID:Dvjw3kT+0
もともと同じ民族だったものが、100年、1000年かけて南方と北方から同じ日本列島に辿り着いたというのが
一番しっくりくる。
旅の途中に居残ったのがチベットだったんだろう。

189 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:00:59.93 ID:VoAS03Yo0
>>178
司馬は後年でかつ大戦がらみ特亜がらみになるとんーこれはと思うけどな
彼は別に考古学者じゃないから、この件については自分の考えではなく
色んな専門家の意見を読んだり聞いたりして随筆を書いただけだろう
レベルは我々と違うが、彼も又聞きだろう

190 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:02:02.95 ID:/NWx3KU60
沖縄県民だけど、うちは結構な混血だ。

父がドイツ系アメリカ人(在日米兵)
母が樺太アイヌの子孫

父方の祖父がオランダ、ポーランドの血が入ってる
父方の祖母がトルコ系アメリカ人、イランの血も入ってる

母方の祖父がロシア、ウクライナ、アイヌの血が入ってる
母方の祖母がフィリピンと南大東島の混血

俺あんま沖縄の血が入ってないけど、沖縄で暮らしてて、片親が米兵だと「ああ、ハーフね」くらいで片付けられる。
顔は野口健とナダルを足して2で割ったビミョーな感じ。

191 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:02:32.84 ID:92qkK+f50
>>186
司馬ブランドに釣られて、作中の記述を史実だと勘違いする所謂司馬史観が幅を利かせてるもので
さすがに昨今は減ってきたけど、龍馬の美化と乃木希典の名誉毀損は大体この人の作品が元凶だし

192 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:03:45.68 ID:p54PNR0i0
>>120
つか日本人の最も汚い部分を凝縮したら、韓国朝鮮人のようになる。
ネトウヨとか、反日に狂っている韓国朝鮮人にソックリでしょw

193 :◆w/0enBmaYM @転載は禁止:2014/07/27(日) 01:03:57.49 ID:v4HzI0pP0
>>183
「街道を行く」の沖縄編では「縄文土器は今の日本国の領域で満遍なく出てくる」こと、
つまり琉球民族も古来からの日本人であることをを強調してたもんな。
その点ではむしろ、ネトウヨ好みかも知れないw

だが俺は網野善彦先生のファンなので、クソ食らえだが。

194 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:03:59.12 ID:YQLDddTL0
この手の話っていつもころころ変わるな

195 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:04:17.22 ID:wFoCE/aR0
 

   穢土は朝鮮人の放逐地

   これ常識な

 

196 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:05:45.61 ID:LttZ6fP2O
日本も都市部はかなり均質化されてる
人の流入がほとんど無い山岳部にでも行かないと
縄文弥生のサンプルなんて採れないよ

197 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:08:02.34 ID:Hzf7TaaN0
いや、お前ら歴史知らないの?
弥生時代〜奈良時代に至るまで
数多くの大陸系(支那・朝鮮)の人たちが帰化して多くの文化文物を日本にもたらしたわけよ
それを認めたっていいでしょ?事実なんだから
韓国人のウリナラホルホルとは別よ。この時代の国民国家思想は違うんだから
例えば「秦(はた)さん」っているけど奈良時代に織物の技術を持って帰化してきた支那の一族よ。その末裔
平安遷都前に長岡京になる土地を先行して開拓していた。
こういう帰化系ともうまくやりあって混成し成立したのが現代の日本人。
いろんな人種の混交なのよ。それが強み
今上天皇の「桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると、『続日本紀』に記されていることに、韓国とのゆかりを感じています。」発言は言うまでもないこと
ちなみに奈良時代は8代の天皇がいたがそのうち4代3人、つまり半数が女帝な。
邪馬台国の卑弥呼の時代とも近く、女帝に親しみがあり女帝の聖性を利用する日本古来の文化がまだ色濃い時代であった。
今も沖縄にあるユタみたいな。
最後の称徳天皇の時代に道鏡に政治容喙を許したような事件があったからそれ以後女帝は出なくなってしまったが
その件さえなければ女系の天皇も日本に早くから誕生していた可能性は十分に高いな

198 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:08:36.00 ID:SpCgY/Q00
縄文系は、Y染色体としては、D 2,C1,C3である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/日本人#Y.E6.9F.93.E8.89.B2.E4.BD.93.EF.BC.88.
E7.88.B6.E7.B3.BB.EF.BC.89.E3.81.AB.E3.82.88.E3.82.8B.E7.B3.BB.E7.
B5.B1.E5.88.86.E6.9E.90

D系はチベットにしかいない。日本人では30~40%いる。
C3はシベリア系でエベンキ、ブリヤード、満州で多数派、日本では数%
今回結果と一致していない。

199 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:08:41.76 ID:SPbgPHC30
>>191
てことは司馬の作品が売れなかったら問題なかったわけだから別に司馬が悪いわけじゃねーよな。飛び付いてそれを史実と勘違いしたり吹いて回ったアホが悪いだけで
てかこいつどっかのスレでも見たな。どのスレでも同じことほざいてるキチガイか

200 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:10:38.91 ID:ccm6Mj540
縄文時代が14000年前から2600年前までということは、約、17400年間縄文土器作ってたわけだ。
その間、シュメール文明が発達して、鉄器まで作って、文字はあるし、戦争したら和平条約結んだりしてたんだよね。

201 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:11:02.51 ID:GOMZVDx30
アルコール耐性のDNA分布を見ればわかりやすい
http://cdn.theatlantic.com/static/mt/assets/jamesfallows/assets_c/2009/10/GeneMap-thumb-550x468-17735.jpg
http://blog-imgs-43.fc2.com/k/a/z/kazuboma/2010071522261663b.jpg

大陸は度重なる北方部族侵略で南方に追いやられたのがわかる
いわゆる縄文系は半島とか大陸北部と近い存在
大陸南部の人はアルコールに弱い

202 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:11:44.52 ID:Z2eqE2bO0
>>197
いや…そんな誰もが知ってる常識的な知識を今さら、しかも唐突にドヤ顔で語られてもマジで困る

203 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:11:52.93 ID:4B1+a7zh0
>>50
【縄文時代】に秦氏は来ねぇよ。氏族すらない

204 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:12:07.86 ID:ccm6Mj540
>>200
違った11400年間か。

205 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:12:36.99 ID:ehWJPBYk0
文化的考古学的な観点から考えれば日本人はインド系のトラヴィダ人が東南アジア経由で沖縄から流入してきた人々の末裔
上古文字が漢字よりもブラーフミー文字に似てるのもこの影響

206 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:13:35.85 ID:VPPRzMgT0
>>79
皇族は中国渡来の豪族だなんて常識。

207 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:13:41.68 ID:LttZ6fP2O
有史以来で朝鮮や中国からの移民は確かにいるけど
日本人の母数に比べて数が少な過ぎる
ブラジルには日本からの移民が多いから
ブラジル人は日系って言ってるようなもんだよ

208 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:14:16.78 ID:RFqZg7Xm0
俺は中国地方産だけど母親の母、つまり俺の祖母はアイヌ、沖縄の人に似ていた。
県全体としては弥生系が優勢なんだろうが島だから縄文系が生き残ったのかと
思っている。

俺は縄文の特徴はそこまで出てないが従兄弟は全員、目が大きい、そのせいも
あってか美人で有名だったな。

209 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:14:19.17 ID:CGyWk/5N0
>>61
弥生人は縄文人の直系子孫だと確定したからそれは無い
弥生時代早期に中国南部から渡来した集団が
仮に最初期の水田集落に居住していたと仮定しても
一帯の集落に戦争の形跡が無いから成立しない

210 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:14:35.61 ID:zmKIjvCo0
>>192
基本連呼厨もコリアンだよ!w
>>197,202
カマッテがんがれww 寝るわノシ
wwwww

211 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:15:08.15 ID:zbo48ohS0
>>201
明治以降日本全土から人を集めて移民させた北海道を入れている時点で、意味がねえw

212 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:15:09.81 ID:eF25tMxa0
住んでる古さがどうだろうが縄文人は日本の文化的な歴史の主役ではない
縄文人が優秀なら東北が一番才人やら世界的大企業やら輩出してるはずだがそうじゃない
同じ辺境でもO3が日本で一番多い九州に圧倒的に差をつけられてる
関東地方もO3、Ob2の多い西日本で発生した企業がインフラに惹かれて本社を東京に置いてるから
やたら負けず嫌いな割に言われたことしかやれない縄文系の食い扶持があるだけ。東日本発祥の大企業は少ない
で日本をアメリカの奴隷にしてしまった日本史上最大の愚策、太平洋戦争を決めた内閣は東北-関東出身の縄文系ばかり
日本史上最大の人災である福島原発事故を起こしたのも東北-関東の縄文地域

自分の血筋は縄文系だけど関東-東北人はもっと謙るべきだと思うよ

213 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:15:47.79 ID:VKK+6kEg0
>>190
樺太アイヌは「俺たちアイヌちゃうねん」と言ってるようだが

214 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:17:00.36 ID:3E4gCinb0
>>181
各地にある鬼退治伝説は卑弥呼の時代の話しだろ
それと渡来人=弥生人っていうのは、進化した縄文人=弥生人ってことで縄文人も弥生人も日本人の原型だよ

当時赤鬼や青鬼と呼ばれてたのが渡来人だろ

215 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:17:12.08 ID:Z6rXYIdhO
土偶ってサッパリわからないけど
これがルート的には北から南下してる唯一の文化伝播なんだよな

あの独特の美的センス
なぜか日本列島にしかない

不可解だ

216 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:17:38.30 ID:6ZWbEqQp0
'



天皇のY-DNAはD2。



'

217 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:18:03.80 ID:5d54HYbG0
>>200
そこらはやっぱ人口も含めて地理的に辺境だってのが大きいだろうね。文化や利器が発達するには人口と戦争を含めた他民族・文化との接触が不可欠
縄文どころかローマ帝国が隆盛の頃の日本にはまだ50万程度しか人間いなかったんだから

218 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:18:12.11 ID:4nXP8z9R0
香淳皇后の子供の現天皇は一重だけど
美智子皇后の子供の現皇太子は奥二重

まあそういうことやで

血なんてすぐ変わる

219 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:18:56.95 ID:9iJLFAaA0
漂流にしろ移住にしろ、船だと一度に来れる人数は限られるから、言葉とか生活習慣とかは
先着組に合わせて、溶け込まざるを得なかったろうと思う。

で、文法とかは北方系の先着組のものが残る。後から来た人たちも語彙とかで影響を残した。

220 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:19:03.48 ID:GOMZVDx30
>>211
http://pucchi.net/hokkaido/history/history_people.php
北海道は日本各地から移住者がやってきて開拓がなされて、北海道が成り立っているわけですが、
どこからの移住者が多いのでしょうか。

最も多いのは東北地方や北陸地方で、これだけで全体の7割にもなります。

都道府県別でみると、青森県が第1位、2位は新潟県。
これがそれぞれ約5万戸の移住者を迎えています。
続いて秋田県、石川県、富山県。これがトップ5になっています。
いずれも4万戸を超える都道府県です。参考までに続きは宮城県、岩手県、ここまでが3万戸台、

普通に東北人の巣窟

221 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:19:05.65 ID:ehWJPBYk0
>>214
俺は竹内文書に示された五色人のことを示していると思う
赤人や青人がその当時はまだ日本にも残っていたんだろう

222 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:21:17.84 ID:40Li+SEx0
JCウイルスの分布
http://hitori-kami.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_fcd/hitori-kami/acd0807280813003-p2.jpg

肝炎ウイルスの分布
http://www.nih.go.jp/niid/images/idwr/douko/2014d/img22/chumoku02.gif
http://f.st-hatena.com/images/fotolife/N/NATROM/20080920/20080920112547.jpg
https://www.fukuoka.med.or.jp/kankobutu/img_kangan/zu-1_5.gif

223 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:22:23.73 ID:1B0TF8DLO
九州〜沖縄諸島〜台湾〜フィリピンに至る経路は移動するのは比較的容易らしいな。

224 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:22:28.42 ID:FzEpjx7Y0
竹内文書は偽書だろ

225 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:22:32.24 ID:IfXF+v0O0
http://www1.parkcity.ne.jp/garapagos/img/432.jpg
●数部族に分かれていますが、まぎれもない絶滅危惧部族です。
●Y-DNAの「D*」遺伝子を持つアンダマン諸島先住民は、50000年〜60000年前頃には  
当時まだ陸続きの陸橋だったアンダマン諸島弧部分に住み着いたと考えているよ  うです。アボリジニの先祖Y-DNA
「C4」がオーストラリア亜大陸に到達した頃と同  じ古さです。もしかすると一緒に移動していた可能性もあります。
●彼らの、外来者をすべてを殺す習慣はオリジナルの「D」遺伝子や言語を見事に維  持し続けた、と考えられています。
アンダマン諸島先住民は縄文人の先祖の血を  守ってきてくれているのです....感謝!
    出アフリカしたホモサピエンスの生きた化石なのです。日本人は彼らを大切に保  護しなくてはなりません。
●アンダマン諸島において、耕作は未知でした、そして、彼らは特有のブタを狩っ  たり、釣り、などで食生活し、集合して生活をしていました。
●唯一の兵器が、弓と、手斧と木製のもりでした。
●絶滅したタスマニアの先住民とアンダマン諸島先住民のみが19世紀に入っても火  を作る方法を全く知らなかった人々だったそうです、
木への落雷によって引き起  こされた炎から燃え残りを慎重に保存したそうです。
●ところがイギリス人の上陸で1867年のアンダマン諸島では、たくさんのOnge部族  民がイギリス人の海軍に殺されました。
●1940年代に、Jarawa部族は彼らの敵意のための日本軍によって爆撃されました。  
日本軍は世界でチベット人と並ぶ唯2の縄文人の親戚民族であるアンダマン諸島  先住民を爆撃するという愚挙を行ったのです。大反省....です。
  イギリスの最初の上陸時にはおよそ5,000人の先住民がいたそうですが、虐殺、 文明国が持ち込んだ病気、アルコール中毒、
インド亜大陸やビルマ(カレン族)か らの移住者などの影響で、1901年までには600人に減り、1927年には100人の生存者 だけになったそうです。
1961年には19人に減りましたが、現在約50人に回復してい るそうです。その間絶滅した部族はかなりあるそうです。アンダマン諸島の古代先 住民
Y-DNA「D*]が絶滅する前に、同じ「D」の遺伝子を持つ日本人が彼らの調査を行 えるといいですね!
http://www1.parkcity.ne.jp/garapagos/

226 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:23:00.33 ID:CGyWk/5N0
>>222
それは気候特性による選択圧が掛かってるから意味が無い

227 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:23:12.20 ID:4qhscfNN0
>>209
まぁ、縄文人弥生人の問題は業が深いよなw
政治的な問題が一番大きいんだろうが・・・

そもそも数万年の開きがある骨が同じ形なわけないんだよね
米が入ってきて食生活や生活様式も変わって行ったのに
体型が変わらないわけがない

現代の若者は100年前と比べて身長が伸び、顎が細くなったが
それと同じこと

たかが100年でここまで変わるのに数万年で変わらないと思う方がどうかしている

228 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:23:20.64 ID:M6ZplvL30
>>49
民族は違うだろ。人種が同じようなというのならわかるけど

229 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:23:50.24 ID:ehWJPBYk0
>>224
ところが三内丸山遺跡みたいにその実在を示す遺跡は多い
オカルトにして無かったことにしたい学者が多い
何故なら事実だとわかると今までの学説が全部間違ってたことになるから

230 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:23:50.94 ID:FOTdT9N30
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/img/5_26_03.jpg

韓国は日本の兄だ
弟は尊敬出来る兄を慕え

231 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:23:51.15 ID:LttZ6fP2O
>>212
だから日本を地域で縄文、弥生に分けることはできないって
東北もかなりの数北陸や畿内の勢力が入ってるし
どこか忘れたけど津波の被害に合った地域のルーツは南紀の漁民だったし
特に沿岸部や平野部は均質化されてて分類できない

232 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:23:55.13 ID:IvOyot6t0
未だに縄文とか弥生みたいなプロパガンダやってる馬鹿がいるんだな
北と南というなら、O2もDも縄文で
O2が南から、Dが北からっていうのが一番自然な結論なんだが
そもそもDNAなんかそんな分かりやすいもんじゃねえよ

233 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:23:59.44 ID:UEVDv3XP0
>>211
北海道に移住した人間の大半は東北と北陸の人間なんで参考にはなるだろう

234 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:25:58.43 ID:vhkxtP6P0
半島から渡ってきたのが関西人の祖先

235 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:26:19.66 ID:Hzf7TaaN0
>>206
中国渡来?はあ?

デタラメw

まず中国とか渡来とか豪族とかそういう言葉から改めてみようよ
歴史の色はね

236 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:27:19.81 ID:v5Bwt1vZ0
>>231
俺の父方の先祖も綱吉の時代に北陸から東北に移住してる。
何があったか知らんけど。
現代人が思うより昔の人は移動してるし、他地域との交流もあって混血もあったんだよな。
しかもここで語られてることのほとんどは完全に風土無視で民族の優劣語ってるし。

237 :海亀さん ★@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:27:53.13 ID:???0
>>235
本当これ
朝鮮半島からだろうね
皇族は

238 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:28:10.00 ID:fnZqfgL40
茨城の殿様が秋田に美人を全部連れて行ったから茨城の女はブスばっかってのは聞いたことある

239 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:28:14.54 ID:GOMZVDx30
>>234
通過点の半島を通り過ぎてきた古代漢民族に近い系統な
現在の半島とはDNAが違いすぎる

240 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:28:29.45 ID:9iJLFAaA0
>>221
五色人って、世界中から集まって山都町の幣立神社で集会してたって聞いたけど、その五色人?

241 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:28:34.55 ID:FzEpjx7Y0
>>214
弥生人は(もう少し時代が遡るという話もあるが)紀元前三世紀から三世紀
卑弥呼は西暦200〜240年あたりなので三世紀前半
渡来人は4世紀から7世紀頃

242 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:28:47.28 ID:LttZ6fP2O
>>234
日本人のルーツは半島人ニダ

243 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:28:56.90 ID:uK7O+uWj0
>>3
昔、福岡あたりで発見された渡来人は奈良へ送られ、有能なものを除いては未開の東北の地へ送られた。
だから埼玉なんかには高麗と名の付く土地が多くあるし、神奈川などはもと韓奈川と呼ばれていた。
つまり遺伝的にチョンの地が濃いのは東京。大阪のチョン濃度が高くなったのは最近の話。

244 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:28:59.38 ID:Hzf7TaaN0
>>237
日本の皇室が古代朝鮮半島とただならぬ縁故があるのは間違いない。

245 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:29:29.67 ID:40Li+SEx0
ゲノムワイドなSNPs解析でみえてきた、日本人の特徴

理化学研究所 ゲノム医科学研究センター 統計解析・技術開発グループ
鎌谷 直之 グループディレクター

鎌谷GDらは、上記の7000人以外に、国際ハップマッププロジェクトで使われた世界の4つの集団の
SNPsデータ(西・北欧系ユタ州住民60人、ナイジェリアのヨルバ族60人、東京在住の日本人45人、
北京在住の中国人漢民族45人の計210人)を加え、ゲノム中の14万か所のSNPsについて、各集団
にどのような特徴がみられるかを統計学の手法によって調べた。その結果、日本人は、本州の住人
が属する「本土クラスター」と、多くの沖縄の住人が属する「琉球クラスター」に明確に分かれることが
わかった。とくに、3番染色体にある組織適合抗原(HLA)の遺伝子に大きなちがいがみられ、過去の
何らかの感染症の有無が原因ではないかとされた。

日本人の起源については、「もともと縄文系の人々が住んでいた日本に、後から大陸経由で弥生人
がやってきたが、沖縄や北海道(アイヌ)の人々は本土の人々とあまり交流がなかったために異なる
集団となった」との二重構造説が提唱されてきたが、今回の結果は、この説に矛盾しないものである
という。

さらに、髪の毛の太さに関わる遺伝子(EDAR)と、耳あかのタイプと関わる遺伝子(ABCC11)の頻度
にも、本土か沖縄かのクラスターによる大きなちがいがみられることがわかった。以前より、この二つ
の遺伝子にはSNPが存在することが知られていたが、新たに、その頻度が本土と琉球で、アミノ酸を
変化させるSNPとしては、最も大きく異なっていることが明らかにされた。

http://www.natureasia.com/ja-jp/jobs/tokushu/detail/133

246 :◆w/0enBmaYM @転載は禁止:2014/07/27(日) 01:29:29.89 ID:v4HzI0pP0
>>200>>204
いいじゃん、スローライフでw
もちろん縄文時代だって戦争はしてたし、矢傷や鈍器の残る骨はザクザク出てくる。
だけど文字や金属器に行かずに、妙に土器や漆器にこだわってたのは、
そういうのが好きな性格なんだなw


>>213
そこは微妙で、諸悪の根源が北海道旧土人保護法ではオロッコ(ウィルタ)やギリヤークなどの
オホーツク沿岸に住む先住民の人らまで一緒くたにアイヌにしちゃった背景もあるかと。

247 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:29:44.65 ID:IvOyot6t0
>>49
縄文弥生とかくだらないプロパガンダやってる頭の悪さだから
未だにこんなこと言ってる馬鹿がいるんだよ
離れた場所に存在するってのは、どっちかから行く来るを意味するってより
同じ祖先から枝分かれしたのが残ってるっていうほうが正しい
沖縄、本州、朝鮮半島と変なとこに点在するO2も同じ
つまりDもO2も両方縄文

248 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:30:28.36 ID:nZbh3GsQ0
顔についてそんな変わりなければ、縄文や弥生なんて関係ない。
だが、目の二重と一重は明らかに印象的に違うので、じゃ日本人の僕や私はどっち? ってことになる。
そして多くの人が、ブサイクの方の一重=弥生人に分類された時、ショックを受けて、
次は自己保身の為に関係ない、と曖昧化を図るか、墓まで黙って逃げ得する。

249 :>>244@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:30:28.63 ID:Hzf7TaaN0
ただそのルーツ解明なんて俺らが生きてる時代にはわからんだろうな
なにか劇的な科学的検証法が確立されない限り

250 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:30:52.43 ID:4qhscfNN0
>>239
新モンゴロイドってシベリアで発生してモンゴルと中央アジア、
中国北部、朝鮮半島にここ数千年で入ってきた新顔だからねぇ

古代中国は古モンゴロイドだったと思うよ

251 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:31:22.55 ID:uK7O+uWj0
>>227
頭悪いねキミ
ここ100年という短期間で日本人の体系がや骨格が変わってきているのは移民があったからだよ

252 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:31:32.45 ID:UEVDv3XP0
>>243
出たwww でもこれ、ネタとしてもあんま広まらないなw

253 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:32:13.93 ID:4qhscfNN0
>>251
マジかよスゲェな
驚異の新説だな

254 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:32:29.90 ID:vhkxtP6P0
顔見ればわかるだろ
二重で髭濃い系は縄文系
一重のっぺり系は半島起源

関西人にのっぺり系が多いのは事実

255 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:32:48.33 ID:92qkK+f50
>>236
主君筋の転封または改易にともなう移住かと
北陸と東北の詳細な場所、移住した詳しい年がわかれば、
それをヒントに地元の公立図書館などで調べたら何か分かるかも知れん

256 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:32:50.77 ID:3E4gCinb0
おれガキの頃、ケツが青かったからモンゴルの血が入ってるわ
大昔のおれの先祖が何を思って日本に来たのか興味津々すぎる

257 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:33:11.56 ID:6ZWbEqQp0
天皇もD2だから東南アジア経由だということが判明した。

どっかの半島とは無関係だという証明だ。

258 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:33:29.41 ID:4qhscfNN0
>>254
それ言い出したら沖縄や九州が日本人でそれ以外は朝鮮人ってことになるが・・・

259 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:34:07.94 ID:Dvjw3kT+0
>>232
現在の沖縄住民にD2遺伝子が多く見られるのは?

260 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:34:44.82 ID:IvOyot6t0
>>248
典型的な馬鹿だな
なら一重と二重でDNAでも調べてみろと。なんも変わらねえから
1bit脳の馬鹿は単純な2極論の結論に行きたがる

261 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:35:09.09 ID:VPPRzMgT0
>>235
ネトウヨは本当に馬鹿だな。

では天孫族はどこから来たか歴史学上の定説言ってみ。

262 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:35:12.78 ID:rvhw4QtK0
縄文時代ってまだ氷があったころじゃね?

263 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:36:02.57 ID:zse3FprO0
>>1
日本人の祖先は東南アジアからの南方系と北海道経由の北方系なのか納得だ
道理で地理的には近いはずの韓民族に敵わないはずだ
文明は韓国から教えてもらったけど、DNAまでは変えられないもんな

264 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:36:16.53 ID:Hzf7TaaN0
俺は保守派自認する人間だが古代史勉強すればするほど外国人排斥してる自称ウヨクが馬鹿に見える
特に飛鳥時代〜奈良時代をもう少し勉強しろと言いたい

在日○○人、というのはいずれ日本というおおらかで豊かな血統の中に消えてゆく運命に間違いなくあるんです
いずれ溶けこんでゆく
それは間違いない
そういう自分の存在しない未来を見通すだけの目を歴史から培ってない
 

265 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:36:38.12 ID:6ZWbEqQp0
天皇が半島経由じゃないことが判明し、
ウヨ連呼がキレてます。

バカは相手にしない方がいいでしょう。

バカがうつるw

266 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:37:22.50 ID:7YcJP0Mt0
>>238
ブスかどうかは別にして何であんなに顔真っ赤なのって思うw

267 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:37:27.90 ID:VKK+6kEg0
台湾では縄文人的な先住民の土地を漢人が侵食していったんだけど、
漢人の影響を受けて農民化して生活様式が漢化した先住民(平埔族)がいる
日本の縄文人も弥生人の影響受けて弥生化したんじゃないのかね
つまり血筋的には今の日本人は主に縄文人の子孫ではないかと
弥生人が増殖して縄文人を駆逐したとは思えない

268 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:37:29.85 ID:7c1dy8jV0
難読ネームで大阪御堂筋で名前調べてた番組で俗に言う左右対称や
通名でよく使用される名前の人の顔がそっち系の多さに驚いた
太古とは別に戦前戦後の民族の流動も相当影響してるとみた

269 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:37:37.32 ID:v5Bwt1vZ0
>>255
>それをヒントに地元の公立図書館などで調べたら何か分かるかも知れん

なるほど
死んだ爺さんが詳しかったそうだが、なにせ親父も叔父叔母も無関心で話を覚えてないとw

270 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:37:41.65 ID:GOMZVDx30
>>258
広域に一貫した政治体制も持てなかった原住民に
統一的な人種枠を当てはめるのは無理
ただの原住民で直接なルーツになりうる弥生以降が日本人

271 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:38:23.62 ID:ehWJPBYk0
>>261
南方説が主流だろ
行事やしきたり、伝説なんかは完全に南方の文化に由来してる
天孫に大陸起源はないよ

272 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:38:24.52 ID:LttZ6fP2O
>>254
関西は濃い顔だらけだよ
沖縄とか南九州人が多いから

273 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:38:29.48 ID:FzEpjx7Y0
>>261
高天原
俺は天皇が九州から攻め上がってきたというのは信じていない

274 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:38:29.66 ID:50bkrCNM0
半島経由に嫌悪感をしめす人がいるが、当時の朝鮮半島の人間と今の朝鮮人って違うと思うんだよね
勝手な憶測だけど、九州とか半島のあの辺って明確な線引きがなく民族がいたんだろう。
そのうち明確に分かれて、その後北方民族との混血の結果、今の朝鮮民族が生まれる(文化的にも)

275 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:38:45.64 ID:FOTdT9N30
天皇は朝鮮半島はゆかりある地

と発言しただろ

毎朝ヌカミソじゃなくキムチ食ってるって本当か?

276 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:39:05.50 ID:3E4gCinb0
>>241
卑弥呼時代のおとぎ話で桃太郎ってあるけども、あれ渡来人との戦いだわな
まあ、大昔過ぎてよくわからが

あと、年表教えてくれてありがとうな

277 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:39:08.10 ID:7YcJP0Mt0
東南アジア好きの安倍に配慮した感じが嫌

278 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:39:10.91 ID:BKJk0yBX0
こういうスレでネトウヨが自分の願望を語り出すのは本当にやめてほしい

279 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:39:15.07 ID:ekDStCde0
>>272
どこの関西だよ?

280 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:39:38.72 ID:VPPRzMgT0
>>263
古モンゴロイド系が真ん中で分断されてるということ。
ネトウヨと韓国人のDNAが一致しているということ。
ヘイトスピーチ竹田がネトウヨだということ。

証拠はすべて揃ってるんだよ。北海道経由はないよ。

281 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:39:40.18 ID:Z6rXYIdhO
昔の人がさらに昔なモノを見つけた時の感覚ってどんな感じなんだろうな


土偶を見つけた時の古墳時代の人の感覚とかさ

ん〜〜?????

282 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:39:41.27 ID:htE/W8Xq0
朝鮮、朝鮮、差別、差別騒いでる連中は
まるで日本の弥生時代以降は朝鮮半島経由でやって来た支配層がこの国を牛耳っていると
印象づけたい連中だからな

283 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:39:51.90 ID:ThR0nEKm0
>>258
星野之宣史観だな

284 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:40:33.29 ID:ekDStCde0
天皇がD2って どこにそんな証拠があるんだよ?
とっとと墓穴掘れよ

285 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:40:44.34 ID:2qtH1jc60
>>272
>>279
九州の人は大阪を飛び越えて東京に出るケースが多いと聞いた
大阪に出てきてる人は四国、中国地方の人が多い
あと沖縄な
濃い顔成分は沖縄から出てきた人がかなり埋め合わせてるんじゃないかなぁ

286 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:41:06.59 ID:FgB9oR+N0
>>1
北系縄文人と南系縄文人の二種類の縄文人が居た訳?

で南系縄文人と弥生人が混血して、日本人が誕生した?

北系縄文人は、アイヌに?

287 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:41:21.64 ID:6ZWbEqQp0
高天原は今の千葉県、茨城県だろ。

九州なんて、ニニギ〜神武の間に目だっただけ。

高天原は東で、豊葦原が西。

288 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:41:22.51 ID:BKJk0yBX0
>>272
それは無いような気が
確かにいまは移動も活発になっているけど鶴瓶みたいなおっさんが大半じゃないかね

289 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:41:34.62 ID:Hzf7TaaN0
>>267
駆逐というのは違うね

弥生時代のムラ社会集団社会はもっと柔軟性あるものだった

290 :◆w/0enBmaYM @転載は禁止:2014/07/27(日) 01:41:41.14 ID:v4HzI0pP0
>>262
いや、温かかった。青森くんだりの三内丸山で1mの鯛の骨とか出てくるもんね。
ところがだんだん時代が下がるに連れて寒くなってくる。
信濃川流域は火炎土器で有名だけど、これの出土する場所が飯山−十日町−長岡と
だんだん下流になってくる。たぶん、だんだん雪が増えてきたのだ。

291 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:41:44.63 ID:evQEMUVa0
>>7
縄文人のほうが別嬪じゃねえかwww

292 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:41:47.05 ID:50bkrCNM0
>>285
アホですか。昔は九州の人も沢山大阪に来たよ。そしてその子孫は多いけど

293 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:41:58.44 ID:jIHpsbQ30
>>835
戦争が終わって落ち着いたら平然と日本に戻ってくるんだよ。
どこの国にもそういう金持ちはいる。

294 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:42:12.21 ID:40Li+SEx0
>>285
あとは被差別部落の人たちもね

295 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:42:17.92 ID:vhkxtP6P0
関西人だけDNAが少し違う(半島と酷似)ってのは証明されてるだろ
エレベーターでの立ち位置もなぜか関西だけ違う(朝鮮と同じ)

296 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:43:10.70 ID:Hzf7TaaN0
>>287
神話を現実解釈するほうがバカ

297 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:43:17.55 ID:zbo48ohS0
日本の皇室が中国人が移住してきたっていうやつがいるが、
いくつか疑問点が多い。

日本は長い間文字がなかった。
中国では、夏の時代に既に文字があったので、中国から移住してきた人間というのなら、
夏より古くないとおかしい。

夏より古い時代というのなら、黄河・長江・遼河文明であり、中国は統一すらしていない複数民族の群れ。
中華と言う概念のない時代の、大陸にいた一民族が移動してきたというのなら、中国人とは別種の民族。

298 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:43:20.98 ID:uK7O+uWj0
>>253
これだけ朝鮮人やブラジル人、フィリピン人、中国人など入国して来ているのに、
ずっと日本人は日本人だけの血で生きてきたと思ってるの?w
頭悪すぎww

299 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:43:27.17 ID:GOMZVDx30
>>295
お前だいぶ頭悪いな
さっさと寝ろキチガイ

300 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:43:35.48 ID:ekDStCde0
>>295
すると更に西日本に行くとエレベータは関東とおなじになるの?

301 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:43:36.44 ID:Sm1fp1I20
遺伝子解明がすすむと
国籍よりも、遺伝子属性が重要になる

通名なんか無意味だなw

302 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:43:50.60 ID:LttZ6fP2O
>>279
京阪神に住んだことあるよ
薄い顔は印象に残りやすいからね
夏休みなんて地元の子は爺ちゃん婆ちゃんの家に帰省するよ
代々関西なんて少数派

303 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:43:50.82 ID:EaqCowIP0
>>1
▼梅原猛(愛知県出身・京都在住の哲学者)
『近畿人は日本人全体からかけ離れて朝鮮人に近い。東大の埴原和郎先生は近畿人は日本人じゃないと言うんだ』
▼中上健次(和歌山県出身・作家)
『大阪はね、ほとんど韓国と一緒の土地だと思うんです。着るものとか街並みだとか、ものすごく韓国に似てますね』
▼国民百科事典(平凡社)
『近畿地方を中心とする関西地方の人々が、朝鮮人的要素を有することは注目に値する』
▼池田次郎(京都大学名誉教授・自然人類学)
『畿内人は韓国朝鮮人と同じグループに属し、日本人から最も離れている』
▼レヴィン(旧ソ連の人類学者)
『シベリア抑留者1万人を調査した結果、近畿人は朝鮮人とほぼ同じだが、東西へ向かうに従い日本人となっていく』
▼岩本光雄(京都大学名誉教授・霊長学)
『畿内人と大陸人、とりわけ朝鮮人は人種的につながっている』
▼埴原和郎(東京大学名誉教授・自然人類学)
『近畿人、特に畿内人は目立って朝鮮の集団に近く、日本人からは外れている』
▼関晃(東北大学名誉教授・熊本県出身)
『帰化人たちは、ほとんど全部が大阪京都奈良に根を下ろしたといってよい』
▼松村博文(札幌医科大学准教授・解剖学)
『畿内人は一番胴長短足の人たちなのです。朝鮮半島の人々も畿内人と同じようだとわかりました』
▼欠田早苗(兵庫医科大学名誉教授・解剖学)
『大阪を中心とする近畿地方の人たちは、百済地方の人たちと匹敵するほど頭の形が丸い』
▼ハシゲ徹(大阪民國総統)
『大阪の人たちは韓国人と非常によく似ている』
▼網野善彦(山梨県出身・歴史学者)
『以前サントリーの会長が東北には未開なクマソが住んでると言って問題になりましたが、あれは関西人の発想です』
▼戸田恵梨香(神戸市出身・女優)
『神戸って大阪と一緒にされるの凄い嫌なんですよね〜大阪は下品!汚い!』
▼堤真一(西宮市出身・俳優)
『兵庫は大阪と違って洗練された町なんで』
▼森喜朗(石川県出身・元首相)
『大阪は日本のタンツボ』
▼ローラ(東京都出身・モデル)
『アニョハセヨは関西弁』

304 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:44:42.98 ID:FzEpjx7Y0
>>286
縄文時代は長いから混血してる
っていうか縄文人の北方系南方系というけど、どちらも古モンゴロイドだと思う

305 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:45:05.28 ID:2qtH1jc60
>>292
昔ていつくらいか分らんけど
俺は関西人が薄い顔ばかりてのは肯定してないが
それに中国四国にも濃い顔の人いるだろうし

この手の話では個人的な印象を断言してるだけだから何にも結論が出せないよね
せめて濃い顔と薄い顔を数値化して色んな地域で比較してるデータとかないとさ

306 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:45:33.92 ID:BKJk0yBX0
東北の北方縄文系と血が混じるのは大和朝廷が蝦夷征伐に乗り出したあたりからかな

307 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:45:46.97 ID:VPPRzMgT0
>>271
そこまではっきり捏造を言うあたりネトウヨだな。
中国神話からパクったことはなかったことになってるのか。

やっぱりネトウヨに歴史を語らせてはいけない。嘘ばかり。

308 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:46:16.97 ID:ehWJPBYk0
重要なのは日本人に中国朝鮮の遺伝子が混じってないことだろ
基本的にある遺伝子が混じってさえいなければ
人種は文化に帰属するものだ

309 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:46:24.38 ID:4qhscfNN0
>>304
そうだよ

新モンゴロイドが発生したのはそう古くない

310 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:46:26.14 ID:6ZWbEqQp0
宇多源氏もD2。

清和源氏もD2。

天皇の子孫は一様にD2でした。


ウヨ連呼のファンタジーに騙されないようにしましょう。

311 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:46:26.19 ID:Sm1fp1I20
まー、一ついえるのは
自分達が国家もっても
それをうまく発展させることができない
馬鹿民族はいる
これはしょうがない

312 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:46:34.30 ID:nZbh3GsQ0
>>260
だから言ってるじゃん。 問題は見た目、つまり印象なんだと。
自分の目が一重なのに、耳垢が湿ってるからって俺は縄文人だ!なんて思うのは、それこそ、外見にコンプレックス持ちました!っていう証拠だろ。
一重そのものだけをみれば、立派な弥生遺伝子です。 

313 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:46:36.15 ID:EL+o3DlF0
古代の大阪は渡来の町!
ttp://www.geocities.jp/ku_da_ra/ETC/osaka-timei.htm
大阪 地名の由来
ttp://www2s.biglobe.ne.jp/~pady/timeiyurai.HTM

在日韓国・朝鮮人 [ 2011年第一位 大阪府 ]
http://ime.nu/todo-ran.com/t/kiji/11618

314 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:47:25.71 ID:BKJk0yBX0
>>312
縄文系にも一重はいるぞ

315 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:47:34.45 ID:Z6rXYIdhO
神武って新羅と熊襲のハーフな気がする

316 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:47:35.08 ID:50bkrCNM0
関東顔ってあるよね。デーブ大久保とか森三中の大島とか
モンゴル人みたいな顔したやつ。北関東に多いかな。あの手の顔

関西、特に大阪と京都はフットボールアワーの後藤とか日野自動車のCMに出てる佐々木蔵之介とか
ああいう感じの薄いのが割といる。二人とも京都出身だけど。
あとはさんまみたいな感じの顔とか。さんまの系統でもの凄く不細工になると、元日本代表監督の岡田みたいな顔になる

317 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:48:17.38 ID:HYw/4NnY0
▼吉田定房奏状(京都府・14世紀)
『赤ん坊級に弱い関西武士じゃ、一騎当千の関東武士に勝てるわけないざます』
▼人国記(長野県・16世紀)
『関西侍は弱兵、卑劣、欲心深く、狐が服を着てるだけ』
▼甲陽軍鑑(山梨県・17世紀)
『関西侍どもはあまりにも弱すぎる。そこいらの町人レベル』
▼三河物語(愛知県・17世紀)
『関西侍は口先だけの無能、役立たず、臆病者』
▼雑兵物語(東京都・17世紀)曰く
『関西侍は馬にも乗れねえ屁っぴりだんべい』
▼葉隠(佐賀県・18世紀)
『関西侍は卑怯者だらけ。真似するなよ』
▼古川古松軒(岡山県・18世紀)
『関西侍は根性無しの軟弱者。薩摩武士は古の鎌倉武士を見るようで頼もしき限り』
▼清河八郎(山形県・19世紀)
『関東は剛直にして人を憐み、上方は柔弱にして人をあざむく』
▼司馬遼太郎(大阪府・20世紀)
『大阪兵は日本最弱。上方者が兵にむかないのは当然なこと』
▼樋口清之(奈良県・考古学)
『平安末期の関西人は、ほんとうに男でも女のような体質ですね。関節が小さいんです。つまり肉体的鍛錬をしませんと関節が小さいんです』
▼池田次郎(山梨県・人類学)
『畿内古代人は韓国朝鮮現代人に類似する畿内現代人と同じグループに属し、縄文人から最も離れている』
▼埴原和郎(福岡県・人類学)
『私どもが行った分析から見ても近畿人、特に畿内人は目立って朝鮮の集団に近く、日本人からは外れている』
▼松村博文(兵庫県・人類学)
『畿内人は一番胴長短足の人たちなのです。朝鮮半島の人々も畿内人と同じようだとわかりました』
▼中橋孝博(奈良県・人類学)
『関西人には細い目をした髭の薄いのっぺり顔が多いが、沖縄の人は眉や髭が濃く、ぱっちりした二重まぶたの人が多い』
▼仲尾宏(京都府・前近代日朝関係史)
『大阪、兵庫、京都の3府県で韓国・朝鮮籍の永住者が全国の約5割を占める』

318 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:48:24.19 ID:GOMZVDx30
>>306
http://blog-imgs-43.fc2.com/k/a/z/kazuboma/2010071522261663b.jpg
朝廷の支配域とほぼかぶるのがミソ

319 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:48:33.36 ID:VPPRzMgT0
>>310
だからネトウヨは保守からも歴史学者からも低脳馬鹿って言われるんだよ。

320 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:49:20.86 ID:LttZ6fP2O
>>288
ほんと先入観もいいとこだな
鶴瓶は思い出しても岡村みたいな縄文顔は無視かよ
平井堅とかハイドとかさ
誰を例に出すかでイメージなんて変わるだろ?
ちなみに天皇だって大正まではガチガチの濃い顔じゃんか

321 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:49:37.07 ID:ehWJPBYk0
>>307
上辺だけのエッセンスには中国的なものがあるけど
根底にあるのは南方神話そのもの
なによりも日本神話が日本の起源を南方の島に求めてるって決定的な証拠がある
これが大陸系なら山になる

322 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:49:46.16 ID:drSdlGF30
関西の濃い顔の有名人は大体南の方の九州あたり混じってるような感じはある
平愛梨やら北村一輝やらハイドやら関ジャニ錦戸やら岡田もだっけ?

323 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:49:55.70 ID:HYw/4NnY0
戦士勇山東之民一兮当千、豈以皇畿近州之嬰児、対東関蛮夷之勇健乎
吉田定房奏状/中世政治社会思想所収

惣而之風儀柔弱虚談之国風故武は用るに不足也
人国記/上巻/摂津国

関西人には細い目をした髭の薄いのっぺり顔が多い
日本人の起源/中橋孝博

畿内古代人は韓国朝鮮現代人に類似する畿内現代人と同じグループに属し、縄文人から最も離れている。
日本人のきた道/池田次郎

近畿人の特徴は、朝鮮半島や中国大陸に現在住んでいる人々の特徴と概ね一致する
日本人はるかな旅/多賀谷昭

大阪の浪波子には朝鮮の人の血を受けていないものは、殆どない。
大阪と半島人/高権三

関西の3府県で韓国・朝鮮籍の永住者が全国の約5割を占めることになります。
在日韓国・朝鮮人問題の基礎知識/仲尾宏

324 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:50:26.59 ID:zbo48ohS0
最新のミトコンドリアDNA科学に基づく日本人のルーツは、大きく9つのグループに分けられ、日本人の約95%はそのいずれかに属する。

【グループ名】誕生地      誕生した時期   日本人に占める割合 

【D】バイカル湖西部        6万年前誕生     34%
【M7】支那中南部(揚子江流域)4万年前誕生     15%
【B】支那南部            6万年前誕生     15%
【G】シベリア東部          3万年前誕生      7.5%
【A】バイカル湖付近        2〜3万年前誕生   6%
【F】東南アジア           4〜5万年前誕生    5%
【M9】ヒマラヤ・チベット      4万年前誕生      3.4%
【CZ】北東アジア(満州北部)   3〜4万年前誕生   3.2%
【N9】支那南部           2〜3万年前誕生   7%
【その他】 3.9%%程度。

325 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:50:30.65 ID:FzEpjx7Y0
>>297
漢字は伝説的王朝(あった可能性あるかもしれないけれど)夏ではなく殷の時代では?
っていうか、中国から渡来してきたイコール漢民族と考えるのはおかしい
漢字は難しいし当時の識字率は高くない

326 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:50:34.31 ID:4qhscfNN0
>>316
出っ歯は中国北部の特徴だからね
多分大昔に移民があったんだろう

関東や東北にモンゴル系の顔が多いのは
昔は関東は棄民の地だったから朝鮮人が
多く逃げ込んだんだと思う

327 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:50:34.40 ID:vhkxtP6P0
>>285
被差別部落の制度も朝鮮の差別社会構造と酷似
半島から来た関西人が持ち込んだものであり、捉えた戎夷(原日本人)を
被差別階層に組み込んだためではなかろうか

328 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:50:40.62 ID:6ZWbEqQp0
>>319
何発狂してんの?

天皇の子孫がD2って主張して悪いの?

天皇の子孫じゃない奴がなんで子孫の主張を否定できるの?

発狂してるからだけでしょ?

329 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:51:07.37 ID:GOMZVDx30
面白いのは現朝鮮人は酒にかなり強いというところか
縄文系と近い形質をもっている

330 :◆w/0enBmaYM @転載は禁止:2014/07/27(日) 01:51:11.03 ID:v4HzI0pP0
>>306
たしか前方後円墳の北限が岩手だもんね。
倭王武の奏上文もその頃じゃなかったっけか。

331 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:51:57.10 ID:ehWJPBYk0
>>325
いや漢字伝来以前に日本に文字があっただろ
中国の史書にさえ書いてあるぞ

332 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:52:00.47 ID:v9ITfYPYO
>>16
ほう

333 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:52:38.86 ID:BKJk0yBX0
>>320
まあ確かにイメージ先行なのは確かだけど、いわゆる関西顔というか、他地域にいない顔、
元巨人の桑田やセレッソの柿谷みたいな顔をみると弥生系が元々たくさんいた地域なんだろうとわかる
そもそも弥生系の渡来人が土着したのも関西だし

334 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:52:39.16 ID:FgB9oR+N0
>>217

日本は辺境じゃネーヨ! 

孤立文明なんだから、モンロー主義的に単立してるんだっつーの!

335 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:52:44.79 ID:FzEpjx7Y0
>>327
古墳の周りに多いから、墓守も人もいただろうし
古代の戦争に負けた人を住まわせたのだと思いますよ
なんにせよ江戸時代にできたというのは嘘だね

336 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:52:59.51 ID:2qtH1jc60
>>322
それって濃い顔は南方系って先入観があるから
濃い顔の人見たら「南方系入ってる!」て思うだけだろw
そんなの分らないじゃない

>>327
妄想っすなぁ

337 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:53:52.28 ID:IvOyot6t0
>>320
サッカーの長島とかその娘のアナウンサーのやつとか
むしろ序門弥生とか言ってる馬鹿が縄文とかいいそうなのは
全部関西な勢い

338 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:53:55.42 ID:Sm1fp1I20
南方系とか北方系とか馬鹿がいる

c,d系統はアフリカa,b系統の次に変位したものだから
a,b系統以外の祖はc,d系統の可能性が高い
アフリカを追い出されたc,d系統は
アフリカ以外の全域にいたと考えるのが妥当だろ
そうじゃねーの?

c,d以降の元ネタはなに?

339 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:53:59.52 ID:bnUFtA/k0
これ彼氏なんですけどルーツは何処でしょうかね?
  ↓
耳垢が湿っている
ワキガ体質
顔の骨格はスマート
目は一重
髪は直毛
眉毛は薄い

340 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:53:59.71 ID:ekDStCde0
俺カツオが好きだから多分南方系だと思う

341 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:54:05.17 ID:6U79R5Io0
関東地方に渡来人(古代の在日)が住んでいた痕跡地
埼玉県 高句麗系・・・高麗神社、高麗川
        ・・・旧高麗郡(日高市、鶴ヶ島市、川越市、入間市、飯能市)
    新羅系・・・旧新羅郡→ 旧新座郡(和光市、朝霞市、新座市、志木市、戸田市)
東京都 高句麗系・・狛江市 駒沢 
    中国(唐)・・唐木田(多摩市)
神奈川 百済系・・・秦野市
          大磯(大和朝廷が指定した上陸地点)、高麗山
群馬  新羅系・・・旧多胡郡(高崎市、藤岡市)
山梨 高句麗系・・・巨摩郡

342 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:54:09.76 ID:50bkrCNM0
京都が顔が薄いとかよく言われるけど、その関係で意外と北陸あたりものっぺりしたタイプが多い印象だけどな
北陸は地理的に京都との繋がりは大きかったし

343 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:54:28.69 ID:FzEpjx7Y0
>>331
神代文字はないです
後世の創作ですね
私が間違ってるかもしれないので、その中国の史書を教えてください
ついでにその文も

344 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:54:46.20 ID:fGl65tEHO
『いただきます』
『ごちそうさま』
と感謝する
我々人類は地球に生まれし生かされている言葉を覚えた幼少期の頃からず〜っと心の中で謝り御礼を言う言葉に出して謝り御礼を言う!これからもず〜っとだ!

345 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:54:46.73 ID:R4dqdLFM0
オレはギャランドゥだから縄文人の血が濃いな。

346 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:55:07.53 ID:ekDStCde0
>>339
いいから、ハプロタイプの遺伝子検査をすれば一発

347 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:55:09.49 ID:2qtH1jc60
>>340
俺はBIGINが好きだから沖縄の血が入ってると公言してる(証明はされていない)

348 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:55:23.58 ID:9iJLFAaA0
>>315
タカミムスビ系とアマテラス系の二系統は少なくとも入ってそうだけどな

349 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:55:24.90 ID:W+5VKrQ10
北方縄文人だから弥生系の関西人が気持ち悪い

350 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:55:31.83 ID:HYw/4NnY0
http://www2.cc22.ne.jp/hiro_ko/9-0roots.html
【試行私考 日本人解剖】第3章 ルーツ 縄文人か弥生人か
2008.08.25 MSN産経新聞

旧ソ連の人類学者、レヴィンの研究

 レヴィンは、第二次大戦直後、シベリアに抑留された元日本兵約1万300人を調査。朝鮮半島では、一重まぶたに伴い涙丘がまぶたで覆われる「蒙古ひだ」が多いが、日本では近畿に最も多く、東西へ向かうにしたがって少なくなることを指摘した。
 レヴィンは頭の形態や身長、ひげの濃さなども調べた結果、「日本人には、蒙古ひだが小さくひげが濃いアイヌ系要素と、蒙古ひだが大きくひげが薄い朝鮮系要素という二大要素がある」と分析。
 「アイヌ系」は縄文人の古い特徴を受け継ぎ、近畿に多い「朝鮮系」は弥生以降の渡来人の新しい特徴を持つという。


京都と江戸とは女のひたひつき、髪のはへぎはかはるなり
又都がたの男は、すねに毛すくなし
関東の男は皆すねに毛ぶかくおふる也
生れ付てかはり有
(津村淙庵『譚海』庶民生活史集成8)

351 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:55:44.14 ID:vhkxtP6P0
個々で見れば濃い人も薄い人もいるけど、傾向で見れば関西人と半島人は似てるってのは
明らかだろ

352 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:56:53.84 ID:BKJk0yBX0
天皇家に繋がる渡来系の墓を宮内庁が調査しないのはなぜなのか気になる

353 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:56:55.67 ID:GOMZVDx30
>>351
先入観バカはいい加減黙れ

354 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:57:01.63 ID:kFXJy7kL0
>>339
混血だろ。

355 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:57:26.13 ID:unXCRoOk0
DNAの解析が進んで色々と定説が覆されてるのが面白いな
まあその定説ってのも一部の国がゴネてただけで昔っから船で伝来してたっていう説の方が根強かったんだけどね
実際に数千年前の船とかいくつも発見されてるし
海流の研究が進んで中国南部〜九州へは原始的な船で航海出来るって言われてたしね

356 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:57:26.18 ID:zbo48ohS0
>>325
夏・・・NHKスペシャル・・・中国文明の謎 第1集「中華の源流 幻の王朝を追う」より

357 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:57:41.00 ID:4qhscfNN0
>>342
ま、そもそも古代から中国からの移民は少なくなかったんだと思うよ

よく言われるのはキルギスやネイティブアメリカンなどの古モンゴロイドと
日本人の区別はつきにくいが、日本人と朝鮮人は容易に見分けがつくからな

日本人の多くは古モンゴロイドタイプなのは間違いない

その中に新モンゴロイド系の移民も古代から少々いたと言うだけの話

358 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:57:42.20 ID:2qtH1jc60
>>351
だからそれをデータで示してくれると有りがたいのだが

359 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:57:48.60 ID:VPPRzMgT0
>>332
騙されんな。故意に誤解させようとして言ってる。
弥生人は江南系、華南系の新モンゴロイドであって、一般にいう南方系である古モンゴロイドじゃねーぞ。

ネトウヨはサラっと嘘を言うから気をつけろ。

360 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:57:55.11 ID:FKxvXhxI0
>>243
東北が未開とかご冗談を

361 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:57:57.93 ID:atjXDRDG0
異民族に侵攻されるたびにそれまでいた
男系の遺伝子を根絶やしにされた大陸や半島と違って
あちこちから三々五々集まって来た
日本は案外多様な人種を抱え込んでるからな

362 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:58:08.72 ID:Dvjw3kT+0
こういう数千数万年に渡る人類史は日本だから出来ることであって、
まだ建国60数余年の歴史の何もない国家に頼るのは土台無理。
さんざん破壊して貴重な資料をことごとく
無に返してきた歴史だろう。
韓国で発見された前方後円墳を躊躇なくシャベルカーで破壊して隠蔽する国だもんな。
お前らに日本の研究に対して何も言う資格はない。

363 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:58:38.82 ID:LttZ6fP2O
>>333
濃い顔薄い顔はどこにでもいる
そういう偏見は止めた方がいいよ

ちなみに俺は福岡にも東京にも住んでたが
君が例に出してるような顔も濃い顔も薄い顔も普通にいた
都市部はどこも変わらないって

364 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:58:51.47 ID:ehWJPBYk0
>>343
ちょっと今探してる
確か漢書だったと思うが

365 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:58:54.77 ID:3E4gCinb0
おまえら蒙古斑あったか?
もう今の時代、縄文人も弥生人も関係ねーよ
あとな日本人はビックリするほどの混血民族だから優秀なんだよ

犬でも雑種の方が性能いいし、サラブレットなんて雑種の極みだろ

366 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:58:59.62 ID:7sEg9W3O0
日本でもDNA検査ビジネスが盛んになってきたな

https://genographic.nationalgeographic.com/
http://www.familytreedna.com/
https://www.23andme.com/
https://mycode.jp/
https://www.deargene.jp/
http://genelife.jp/
https://genequest.jp/

367 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:59:03.73 ID:ssChUKvZ0
古代〜中世の人間は40、50代でも長生きって昔から納得いかない

記録が残ってる貴族とか武家なんかが酒でバタバタ死んでるのを基準にしすぎなんじゃないだろうか

368 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:59:04.30 ID:HYw/4NnY0
河内国が列島随一の渡来人の集住地域であったことはよく知られているが、
なかでも大和川と石川の合流点付近の中河内から南河内にかけての地域、
令制の郡でいえば河内・高安・若江・志紀・安宿・古市・丹比の諸郡は特に顕著である。
ほかにも北河内の茨田郡・南河内の石川・錦部両郡・摂津の難波津付近・和泉南部の日根地域などに
渡来人の集中的な分布がみとめられる。

列島の古代史1(古代史の舞台)
岩波書店(2006/07/28)
執筆者:熊谷公男 東北学院大学教授(日本古代史)

369 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:59:04.58 ID:4qhscfNN0
>>355
調べれば調べるほど現生朝鮮人との関わりが無くなって行くのも面白い

370 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:59:27.13 ID:FKxvXhxI0
>>248
頭悪い文章だな

371 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:59:30.68 ID:v9ITfYPYO
関西の半島顔は近代の半島人そのものだろうよ

372 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:59:38.67 ID:IAaPZaN80
やはり蒙古斑が動かぬ証拠のような気がする
琉球民族とアイヌは同族かもしれんが
琉球民族とアイヌ
あれ蒙古斑あるのかしら?

373 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:59:47.62 ID:BKJk0yBX0
>>360
東北が未開の地というのは戊辰戦争後、近代化する日本をまとめるために作られた神話だからなあ

374 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:59:54.31 ID:FzEpjx7Y0
>>356
だから幻なんですよね
まぁ殷もあったし夏もあってもおかしくないというか、個人的にはあったと信じてます

375 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 01:59:55.15 ID:M6ZplvL30
>>316
恣意的に芸能人で判断するなよ

376 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:00:06.64 ID:umIPDSy20
>DNAの解析が進んで色々と定説が覆されてるのが面白いな

それにより、発狂してる人間もいるようだねw
日本人じゃないみたいだけどww

377 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:00:27.75 ID:jKF0IU2s0
今の日本人のDNAがノーベル賞取れないシナチョンとは別なことは確か。

378 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:01:00.98 ID:4qhscfNN0
>>372
モンゴロイドですからそりゃありますよ

379 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:01:04.73 ID:BKJk0yBX0
>>363
もちろん今はどこにでもいるよ
ただ、移動が今よりも活発ではなかった時代の話をしているんだよ

380 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:01:12.86 ID:8Jo6fheW0
>>243
神奈川のくだりは完全にネットデマ

381 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:01:13.34 ID:GOMZVDx30
>>369
現朝鮮人が異常に酒に強い時点でおかしいw

382 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:01:15.97 ID:HYw/4NnY0
★各地の古墳時代男性頭骨の弥生・縄文判別関数値
(池田次郎・京都大学名誉教授による)
+2.12…畿内
+1.47…南近畿
+1.08…四国
+0.76…東中国・西近畿
+0.70…西中国・北東九州
+0.51…関東・南東北
+0.40…北陸
-0.87…西南九州
※+は弥生(朝鮮)側、-は縄文(アイヌ)側

383 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:01:19.33 ID:vhkxtP6P0
>>363
移住が進んでるんだから当たり前だろw
でも福岡と関西と東京じゃ明らかに「傾向」は違うよな

384 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:01:21.08 ID:R4dqdLFM0
だいたい、古代の朝鮮半島に今のチョンはいたんだろうか?

385 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:01:27.08 ID:8ANB6Iei0
米も翡翠も後期型後円墳もルートは大和→半島なんだよな

386 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:01:46.59 ID:0wP9n7A50
>>374
夏邑はあっただろうが、「王朝」といえるかというと、だな。

387 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:02:05.45 ID:2qtH1jc60
>>379
それは何時代の話?
君はその時代に関西とその他色んな地域を歩き回ったのか

388 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:02:42.06 ID:R4dqdLFM0
>>371
鶴橋あたりにいったらよく見かけるやつらか?
そりゃあチョンそのものだろうよ。

389 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:02:42.93 ID:8otp7pZr0
>>342
残念ながら京都人(現在の京都市の住人)は半分以上が東海ルーツだぞ。
江戸時代ずっと淀藩・稲葉家(岐阜発祥)だったわけで。

次点で紀伊(和歌山)だな。府部は知らんけど、そもそも京じゃねーし。

390 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:02:46.14 ID:10e+Iy/d0
>>351
一体お前は、今までにどれだけの数の関西人と半島人を見てきたんだ?
それと比較対象になる非関西人も。
そこまで言い切れるなら
少なくとも、数千人ずつぐらいは
そのルーツがわかる人に会ってきたんだよな?

391 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:02:49.20 ID:DxCHWEaz0
関西でしばらく暮らしたことのある人はわかると思うけど、顔立ちが、明らかに2系統あるんだよな。
京阪神で一番「薄い」のは、実は神戸と阪神間の山手。京都市内でも大阪中心部でもない。
そして、一番「濃い」のは、和歌山と泉南。

畿内に侵入した「コテコテ弥生」は、畿内の低地の中心部に集中して住み、
滋賀や三重などから出てきた町人を取り込みながら、
江戸時代から明治大正にかけて、大阪で財をなし、成功して阪神間に移り住んだことが分かる。

古くからいた縄文系は、和歌山を中心に、泉南も含めて南部山間部・丘陵地帯に広く生き残った。
彼らは、成功するという感じではなく、ちょっと田舎で、今も昔もガラッパチに生きてるw

そして、この庶民層に九州と沖縄系の移住者が混じって、今の近畿圏ができてる。

392 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:03:02.38 ID:ehWJPBYk0
>>343
隋書の倭国伝だな
「無文字、唯刻木結繩」
とあり
「漢字は使われていないが木を削り縄を使って通信する」
とある

この木を削るというのが木を削って記述する日本独自の文字のこと
また縄文字も太平洋一体にあるが、完全に言語を記述することが可能な文字体系でもある

393 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:03:03.07 ID:Vqb6uj2BI
最低人在日

394 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:03:07.66 ID:zZHRQaV20
まあ遺伝子的には土着系の縄文系D2と大和朝廷作った弥生系O2b以外は日本人ではないわな

395 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:03:15.97 ID:HSn/FET90
そんな事より日本語はどこから出てきたんだよ?
他と圧倒的に違うのはこれだろ

396 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:03:40.68 ID:hYC3kt3eO
古代の半島民族と今の半島民族を同一視するのは、無理がある。

397 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:03:46.95 ID:8Jo6fheW0
>>341
古代の在日
って設定が既にとんでもない間違い

398 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:04:16.70 ID:6ZWbEqQp0
家系は清和源氏義家流
血筋は清和源氏頼光流
先祖は某藩某奉行元〆
俺のY-DNAはD2
宇多源氏の子孫の人もY-DNAがD2
明らかに天皇のY-DNAはD2ですね

399 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:04:16.90 ID:Sm1fp1I20
関西人で
疑問がある奴は
遺伝子検査しろよ

400 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:04:19.62 ID:zbo48ohS0
>>374
まだまだ発掘できていないところが多いからね。
今後新しい発見が出てくると面白い。

401 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:04:42.24 ID:R4dqdLFM0
大阪は沖縄人とか九州人とかが意外と多い。あと在日。

402 :◆w/0enBmaYM @転載は禁止:2014/07/27(日) 02:04:52.27 ID:v4HzI0pP0
>>348
うんうん。
祝詞の言い回しなどから考えると、そもそもの天孫族であるタカミムスビ系を
アマテラス系が上書きしたっぽい。

403 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:04:55.13 ID:aKhMAnAo0
やはり日本のルーツは北朝鮮と南韓国にあった

404 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:05:00.87 ID:NWZtOMdw0
>>392

マヤだかインカだかが縄の通信じゃなかった?
数字の代用だったかな

405 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:05:06.46 ID:BKJk0yBX0
>>387
たとえば関西の豪族とか明らかに渡来系なわけで、それなら弥生系の遺伝子をもつ人々が繁栄するのは自明。
まあ、この話になると大陸や朝鮮の方が進んだ技術を持っていた云々の話になってネトウヨが騒ぎ出すし
天皇家のタブーに触れるから面倒なんだけどね

406 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:05:14.67 ID:GOMZVDx30
>>384
確実にいないな
後の時代の北方部族系がほとんど

407 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:05:18.76 ID:4qhscfNN0
>>394
中華系の移民がやってきたのは間違いないだろうね
古代と現代の中国人は違う人種っぽいけどな

408 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:05:23.76 ID:vhkxtP6P0
>>388
違う違う
在日の人抜きにしても、関西と朝鮮って色々共通点があるんだよ

409 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:05:23.89 ID:ehWJPBYk0
>>396
とはいえ歴史に朝鮮の名前が出て以降日本に対してやってることが全部同じなんだよ
大陸のゴミ捨て場だったせいもあって一番悪いものが集まる場所

410 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:05:34.36 ID:atjXDRDG0
男系遺伝子は九州人が一番半島人に近いのはわかるが
なんでか母系遺伝子だと九州より本州の方が半島人に近いのが面白いな
もしかしたらおおむかし大陸から大量の女を輸入したのかもなw

411 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:05:34.63 ID:2qtH1jc60
>>391
大阪で40年ほど生きてるが気がつかなかったよw
適当すぎる妄想ストーリーやなww

412 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:05:37.31 ID:nZbh3GsQ0
>>314
だからそれは目以外の要素は全部縄文系っていうやつだろ。
何度も言うように、日本人のほとんどは、なにより外見や印象に違いに着目して、縄文系か弥生系を知りたがってると思う。
そして目の一重と二重は、まさにそういう点で、大事なことだから、
目の一重そのものは弥生系ということだけて、もう多くのは、それでショックになるというのは事実だと思うよ。 
でもそこからどういう方法で、誤魔化すっていうのは、俺の推論で書いた部分もあるけど、
まあ、耳垢が湿ってる!とか髪がうねってる!ってお前のように持ち出してくるやつは、むなしいかな、ただアホに根性のあるやつしか思えないんだよね。
でもそこまでの強い活力は尊敬するところもあるかもしれんがw

413 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:05:39.23 ID:LttZ6fP2O
自分に有利なデータしか見ないから滅茶苦茶になるんだよな
関西が嫌いだからって関西と朝鮮が関係してるデータを必死に漁ってドヤ顔してる限り
いつまでも学問としては発展しないだろうな

昔は関西人がアルコール耐性無い=弥生系遺伝子って
鬼の首取ったみたいにあちこちに流布して回ってたけど
韓国人がバリバリの酒飲み遺伝子って知って
一切出なくなったのは笑ったなw

やることが幼稚なんだよね

414 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:05:42.35 ID:Z6rXYIdhO
新モンゴロイドは北陸から来たんじゃないかな

415 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:05:58.40 ID:MJ7lQIh90
すべての現代人のルーツはアフリカの小さな集団、黒人

416 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:06:18.23 ID:XCeuoaJn0
ウンコ喰うと物理現実が不可視になるらしい

417 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:06:27.71 ID:FzEpjx7Y0
>>384
そもそも本当の古代の古代の時代には日本人も朝鮮人も存在してないっすからね
まぁ弥生人(もちろん色々な民族がいる)が日本人と朝鮮人の祖先の一つではあったとは思いますが

418 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:07:25.64 ID:ehWJPBYk0
>>404
キープというんだがあれは極めて高度な記述体系で
数字だけじゃなくて表音文字まで記述できてる
似たものが太平洋一体にあって
縄文人も使ってて
沖縄では最近まで使われてた

この変がまさに日本の起源が大陸にないことの証拠でもある

419 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:07:38.12 ID:XCeuoaJn0
半島人と大陸人は

遺伝子的にも敵だから殺してもいいんだよ

420 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:07:42.83 ID:vhkxtP6P0
古代の半島民族も今の半島民族もそんなに違うはずないだろ
多少は他民族の流入もあっただろうが、ごっそり入れ替わるなんて考えられない

421 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:07:48.76 ID:Sm1fp1I20
>>392
インカ帝国のキープ=インカ文字かよ、まるでw

422 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:08:22.70 ID:umIPDSy20
だいたい、国が滅びて、
百済の王族、貴族、有能な技術者・学者、有力者は皆日本に帰化して、
半島に残ったのは、被支配者層ばかりなのに、
なんで、現在の朝鮮人は子孫づらしてるの??

423 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:08:32.42 ID:IAaPZaN80
>>410
そのような記録は全く出てこないな
平安時代、戦国時代も唐人はいたがあのころは皆一芸の達人
瓦職人等など当時の王朝、政府から招かれてきていた

424 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:08:42.26 ID:2qtH1jc60
>>405
つまり、桑田とか柿谷とかは適当に名前挙げただけで
要は関西にアッチ由来の豪族がいたから関西人は顔が薄いって言ってるわけな

425 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:08:44.30 ID:50bkrCNM0
日本人と中国人は酒に弱い遺伝子の人が44〜45%で、韓国人は25%くらいが弱いんだよな。
もちろん、日本人にも地域差はあるだろうし、中国も同様だろう

426 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:08:56.14 ID:HSn/FET90
今の半島人はどこから来たの?

427 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:09:20.30 ID:fGl65tEHO
いろいろな人種が海をわたり混血した島国で独自の文化を形成し数千年受け継がれてる
もしかしたらそれは国というものが出来る前からかも知れない。
数えきれない程の年月を経て古き良き文化が生き残って現代に受け継がれたのならそれは我々が子孫に受け継ぐ保守である。

428 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:09:27.56 ID:aKhMAnAo0
>>243
新羅は倭国と呼ばれ
日本人の先祖を奴隷にして発展した国があった

日本人は新羅から逃げ出した白丁と呼ばれる民族

日本は韓国の傘の下で生まれた国である

429 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:09:38.60 ID:10e+Iy/d0
>>384
現代の韓国人は、糞食いと近親相姦によって
後から誕生した変異種だからな
ヒトモドキと言われる所以でもある

430 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:09:44.59 ID:S6FHYSNQi
蝦夷の俘囚が西日本各地に散らばった時点で南方系も北方系も関係なく遺伝子が混ざりまくってるのは確実だと思うわ

431 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:09:53.75 ID:XCeuoaJn0
半島人と大陸人は

遺伝子的にも敵だから殺してもいいんだよ

敵し、テロリスト・政治犯・詐欺士の暴力組織だし


殺してもいいんだよ

432 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:10:02.55 ID:GOMZVDx30
韓国といったらお酒です。日本以上にお酒が好まれる国です。意外と知られていませんが、
一人当たりのアルコール消費量は世界第2位です。さらに焼酎やウイスキー、ウォッカなど、
高濃度のアルコール消費量は世界第1位です。

http://韓国情報.com/entry86.html

韓国のお酒と言ったら、焼酎(ソジュ)かビールの2つが最もよく飲まれます。
日本のようにカクテルのような弱いお酒やワインなどおしゃれなお酒などはあまりありません。
焼酎は日本でもおなじみのチャミスルが主流です。

どこのお店に行ってもこのチャミスルのポスターが貼ってあります。水で割ったりすることなく、
ストレートで飲むのが普通です。アルコール度数は25%のため相当強いお酒ですが、
韓国ではこのチャミスルを中心に飲み会が展開されます。

50ccの小さなガラスのグラスを使用して一気に飲みます。



東北九州沖縄の連中じゃないと死ぬわw

433 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:10:10.34 ID:jvG58x4a0
ジャップのルーツはチョンだ
あきらめろ

434 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:10:12.68 ID:ehWJPBYk0
>>425
韓国人が強いのはむしろ後の時代の遺伝子淘汰の結果でもあるだろうね
生水飲むと死ぬから酒飲めるやつだけ生き残った

435 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:10:15.66 ID:o904MoRM0
>>413
関西人が大陸系だったとしても、日本国内でもノーベル賞を多く取っ
ている関西人とノーベル賞0の朝鮮人は別者だろうな。

436 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:10:18.56 ID:VPPRzMgT0
>>418
それと巨石文化は中国にもあるわけだが。

437 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:10:19.86 ID:E+FyNU9T0
南九州はポリネシアだろうな 熊襲とか
他は大陸系が多いだろ 

438 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:10:23.84 ID:Sm1fp1I20
>>413
遺伝子しらべればいいだけだろ

付帯条件でいわれてもなー

439 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:10:26.18 ID:FzEpjx7Y0
>>392
「漢字は使われていないが木を削り縄を使って通信する」

それ文字はないっていう意味では?
たしか縄うんぬんも琉球でもっていうか世界中でも似たような文化が残ってて
縄の結び方で数字を表したりするんですよ

440 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:10:35.93 ID:NWZtOMdw0
>>407

渡来人の家系だけど、系譜の最初は漢人ですなあ

441 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:10:42.19 ID:v9ITfYPYO
そういやイースター島の民族も大和との共通点が多々ってやってたな

442 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:10:45.37 ID:FKxvXhxI0
>>99
4大文明なんてものを教えてるの
日本と韓国だけだって話だぞw

443 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:10:45.61 ID:4qhscfNN0
>>411
俺も神戸と大阪で30年暮らしてるけどそんな傾向なんか無いんだよね

そもそも近畿圏は古代から中国四国九州の移住が多かったから
傾向なんか掴めるほどはっきりしたものは無いんだよね

飛鳥時代から防人などの制度で関東から九州まで普通に移動してたんだから
そこらへんに違いを見出すこと自体がもう不可能になっている

444 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:11:06.73 ID:Dvjw3kT+0
>>394
やっぱシュメール語が日本語のもとなんだろうか。
世界でも日本語の発祥は不思議がられてるようだ。

445 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:11:16.11 ID:zZHRQaV20
>>272
関西というか和歌山の山奥と丹波の山奥と滋賀の僻地と
大阪の泉州地域が何故か濃い顔多い
濃い顔が多いのは僻地に縄文系が多く残ったのと戦前までの九州沖縄の移住者の子孫に
戦国時代のポルトガル商人の影響だと思われる

446 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:11:44.71 ID:XCeuoaJn0
南とか北とか区別するのは良くない

ぶち殺せ

大陸人って・・・


まじ、にんげんじゃねーと思うわ、仕事場で在ったが、カビみたいな臭いするし

447 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:11:52.49 ID:M6ZplvL30
>>243
http://www.geocities.jp/ku_da_ra/ETC/osaka-timei.htm
昔からじゃね?
そうじゃなくても明治のころから朝鮮人は大阪あたりに結構来てたらしいから歴史は古いだろう。
東京こそ最近だと思うぞ。
つか家康が来るまで、武蔵国の東南に位置する今の都内(23区)は人がそんなにいたとも思えないが

448 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:11:56.50 ID:Sm1fp1I20
>>433
馬鹿なの?

遺伝子しらべればいいだけなのに?
それは、暗示なの?説得なの?

449 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:12:01.65 ID:vhkxtP6P0
>>430
部落=濃い系って話が出てたけど、その蝦夷が関西の部落差別に組み込まれていたとしたら
皮肉な話だ(可能性は極めて高いが)
彼らは半島からの勢力と最後まで戦った純日本人の末裔

450 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:12:20.65 ID:4qhscfNN0
>>440
面白そうだな
聞かせろよ

451 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:12:26.74 ID:LttZ6fP2O
>>420
その理論で言うなら関西人は皆朝鮮人なんだろ?
じゃあ関西にいる地方出身者も関西以外に住んでる関西出身者も
全員朝鮮人なんだなw
関西ってスーパー隔離都市なのかよ

452 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:12:30.09 ID:umIPDSy20
新羅も4代目の王は倭人だとはっきり歴史書に書いてあるし、
それどころか初代も倭人くさいんですけど。

453 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:12:38.76 ID:FKxvXhxI0
>>428
エベンキ黙っとけよ

454 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:12:56.19 ID:atjXDRDG0
中国人や朝鮮人は何となく顔がイメージできるが
日本人は多様過ぎて中々イメージできないだろw

455 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:12:58.53 ID:DxCHWEaz0
>>411
京阪神の主要路線で、乗客の顔が一番薄いのは、「阪急神戸線」だということに気づかない?
家柄の良い美男美女が乗る路線だ、という雰囲気で語られるから、
どんな路線かと思ったら、まあ確かにマナーは良いんだけど、形質的にはびっくり仰天。
女性はわかりにくいが、顔面工事も化粧もなしの男子中高生くらいの顔立ちをみれば、一目瞭然。
偽香川真司と、偽松坂大輔ばっかりw

ついでに、関空を使わなければならず、魔物のように語られる南海本線に乗ったら、
田中理恵一家みたいな顔立ちがやたら多くて、二度びっくりw

456 :巫山戯為奴 ◆TYUDOUPoWE @転載は禁止:2014/07/27(日) 02:13:30.35 ID:ZNXKWa/z0
>>341 韓国人はエヴェンキなので百済とか新羅とか関係ないから。

457 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:13:31.86 ID:ekDStCde0
>>448
彼らにとって真実なんてどうでもいいの
オボコと同じで 妄想の世界に生きてるんだから

458 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:13:33.87 ID:Sm1fp1I20
>>447
湿地帯で人なんかいないだろ

埋めたてしたから、今は人が住んでる

459 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:13:40.35 ID:hOlF5GKw0
気候変動を視野に入れなければ、話にならん

460 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:14:12.80 ID:IAaPZaN80
>>440
いまでも中国人のほとんどは漢民族だろう?

461 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:14:20.74 ID:4qhscfNN0
>>455
そらあんたの思い込みや

462 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:15:00.66 ID:Sm1fp1I20
>>457
あったらいいなの世界

漫画の中の住人だな

463 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:15:07.58 ID:FzEpjx7Y0
>>444
んー、縄文語と弥生語が混じってるだろうから一概には言えないが
弥生語だったら中国で話されていたが、漢民族の南下でその言語は消滅
日本で残ったって感じでしょうな
ちなみに計量言語学で日本語とアイヌ語は関係ないと言われてる

464 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:15:08.98 ID:aKhMAnAo0
関西人にイケメンや美形が多いのは韓国と関係が強いからである

逆に関係の薄い関東は背が低く不細工ばかり

日本海側は一重でつり目ばかりで人生損している

465 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:15:15.38 ID:BKJk0yBX0
日本で人種や民族の由来を語るときには明治維新以降、近代化以降のイメージが多大に影響するから気を付けなければいけない

466 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:15:27.84 ID:GOMZVDx30
>>460
本当の漢民族は客家ぐらいしか残ってないだろうな

467 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:15:39.24 ID:HYw/4NnY0
・第1、第2判別関数による府県を単位集団とする比較(男性)
近畿→身長の割に肩幅が狭く、頭長の割に顔高が大きい。
南九州→身長や顔高に比べて肩幅や頭長が大きく、がっしりとしている。

近畿人の特徴は、朝鮮半島や中国大陸に現在住んでいる人々の特徴と概ね一致する
(『日本人はるかな旅』多賀谷昭)

468 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:15:41.25 ID:VPPRzMgT0
ネトウヨは日本人、皇族は中国、半島渡来ではないという結論ありきで、
トンデモバイアスがかかってて、ほんと嘘ばっかだな。

歴史の捏造ばかりするあたりが韓国人そっくりだ。DNAが同じだというのも頷ける。

469 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:15:48.09 ID:ehWJPBYk0
>>439
中華思想の中では漢字以外の文字は文字と見なされてなかったんだろ
逆に縄に関してはそうかもしれないとして
木に何を刻みつけてたのか
ある程度体系だって意味を刻印してたならそれは文字とみなせるだろ

470 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:16:04.23 ID:2qtH1jc60
>>455
そんな差はないと断言できるが・・・・
てか南海に乗ったのはその一回だけか?
それで語ってる?
まさかね
何度も南海に乗っての感想だろうけどね
魔物のように語られる南海になw

471 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:16:11.26 ID:Dvjw3kT+0
>>442
マジか。
小泉には郵政なんかどうでもいいから
日教組を駆逐して欲しかったわ。

472 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:16:16.65 ID:Z6rXYIdhO
半島はモンゴルに蹂躙された時にモンゴル系に血が入れ替わった

ややこしいことにモンゴル系は日本や中国より酒に弱くない

473 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:16:18.91 ID:W+5VKrQ10
>>243
>神奈川などはもと韓奈川と呼ばれていた

呼ばれてねーから糞チョン

474 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:16:27.13 ID:DA0qL8d40
>>5
>弥生人は朝鮮半島経由も増えるけど

ちゃんとその元は長江河口付近から山東半島にかけてと言わないと。

475 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:16:54.27 ID:Sm1fp1I20
>>460
資料はなんかある?

476 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:16:58.14 ID:IAaPZaN80
>>468
そのような情けないことを言ってはいけない
人間は皆神の子なんだから
それは一緒なのだし

477 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:17:04.27 ID:XCeuoaJn0
>>460
漢以後でごちゃ混ぜで物理的検証不可だろ

秦以降の未開文明国の蛮族の漢だし

478 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:17:06.71 ID:zZHRQaV20
>>316
デーブは在日ぽい
大島は東北ぽい
俺的には関東はサマーズみたいな脂ぎったおっさんが多いイメージ

479 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:17:07.60 ID:nVqBy0Dl0
渡来人は皇系の貴族に取り込まれたものと陶工や宮大工といった高度技術の
祖先そして、渡来系神社の祖先、地方豪族もいる。
苗字は日本の苗字で普通に日本人である。

480 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:17:18.01 ID:R4dqdLFM0
>>433
う〜ん、ほんの少し、一万分の一ぐらいは混じってるかもしれんけど、あの画一的な顔を見たら、違うと思うわ。
あと人のせいにして事を済ます文化が違うと思うわ。

481 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:17:31.92 ID:NWZtOMdw0
いや、漢人っていうか
後漢の末裔ってやつ
家系図面白いよ 平家でも関ヶ原でも負け組についてるww

482 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:17:38.89 ID:BKJk0yBX0
しかしなぜみな縄文系になりたいのか不明だわ

483 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:17:55.32 ID:ekDStCde0
>>478
サマーズは関東人とはまるで違うイメージだろうにw

484 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:18:12.70 ID:0wP9n7A50
>>460
五胡十六国時代に、鮮卑族らに民族ごとレイプされている。
言語も変質した。

485 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:18:27.18 ID:zZHRQaV20
>>351
たぶん関西人=お笑い芸人で
芸人は在日が多いからそういうイメージになるんだろ

486 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:18:31.01 ID:hOlF5GKw0
>>479
歴史の教科書では、以前は「帰化人」と言ってたが、いつから「渡来人」になったんだろうか?

487 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:18:48.82 ID:FzEpjx7Y0
>>452
っていうか現在の日本と朝鮮の国境で分けるからダメなんだよね
相互に交流があって当たり前なのに
倭人(イレズミを彫っているような人達)も鉄とるために朝鮮半島南部沿岸部に住んでいましたし
濊人とか韓人も日本に入ってきたこともあるでしょうし

488 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:18:51.33 ID:XCeuoaJn0
秦が以外に進んだ文明国だったけど

蛮族を根絶やしにしなかったのが悪かったんだよ

全てぶち殺せって事だ

489 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:18:52.43 ID:E+FyNU9T0
だれか倭国と日本の違いを教えろや 
倭国は九州と半島の南じゃねえのか?
大和(近畿)じゃねえだろ?

490 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:19:17.19 ID:qSW36f720
鹿児島はイメージと違って顔がノッペリしている。あと東北もイメージと違ってノッペリ。東京も全体的に目が細い。
自分も含めて、地元が1番顔がハッキリしていた…@大阪府堺市堺区
一昨年に遺伝子に興味が出てナショジオのキットで検査したらNかHという遺伝子だった。珍しいらしい。

491 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:19:18.95 ID:ibF/gb990
言語なんかも、東北〜沖縄で共通している物もあるんだよ
「I」や「You」のあたる、「吾(あ(わたし」や「汝(な(あなた」なんかは
同じ語族であった可能性もあるよなぁ、と

492 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:19:24.27 ID:VPPRzMgT0
>>472
入れ替わったのは王朝だけな。高句麗だけは民衆もモンゴル系。

493 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:19:54.52 ID:ssChUKvZ0
>>411>>443
古代ルーツは兎も角

戦中、戦後の近代になって流入してる朝鮮人が部落だのと一緒になって混血してるのが判らないのは
目が腐ってるからだよww

494 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:19:58.53 ID:BKJk0yBX0
>>487
これ
近代以降のイメージに毒され過ぎなんだよ

495 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:20:02.81 ID:vhkxtP6P0
実際、元来の日本人って色黒チビで不格好なんだけどな
長身色白でイケメンなのは韓国人

496 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:20:06.55 ID:2qtH1jc60
>>477
と言うか、漢民族てのは凄く幅が広い
中国人で、少数民族でなければ漢民族なんだろうけど
言葉や体格が違っても漢民族だ
民族とDNAて一致する訳じゃないんだろう
あくまで、当人による主観的な認識が民族なんだな

497 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:20:06.66 ID:Sm1fp1I20
>>466
おいおい

客家の意味わかってないな

498 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:20:10.32 ID:4qhscfNN0
>>481
スゲェ、かっけーな

俺は500年くらいしか過去わからんわ
本家にはもっと色々あるのかもしれんけど
関わりないからなぁ

499 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:20:39.81 ID:MAWBIBlp0
>>1
チンギスハンのモンゴル帝国その他の「強大で広範な領土を誇った しかし実体が謎の大帝国」
こういった伝説について色々本気でどう考えても出来ない といったようなことを言う人が居ますが、
いつも不思議だったのですが、簡単な解はあります。

つまり 今の中国とか大阪のパチモンの本家 というやり方です。

勝手にブランドを真似ても加入した者と看做す。
後から見れば 世界中に溢れて見えるでしょう、ビトンの偽ビニルは。
そして勝手に 進化が生じたのだ と解釈してくれるでしょう。
伝説は 後世か他の人間に任せれば良いのです。

つまり 確かに一旦強大な小集団が出来たが、他に無関心だったか、あるいは乗っ取られ
ソコの地方〜つまり本部の性にして、好き勝手に 多発的にコピーが生じた範囲。
これを 帝国と後世が勘違いしてくれた場合。
もしくは 小説化が纏めてくれた場合 です。
雲之上の青空とか名前つけて。

500 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:20:40.45 ID:KIlmIaHb0
熊襲族と隼人族は、黒潮に乗っはやとて日本にやってきた、ムー大陸の子孫。

501 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:21:20.88 ID:DA0qL8d40
>>243
>昔、福岡あたりで発見された渡来人は

新羅の入冦
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E7%BE%85%E3%81%AE%E5%85%A5%E5%AF%87
>新羅の賊が発生した理由としては、『三国史記』新羅本紀の記述から、745年頃から750年代後半にかけて
>新羅で飢饉や疫病が発生し、社会が疲弊していたことが指摘されている[2]。755年には新羅王のもとへ、飢
>えのため、自分の股の肉を切り取って父親に食べさせた男の話が伝わるほどだった[2]。このときに、九州
>北部をはじめ、日本へ亡命し、帰化した新羅の民が多数いた[2]。

>しかし、その移民の数が多いため、天平宝字3年(759年)9月、天皇は太宰府に、新羅からの帰化人に対して、
>帰国したい者があれば食料等を与えたうえで帰国させよとする勅を出した[2]。翌年には、帰国を希望しなかっ
>た新羅人131人を武蔵国に送還した[2]。

>帰化人
>日本からは高句麗に学問僧など留学生が派遣された[5]。持統天皇元年(687年)、日本の朝廷は帰化した新羅
>人14人を下野国に[6]、新羅の僧侶及び百姓の男女22人を武蔵国に[7]土地と食料を給付し、生活が出来るよう
>にする。帰化人の総数には日本から新羅に帰化していた倭人も含まれる。また天皇により新羅人の帰国が奨励
>され、半島に帰還するものに対しては食料が配布された。歴史的に残留した新羅からの帰化人は百数十名と少
>なく、多くは漢民族であった。

>持統天皇3年(689年)にも投化した新羅人を下毛野に移し[8]、翌持統天皇4年(690年)には帰化した新羅の韓奈
>末許満等12人を武蔵国や[9]、下毛野国に居住させる[10]。霊亀元年(715年)には尾張国人の席田君邇近及び
>新羅人74人が美濃国を本貫地とし、席田郡に移される[11]、天平5年(733年)[12]。しかし何れの集落もその後断
>絶しており、歴史的資料や他地域への移動も行われていない。

「帰化人の総数には日本から新羅に帰化していた倭人も含まれる。」
「歴史的に残留した新羅からの帰化人は百数十名と少なく、多くは漢民族であった。」

502 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:21:30.73 ID:8otp7pZr0
>>491
京都や奈良の古くから残る地名なんて完全にアイヌ語だよ。
当てる漢字がないという理由で今日でもひらがな、カタカナの地名が残されている。

503 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:21:40.07 ID:HSn/FET90
半島と日本は言語が違うからな
ここんとこ忘れないように

504 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:21:44.15 ID:1A+Ms8ee0
知ってた。当時の日本列島が大陸と南北でつながってたし。北から南から東から西からじゃんじゃん
民族がきた。日本は原始多民族な地域だったことは学問的には当然の話だ。

そうした多民族流入先が日本。最果ての地日本。東は広大な太平洋だからね。まさに極東、最果てだよ。
全ての日本人である我らとネトウヨのおまえらよ、原始日本は多民族であり、故にわれ等は多民族が混血した結果なのだ。

505 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:21:50.19 ID:nFMhedFW0
>>489
日本が倭国を飲み込んだ、と中国の文献にある。壬申の乱とかそのあたりのことかな。

506 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:21:53.74 ID:XCeuoaJn0
クロムメッキとか秦の兵馬俑だけでも
秦・・・もったえねー

漢の高祖のがいらねーぜ

只の土民のろくでなしだし

507 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:22:41.74 ID:ehWJPBYk0
>>500
大陸としてのムーは否定されてるしかないけど
太平洋一体に一つの文明とみなせる文化圏があったのは間違いないと思う
日本人がその文化圏に属していたというのも

猿石とモアイ像やインカの巨石文明の共通点や先ほどのキープなどを考えても

508 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:22:44.40 ID:0wP9n7A50
>>492
夫余族で、恐らく靺鞨系だろ。

509 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:22:45.90 ID:Sm1fp1I20
>>495
勘弁してくれよ

整形しなければ、見れないから整形してるんだろ
またー、うそついてー
ダメだぞ!朝鮮人

510 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:22:51.01 ID:FzEpjx7Y0
>>489
その時代によって倭国を指す位置も違ってきますし、当時に地図はありませんからね
まぁ邪馬台国の時代なら朝鮮半島南部沿岸、金官という場所(?)あたりに
倭人系の狗邪韓国があり邪馬台国に属してました
邪馬台国が九州か畿内かで倭国がどこを指すのか変わってきますね

511 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:23:22.42 ID:NWZtOMdw0
>>498

歴史オタクにはたまらん資料なんだ
あと「一族の「夏」が過ぎた場合、2度と「夏」は来ない」っていう
中国の伝承が身にしみますww 負けっぱ(ご先祖様ごめんよ)

512 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:23:26.87 ID:m9+AD9U/0
>>490
日本は全国どこでも概ねD2>O2b>O3な分布だから
それは単なる思い込みだと思う

513 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:23:29.27 ID:1jT+SaFQ0
まず弥生初期に大陸から日本へ大規模な渡来があったのと
中国の戦国時代とが重なってるんだから
戦国時代に戦に負けて北東まで押し込められた連中が来たって考えるのが普通でしょ
半島経由だったかどうかはさておいて

514 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:23:52.15 ID:CGyWk/5N0
>>251
いや、違うよ
江戸時代初期と明治初期では大きく骨格が変わってる
明治時代と現代でも大きく骨格が変わってる
移民は何の影響も無いよ

515 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:23:54.52 ID:zZHRQaV20
>>472
よく勘違いしてるやつ居るけどモンゴルじゃなくて中国な
遺伝子でも中国人の遺伝子が一番多いし
モンゴルなどの遊牧系は繁殖力が低いから征服しても現地民に吸収されるのが普通

516 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:24:11.81 ID:nZbh3GsQ0
顔についてもし本当にそんな変わりなければ、縄文や弥生なんて関係ないとみんな思う。
だが、実のところ、目の二重と一重は明らかに外見や印象が違うので、多くの日本人はそれを受けて、じゃ自分はどっちだ? ってなる。
そして多くの人が、ブサイクの方の一重=弥生人だと分かったとき、他の要素は縄文でも、もうそれでショッキング状態になり、
このスレように、自己保身や民族正当化の為のたたかいがはじまる。

やはり美の支配は誰も逆らえないんだね。

517 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:24:23.80 ID:GOMZVDx30
>>489
現在の奈良の飛鳥(遠つ飛鳥)は倭京と呼ばれていた
現在の大阪の河内と太子町のあたり(近つ飛鳥)は草香(日下)と呼ばれていた

518 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:24:38.03 ID:DA0qL8d40
>>477
金王朝の時には燕雲十六州の住人が漢人(ただし漢人だけでなく女真なども含む)、モンゴルの元の時は
金王朝の旧領住人が漢人(ただし(ry)というものだったしね。

519 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:24:48.70 ID:XCeuoaJn0
>>510
お前の補完に付き合わない

屑は

自分の国の現実で沈め

お前達の祖先ではない世界があったんだよ

520 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:24:49.35 ID:2qtH1jc60
>>493
根拠はないけどそんな気がするのですね
分ります
僕もそんな気分の時があります
ああ、ひょっとして僕は亡命したロシア貴族の末裔ではないだろうか?
とか

521 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:25:08.23 ID:0lAURr+z0
>>76
それはあんたの想像。
実際には、遺伝的に単一性がかなり高い。
もちろん混血も半分あるが、世界各地と比較すると、単一性はかなり高い。

522 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:25:14.99 ID:hOlF5GKw0
>>487
古くは、縄文時代の朝鮮半島は極めて南部付近しか人が
生活できない寒冷な地であったことが気候変動と一致している
要するに、縄文時代では朝鮮半島北方から移住は極めて薄く、
南部から半島に移住したと考えたほうが自然

従って、日本列島の縄文人が半島南部に定住していたと推論付けるのも妥当

523 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:25:18.56 ID:FzEpjx7Y0
>>491
アイヌ語の痕跡が完璧に残っているのは東北の北部あたり
関東地方にも少しあると言われて、奈良とかまでいくと疑問符がつくかな

524 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:25:38.14 ID:zZHRQaV20
>>483
カタカナで書いたから勘違いされたかな
芸人のさまぁ〜ずな

525 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:25:44.19 ID:vhkxtP6P0
>>509こそが本当のなりすましの危険分子
本当の日本人が駆逐される恐れがある

526 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:26:11.72 ID:CGyWk/5N0
>>254
縄文時代早期の人骨は一重ののっぺり顔
縄文末期の人骨が一番凹凸のはっきりした顔
これは気温と食生活によるもの

527 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:26:13.01 ID:XCeuoaJn0
>>520
比較検証しようか

自費でな

関係なかったらロシアって楽しいと思うぞ

528 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:26:14.10 ID:DxCHWEaz0
>>470
何回も乗ったよ。関空以外、泉南方面に用事は一度もなかったんだけど、
ラピートに乗るのはバカバカしいので、時間の余裕を見て通勤形に乗ったさ。
顔面偏差値はともかく、魔界だったのは事実w
通勤電車の中でタバコを吸い、吸い殻を電車の床面に捨てるオッサンを、生まれてはじめてみたw

529 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:26:23.69 ID:atjXDRDG0
普通南米やオセアニアみたいに移民側に侵略された土地の原住民の男系遺伝子はほとんど侵略者のと入れ替わるんだが
なんでか日本は母系遺伝子が弥生系と大きく入れ替わってるんだよなw

530 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:26:28.11 ID:8otp7pZr0
>>505
それは日本側の詐称だよ。

本当は倭国が日本を飲み込んだのだが、
中国との主従関係を絶ちたかった倭国は日本の継承国家を称して過去の関係を清算した。

それが有名な聖徳太子の信書だよ。

531 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:26:49.65 ID:W+5VKrQ10
鹿児島、宮崎には台湾原住民と同じ土人みたいな顔した隼人の子孫が結構いる。
インドネシアから来たらしいけど、沖縄通り越してなんで九州にたどりついたのか気になる

532 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:26:54.01 ID:BKJk0yBX0
>>523
蝦夷の俘囚が持ち込んだとすれば上手く説明がつきそうだがなあ

533 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:27:11.01 ID:zZHRQaV20
>>490
東北は日本海側と太平洋側で分かれるイメージ

534 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:27:14.74 ID:6ZWbEqQp0
>>513
その帰化人(O系統)が、D2の天皇の家臣になったと考えるのが妥当だろうね。

535 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:27:24.65 ID:HSn/FET90
やっぱ日本語が分からなければ人の流れもわからないよ

536 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:27:31.68 ID:E+FyNU9T0
>>505>>510
そうか。どうも。俺は薩摩人やから大和より熊襲や隼人に興味あるんだよねえ。
他のレスでは南九州人はムー大陸の子孫と書かれてた。今日からムー大陸人の
子孫としてのアイデンティティも追加して生きていくことにする。

537 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:27:36.69 ID:XCeuoaJn0
白起将軍とか萌えるし燃える

538 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:27:51.35 ID:MAWBIBlp0
そして
折を見て、 改造帝国の制服を来て、敵を取り入れたと言うカタチで神像の紋章でも機械的に付け加え
そこでの反逆者において統一者であった
と 改造戦車を乗り回し、 本家と元祖と 元祖天才と改革の鬼 一筋一匹とみんな仲間だ
この六種類のキャラとサブブランド戦略を用意して、
どこでもはいれますよ とやるか、
または、そう言うのを見つけて ソコが版図だった と報告書をまとめれば良いのです。

539 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:27:59.68 ID:FzEpjx7Y0
一つ書いておくと日本語の親戚は琉球語だけ、方言か別の言語と言うかは微妙なところだけれど

540 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:28:22.69 ID:ibF/gb990
>>502
へぇ…知らんかった

言語も「音」と、その「意味」だけに絞ると
偶然かもしらんけど、不思議と共通する物があるんだよね
私、あなた、これ…普段の生活で常用する物は、実は同じ音だったりするから
不思議なもんだ

541 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:28:25.89 ID:9iJLFAaA0
実は太平洋全体の文明の中心は鬼界島にあった
鬼界カルデラ噴火で跡形も無くふっ飛んでしまったのだ

542 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:28:26.50 ID:Z6rXYIdhO
新モンゴロイドは北陸を経由して畿内を中心に増加した
これがナガスネヒコ系列

九州と半島南部は同盟して何世代かを経て畿内に侵入して拠点を作った
これが河内王朝だな

543 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:28:32.71 ID:DA0qL8d40
>>316
>北関東

細貝萌(群馬県出身)
http://livedoor.blogimg.jp/aushio/imgs/d/4/d450e058.jpg
松田直樹(群馬県出身)
http://media.yucasee.jp/uploads/20110804/13124472397c0dfea3fc34533c7e9739f3338d2d3b.jpg
小島伸幸(群馬県出身)
http://iwiz-talent.c.yimg.jp/o/talent/images/talent/201407/18/m07/m07-0501-140715.jpg
山口素弘(群馬県出身)
http://ha-ppy.net/customer/interview/img/p_yamaguchi1.jpg

544 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:28:47.18 ID:8Jo6fheW0
>>471
それ決めてるのは日教組じゃなく文部省

545 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:28:49.13 ID:fGl65tEHO
日本で生まれ育ち何を学んだ?日本で暮らし何を学んだ?
【区別】と【差別】は大きな間違いだ。
履き違えたら正す事は出来ない差別をしたら権力争いが起き
正しい生命が奪われる
正せる生命が奪われる
日本列島と数多い小さい島々
小さい島々には無人島が沢山あるんだ。だけど植物とかいろいろな生命が生きてる。
生命は人類だけに与えられた特権ではない。

546 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:28:51.85 ID:CGyWk/5N0
>>512
O2bじゃなくO2b1な在チョン
ちなみに全羅道はD2とO2b1が1割を超えるけど、これは倭国支配の名残

547 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:29:26.13 ID:MAWBIBlp0

逆に言えば この形が揃ってしまった場合は
あるいは最初からそうで在る場合は パチモンかも と取ります。
あるいは ソコを潜り抜けて残った筋があるかどうか を先ず最初に見ようとするものです。

548 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:29:35.96 ID:ehWJPBYk0
まぁ文法が日本語に似てるとか言われる朝鮮語も
そもそも日本統治時代に文法が無かった朝鮮語に日本語の文法を取り入れて体系化したものだから
似てるのは当たり前なんだが

549 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:30:02.02 ID:XCeuoaJn0
白起将軍には同情しかない

550 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:30:09.24 ID:Sm1fp1I20
>>526
古モンゴロイドにも、2系統
cとdが存在する

そっちのちがいだろ

551 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:30:18.06 ID:E+FyNU9T0
>>517
どうも。専門的過ぎてピンとこないが、ググってみるよ

552 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:30:30.59 ID:FzEpjx7Y0
>>536
熊襲や隼人がどんな言語を話していたのか気になるね
現在の日本語系の言語をはなしていたのか別の系統の言語を話していたのか
インドネシア方向からの文化があったとも聞いたことがありますが

553 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:30:31.19 ID:4qhscfNN0
>>531
確か日本列島に最初に入ってきたのはスンダランドで発生した
ポリネシア系のモンゴロイドらしいな
骨が残っている

九州南部まで進出したがその後、自然災害で日本各地に
散って行ったらしい

554 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:30:37.41 ID:aKhMAnAo0
青森はユダヤ人が多く住んでいた
八戸はヘブライ語で都の意味がある
青森をユダヤに返還するべき
神奈川には高句麗の地名がある高句麗は韓国が支配していた国の名前であり韓国に返還するべき

555 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:30:50.99 ID:LVpXo4nc0
>>498
地方の名家には後漢の霊帝の子孫が多い
江戸時代初期に系図作りが流行したが
源平藤橘に遡れない家の先祖によく使われた
三国時代の戦乱を逃れて来たと説明される

556 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:30:52.48 ID:NWZtOMdw0
>>531

縄文時代の交易ルートが太平洋側だからだと思う
日本海側はほとんど使ってないんだよ

あと、宮崎の方言って九州の音とちょっと違う
なんか訥々と話すから東北っぽく聞こえたんだけど
宮崎の人は1人しか知らないから、その人の個性だったのかもしれんが

557 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:30:52.53 ID:umIPDSy20
一重、一重っていうけど、
完全な一重まぶたは、日本人には少ないって言うよ。
一見一重っぽく見える奥二重のほうが、多い。
(二重の幅が2ミリぐらいとかの。)
だから、タレ目が多いんだよね。

558 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:31:12.99 ID:DA0qL8d40
>>502
13世紀に成立した集団名のアイヌをそういう風に不用意に使うのはいかがなものか?

559 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:31:41.60 ID:ssChUKvZ0
>>489
倭はすなわち矮小の矮

海の向こうのちっせー国って大陸側の蔑称みたいなもんであってそんな国はない
しいて言えば九州とか本土とかみんな一括りでの呼称

感覚的には日本列島にあったクニが参加するNATOとかEUみたいなもん

560 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:31:45.76 ID:6ZWbEqQp0
韓国人のファンタジーなんて無視して、

高天原の場所と、邪馬台国の場所の議論しようぜ

俺の推測

邪馬台国=大和国

高天原=東日本(千葉県、茨城県)

561 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:31:48.19 ID:DxCHWEaz0
>>523
だいたい、石巻と酒田を結ぶ線より北側では、
北海道のアイヌ語地名と明らかに同類の地名が、はっきり濃厚に分布してるよね。
このラインは、奈良時代に、南下する続縄文系と北上する朝廷勢力が接触したポイント。
つまり、平安以前の蝦夷は、考古学上の続縄文文化の担い手で、
彼らはアイヌ語に近い言語を母語としていた可能性が高い。

ところが、仙台・鶴岡より南では、アイヌっぽい地名はぴたっと無くなる。
意外なんだけど、福島県あたりになると、北方との関係は殆ど無い。

562 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:31:53.46 ID:8otp7pZr0
>>523
こらこらw
奈良県のキトラ古墳すら知らないのか?
この手の地名は京都や奈良には沢山あるぞ〜。

※ちなみにキトラはアイヌ語で「球根」という意味。

563 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:31:57.70 ID:LttZ6fP2O
そもそもなんで縄文人=濃い白人顔
みたいな間違ったイメージが付いちゃったんだろ?
シベリアにいる古来日本人の類縁民族は澤さんとか浜ちゃんみたいな顔ばっかだけど

564 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:32:20.73 ID:ibF/gb990
>>548
只、文法自体で言うと「英語・中国語の文法」とはかけ離れていて
日本語はモンゴルのそれに近いんだそうだ

なので、半島を経由した可能性もやっぱり否定できないとは思う

565 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:32:38.12 ID:0wP9n7A50
>>522
北方にいた連中が食い詰めて南下したということもある。

566 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:32:49.92 ID:FzEpjx7Y0
確か鬼界カルデラの大噴火約6300年前(7300年前という説もある)で九州の縄文人絶滅したんだっけ
怖い話だ

567 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:32:57.73 ID:ZSX7gtSh0
>>6
弥生人が半島経由で来たという証拠はない。
河南から直接北九州に来たと言うのが有力。
ちなみに日本から弥生人が半島に渡った証拠は沢山ある。

568 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:33:02.84 ID:BKJk0yBX0
>>556
南九州あたりの鈍りは北東北の鈍りと似ているよ
柳田の蝸牛考みたいな感じ

569 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:33:15.12 ID:4qhscfNN0
>>563
日韓同祖論が諸悪の根源

570 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:33:27.48 ID:DA0qL8d40
>>559
倭の字には矮小の意味はないが?
ちゃんと調べた?

571 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:33:29.54 ID:Dvjw3kT+0
>>544
日教組の圧力に屈してる文部省だろ?
文部省絶対なら国民で選挙でどうにかなるわ。

572 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:33:31.85 ID:ThR0nEKm0
>>560
その前に
君の中で国譲り神話てどういう解釈なの

573 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:33:43.65 ID:CGyWk/5N0
>>550
縄文時代早期の人骨は一重ののっぺり顔
縄文末期の人骨が一番凹凸のはっきりした顔
これは気温と食生活によるもの

同一地区の戦乱の後がその期間見られない集落でも
時代が下るにつれ顔の凹凸が大きくなり眉骨や顎が発達する
主に食べ物の影響で気温の影響もある

574 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:33:52.19 ID:nVqBy0Dl0
倭国の時代はヤマト王権はないからな邪馬台国もヤマト王権ではない
卑弥呼という占い師が力のあった時代
話してる言葉じたい、今の日本語とかけ離れたものだろう。

575 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:34:04.43 ID:NWZtOMdw0
>>555

うちまさにそれw
>三国時代の戦乱を逃れて来たと説明

本当かどうかは不明だけど、面白いよ、家系図と歴史のすりあわせ

576 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:34:17.52 ID:FzEpjx7Y0
>>562
北浦がなまったんじゃないの

577 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:34:24.28 ID:DxCHWEaz0
ID:8otp7pZr0は、大三元氏のサイトに溺れすぎw

流石に、西日本の地名まで、何もかも全部アイヌ語に結びつけるのは、彼くらいしかいないよ。
読み物としては面白いが、現実問題としては、いくら何でも無茶ぶりすぎる。

578 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:34:29.30 ID:4qhscfNN0
>>566
それだったかな

日本のポリネシア系が散り散りになった理由

579 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:34:33.63 ID:ehWJPBYk0
>>559
当時の日本語を漢字に、しかも悪意を持って転写しただけだろ
ワとは私という意味

そもそも唐代でさえ日本のことを相当の大国として
かなり過大評価してるレベルで誤認してたのに

580 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:34:50.91 ID:hOlF5GKw0
>>566
そうだね、そういう気候変動、地殻変動を考慮にいれなきゃ、話にならん

581 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:34:57.10 ID:vhkxtP6P0
縄文人→弥生人流入→朝廷侵攻とすると戎夷ってのは縄文と弥生の混合?
それにしては縄文色が強いような気がする

582 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:35:11.44 ID:Sm1fp1I20
>>545

履き違えたら正す事は出来ない差別をしたら権力争いが起き
→覇権、権力主義
正しい生命が奪われる
正せる生命が奪われる
→暴力主義

差別はこれらの発動の大義名分と言う名のエゴ的正義な

583 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:35:15.29 ID:nVqBy0Dl0
現在の都道府県の基礎は江戸時代

584 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:35:32.27 ID:GOMZVDx30
>>542
朝廷は日下と倭の連合政権だろうな
海を抑えてる日下と盆地を抑えてる倭と
地理的に背中合わせなのでどちらが欠けても対立しても成立できない

585 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:35:36.96 ID:DA0qL8d40
ここでアイヌ語がと言っているのは、アイヌが複数の部族の集合体でそれぞれの部族で言葉に
差があったという話を聞いたことがないのか?

586 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:35:44.63 ID:0rVbtj0vO
かつては南朝鮮と北の九州は同じ海洋国家で貿易も盛んで同じ文化、同じ言語もあったらしいな、大和朝廷が統一する前だけど。

587 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:36:01.27 ID:qSW36f720
>>533
日本海側は青森の日本海側しか行ったことがないがハッキリした顔が多かったね。鼻筋が強く眉骨があってエラが張った四角い顔をしている。

鹿児島は鹿児島市内と薩摩半島側しか行ってないが顔がノッペリした人が多い。体格は華奢、若い女性は色白。

先天的なDNAの特徴に気候が影響するんだろうね。

588 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:36:25.05 ID:ssChUKvZ0
>>560
邪馬台国=八幡平
高天原=タタール族の土地

589 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:36:58.30 ID:FzEpjx7Y0
>>570
かもね。
だが当時の中華思想の人間が倭という文字に良い意味を込めたとは思えんのだ
卑弥呼とか奴国とか倭人が住んでた狗邪韓国とか明らかに舐めてる
モンゴルだったら匈奴とかね

590 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:36:58.90 ID:HSn/FET90
日本語ってホント変わってるからなぁ
なんと言うか魔法みたいな言葉
噂からすると、ドイツ語もそんな感じらしいが

591 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:37:14.84 ID:zZHRQaV20
確か高知の四万十川もアイヌ語由来説があるらしいからな

592 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:37:22.79 ID:3E4gCinb0
日本人はDNAレベルで見ると凄まじい混血民族なんだよ
島国なのにDNAが偏って染色体が暴走しなかった理由でもあります

また、チベット等に見られる日本人のDNAが、数百年前にサムライが移住したスペインでは確認出来なかったこの不思議さ

593 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:37:24.15 ID:8Jo6fheW0
>>571
バカ?

四大文なんてのは東大閥の残滓で
文部省が残そうと必死なだけ

なんでも日教組持ち出せばネット支持されると勘違いすんな

594 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:37:33.48 ID:E+FyNU9T0
>>559
>>倭はすなわち矮小の矮
これ本当か?わたしの「わ」じゃねえの?福岡辺りじゃ「わし」、
鹿児島は「わい」標準語で「わたし」
倭人の自称から倭国と思ってたけど。

595 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:37:47.04 ID:ekDStCde0
ラテン語も日本語と同じ膠着語だった気がする

596 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:37:57.77 ID:8otp7pZr0
>>546
倭国支配の名残っつか、日韓併合で70年前まで日本の一地方だったわけで。
台湾もだけど・・・

支配していた側は忘れやすいのかもな。

597 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:38:10.37 ID:MAWBIBlp0

このやり方の問題は そもそも多重言語矛盾なので
言語崩壊する所から始める未来だと言う点です。
パチモン というところが肝で
オリジナルが他にある というところで崩壊します。
盗む のっとる ならいいのですが。
比較できないように オリジナルは残さない。
この場合しかなく その場合はオリジナルとしてしか事実上のこりませんから。
最も問題なのは この言語崩壊過程がきわめて緩やかであるか循環する性質を持ち
延々と生殺しで続くことの 本家である。
という場合です。
これは原罪的状況とも言われる事がありますが、ココをどこまで広範囲に広げる事を追及できるか
の本家で在る場合です。
コレは追及以前に 最初で終わっているので、それでよかったな になるはずなのですが
矢張りやめよ との循環が生じる その本家である場合。
コレをどこまで延長できるか というモラトリアム延長の本家というオリジナルである場合。
ならない というカタチでパチモンに抑える という事の本家 の場合ですね。
二匹目の泥鰌狙いと申します。

598 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:38:16.80 ID:zZHRQaV20
>>563
一番D2濃いアイヌがそれっぽい顔多かったからでは

599 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:38:38.09 ID:s4rsnha40
つまり、縄文人種は一種類じゃなくて、北縄文人種と南縄文人種の二種類が居たって事か。
弥生人や渡来人も合わせれば、日本人種は最低でも5種類以上は居るって事なのかな?

600 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:38:52.02 ID:atjXDRDG0
今の韓国の大統領みたいなみごとな朝鮮顔は日本にはなかなかいないぞ

601 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:38:55.89 ID:ehWJPBYk0
>>589
そこが中華のいやしい所
ただの荒れ地の領主に過ぎない癖に世界の中心と思い込んでる所が

602 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:39:20.30 ID:ekDStCde0
>>592
それってどういうこと?

603 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:39:31.17 ID:CGyWk/5N0
>>559
倭は曲がりくねるという意味で、矮小なんて意味は無い
デマ垂れ流すのは母国でやれ

604 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:40:18.61 ID:DA0qL8d40
>>557
>一見一重っぽく見える奥二重のほうが、多い。

一重の典型のように言われる能面も実際はそういう表現だよね。
http://nohmask21.com/onnakei/oumionna2.jpg
http://www.the-noh.com/jp/sekai/img/mask02.jpg
http://www.museum.or.jp/uploads/topics/topicsd34f29c6096ce7c57723552cb2ffe4eb.jpg
http://cache5.amanaimages.com/cen3tzG4fTr7Gtw1PoeRer/22806000028.jpg
http://noh-kyogen.org/cms/images/noh-mask.jpg

605 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:40:36.51 ID:vhkxtP6P0
「倭」が蔑視用語なんてのは常識だろ
気にしてる日本人はいないと思うがw
5世紀の歴史すらまともにわかっていない文字がなかった日本など、それよりはるか
以前に詳細な記録を残していた中国から見れば東夷そのもの

606 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:40:38.34 ID:aKhMAnAo0
日本の神話にまつわる壁画には朱雀玄武白虎青龍が描かれているが韓国神話では朱雀玄武白虎青龍を方角を表す意味と守護神の意味がある

日本の天皇の先祖にあたる天照大神は韓国の韓神を意味していおり

日本のルーツは韓国にあると断言できる

日本に現存する4種の神器は日本技術では作ることは不可能
韓国の技術を使ったとしか考えられない

607 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:41:02.54 ID:FzEpjx7Y0
>>591
言語はいかようにでも当てはめれるからな
アイヌ語が東北地方に多く残されているのは事実と認められているようだが

608 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:41:17.15 ID:zZHRQaV20
>>601
当時は文化的に周辺国を圧倒してたからそういう思想が生まれても仕方が無いのな
ギリシャやローマもそういうところあったし

609 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:41:24.55 ID:Dvjw3kT+0
>>593
無知ですまなかった。あらためて
なぜ文部省が4大文明を残すことに必死なのか教えて欲しい。

610 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:41:43.54 ID:HSn/FET90
韓国神話www

611 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:41:54.65 ID:Sm1fp1I20
>>573

気候変動によって食性の変化があっただろうが
食性の変化で、そこまで変わるという資料でもあるのか?

逆なら理解できるのだが
顔の筋肉が発達するようなほどのものがあったと?

612 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:41:55.12 ID:6ZWbEqQp0
>>572
国譲り神話は

豊葦原(島根県)自治区の大国主が

高天原(茨城県)から派遣された高天原軍に

豊葦原の自治権を譲渡した

613 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:42:29.26 ID:DA0qL8d40
>>589
「魏」

この字を見てどう思う?

>>592
中国(漢族)や朝鮮人の方がDNAレベルでは多様だよ。
逆に日本人は今まで言われていたのより少ないという話。

614 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:42:46.06 ID:NWZtOMdw0
>>604

うお!
気付いてなかった…
二重なんだなあ

615 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:42:54.76 ID:ekDStCde0
>>554
いや、高句麗があるのは埼玉でしょw 高麗だったかな?

616 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:42:55.21 ID:fGl65tEHO
>>582
権威と権力は意味がちがう

617 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:43:05.42 ID:FzEpjx7Y0
>>606
4種の神器???

まぁどうでもいいはなしだが実際は三種の神器ではなくて二種の神器だったという話もあるね
日本書紀の記述が由来だったかな

618 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:43:15.55 ID:LttZ6fP2O
>>585
アイヌ諸部族が団結できなかったからコシャマインは和人にボロ負けしたって習ったな
道北にはウィルタも住んでたらしいからこの辺の民族関係は興味深い

619 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:43:29.26 ID:5zwd4MPI0
自分の血に誇りを持てよ
和人は和人を誇りに思えばいい
アイヌはアイヌを誇りに思えばいい

620 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:43:30.70 ID:CGyWk/5N0
>>596
半島中部の漢城周辺や日本海側の地域には1%にも満たないんだよね
全羅道と慶尚南道に突出して多い、要するに任那の在った地域

621 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:43:55.26 ID:BKJk0yBX0
>>615
神奈川という地名の由来がたしか高句麗にいきつくという話だったはず

622 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:44:37.61 ID:4qhscfNN0
>>619
持ってるからこんなふうに議論になるんだよね

623 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:44:44.03 ID:ehWJPBYk0
>>608
まぁ大国のように見せかけないと
すぐ侵略されて戦争状態になるからな
虚勢でもそう言わないとならなかったんだろ
そういう意味じゃある意味可哀想な国だ

中国やら中華やらまるで文化と世界の中心で軍事大国のように言ってるけど
実際には小国が小競り合いを延々と続けてる
土地も痩せて水も少ない広大な荒れ地があるだけ、というのが中国の本当の姿

624 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:45:04.57 ID:Z6rXYIdhO
下戸が半島から九州を経由して畿内に来たじゃなくて
最初から畿内を中心に北陸経由から来てたと

むしろ九州から熊襲の血の濃いのが酒に強かった
のがやって来たと、これが八幡なんだな
つまり酒呑童子のが八幡の子孫だったけど
話が捻れてるんだろう

625 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:45:25.35 ID:atjXDRDG0
朝鮮族と漢族の男系遺伝子はほぼおんなじだろw

626 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:45:42.95 ID:ZNRBlGrs0
http://pbs.twimg.com/media/BHxsE2MCYAAiUBI.jpg

627 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:45:47.55 ID:DA0qL8d40
>>607
アイヌには交易をしていた部族もいて、仙台藩の史料にはアイヌが不法拠点を作ると書いてある。
蝦夷も津軽は特にだが地域で違うものだったりした。
その津軽も渡島の擦文文化人とは別の集団だった。

628 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:45:51.76 ID:Sm1fp1I20
>>592
遺伝子の意味わかってないな、オマエ
ダメじゃん

629 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:45:53.28 ID:ekDStCde0
>>599
でも数千年前の九州の火山大噴火で西日本に住んでた縄文人の多くは死亡したはず

630 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:46:10.38 ID:CGyWk/5N0
>>605
東夷でも各々扱いが違うよ

倭人→金印
満族→銀印
韓賊→銅印

631 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:46:27.23 ID:FzEpjx7Y0
>>613
蔑称なのかもしれませんね
なぜそのような感じを付けたのか気になるところです

632 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:46:33.49 ID:NWZtOMdw0
>>605

「倭」と「矮」が同じってのはこじつけらしい
中国だと発音も違うらしいよ
そもそも当時の漢字はエジプトで言う象形文字、偉い人しか使えない
大事な文字だから、そんなおかしな間違いはしない
当時の中国人も「倭」には比較的敬意を払ってたと推測されるとか

これは確か中国の学者さんが言ってたと思う

633 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:46:55.66 ID:3E4gCinb0
>>602
混血民族のDNAは現地人に馴染むってこと
チベットの今の人達は、ただ単に日本に来なかったその土地の原住民てこと

あと中央アジアには日本人顔の連中が沢山いる

634 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:47:29.46 ID:CGyWk/5N0
>>611
栄養状態が良くなって骨格が発達した

635 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:47:40.02 ID:ssChUKvZ0
>>579
唐代でさえって、隋辺りから国民総出で金箔大仏とか作って見せてハッタリかまし倒した後だろうよ

邪馬台国は言わずもがなトヤ国、ナ国、イト国と少なくともクニの体裁をとっている多数の国があって

大乱を経て合議的に邪馬台国の女王を議長なのか巫女なのか知らんが祀り上げたというのが
倭国の骨子であって特定の地域じゃないのは確かだと思うけど?

636 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:47:52.02 ID:0rVbtj0vO
戦争で疲れた孔子も戦乱のない東夷に行きたいと言ってるでわないか、日本は多民族国家だよ。

637 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:47:54.05 ID:0JxhZPkq0
朝鮮半島からの流入は百済が滅びた時と併合時代ぐらいなもんだろ

638 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:47:58.83 ID:BKJk0yBX0
>>633
いまの日本も朝鮮もルーツは中央アジアだと思うわ
確証はないけどな

639 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:48:14.20 ID:zZHRQaV20
>>623
今の中国のイメージが悪いからって古代中国も悪く言いすぎだろw
戦争弱いのは納得するけどw

640 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:49:00.93 ID:6U79R5Io0
縄文顔はイケメンで現代人に人気があるが、縄文人は列島に住み着いて1万年
以上もの間殆ど発展性の無い生活をしている。要するに低脳劣等民族とも言える
だから薄い顔立ちの弥生顔の人は悲観する必要は無いだろう。

641 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:49:05.47 ID:4qhscfNN0
>>629
その後、九州南部と同じ土器が日本列島各地で発見されていることを考えると
大部分は散って行っただけだろうね

642 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:49:21.70 ID:aKhMAnAo0
韓国起源の文化

八卦という中国や台湾で使われる占いがあるこれも韓国発祥

囲碁という戦略性の高い遊びがある
大韓帝国がいかに優れていたかわかる文化の一つ

韓国は囲碁世界一

643 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:49:36.32 ID:ehWJPBYk0
>>632
敬意は不明だけど
日本のことを相当恐れていたのは間違い無さそう
日出国天子という向こうにすれば極めて無礼な国書を貰ってそれでも戦争にならかったのは
日本の国土を唐の国土よりも遥かに大きいと見積もっていたから、という説もあるし

結果的には天皇を名乗るにふさわしい大国と認めざるを得なかったのだろう

644 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:50:47.98 ID:4qhscfNN0
>>640
中国からの技術を受け入れて発展したからな

文明とはそういうもの

最初の文明であるシュメール文明から世界中に伝播して
様々な文明ができた

その一端が日本列島にも来たというだけの話

645 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:50:54.63 ID:CGyWk/5N0
>>638
確証が無いんじゃなく、間違いな
どちらも東南亜から南回り、時代によって直接来たのと中国から満洲通って迂回したのとがあるだけ

646 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:50:57.13 ID:gz6sXkcC0
約2万5千年前でアフリカからでて2万年くらいしてたどり着いた
まあ漁労で流されて生き延びたのでは
いまの大陸系とは別系統

647 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:51:18.37 ID:DA0qL8d40
>>631
「魏」は元は「巍」で高い山。
その自分のイメージと違うだろ?
調べず印象で語るのは危うい。

648 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:51:27.67 ID:FzEpjx7Y0
>>633
ただチベットはD1D3、日本はD2かなり離れてるといえば離れてるんでしょうけどね

649 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:51:29.14 ID:MAWBIBlp0
>これは原罪的状況とも言われる事がありますが、ココをどこまで広範囲に広げる事を追及できる

か  の本家で在る場合です。

原 の意味は はじまりでありコレは初点 という「点のイメージで捉えようとする場合であれば」
これは ミクロ的イメージとなります。

『ココをどこまで広範囲に広げる事を追及できるか』
この意味は、上記のイメージ前提が前提される場合であれば、次のようになります。
「点であるミクロ点イメージを 範囲、マクロイメージよりに「同一化」できる状態を普遍化する。」場合を考える。
つまり
ミクロ点 としてのミクロコスモスを、マクロコスモス のイメージと同一視する態度の追求
これは 同一状況の完全同一の継続 という場合です。
コレは物理学の基本モデルです。物に関わる。

始まり の意味が初点 と その本質はじまりαの継続+χ という意味であれば、+χが含まれますが、
ここで
χが現前であり 本質としての現前のもの 変数+α と書き換えた場合と 考えても良いと思われる。

よく +αは+xの書き間違いだった なんていいますが、アレは精密で α+χ を χ+α に置き換えた記法の場合を算術記号と勘違いしたのだろうと私は思っています。
>文理系

いぢゃふ (・∀・)・

650 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:51:44.01 ID:0j8X2ohh0
>>606
まず、朝鮮人と古代の三韓は何の関係もない。

日本は古代半島と密接な関係にあったが、その日本の神話「古事記」のなかに、
朝鮮人のルーツである北方狩猟民族系の信仰(チャンスン、ソッテなどのトーテム信仰他)
が全く記載されていない。
また、朝鮮語と関係がある言葉も全く記されていない。

三種の神器は古代海洋民族の安全航行の護符がルーツであり、それは「古事記」に記載されている。
天皇家は稲魂を祭る南方海洋民族の末裔であり、朝鮮人とは何の関係もない。

シベリアで原始的な狩猟生活をしていた朝鮮人が半島へ南下してきたのは、早くても古代の最末期以降であり、
日本やシナを先生として文化を学んだが、低脳なので大切なものを幾つも取りこぼしている。

朝鮮人と日本人は完全な他人。
朝鮮人が、その汚い遺伝子を日本にばらまき始めてから、まだ100年しかたっていない。

651 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:51:59.32 ID:BKJk0yBX0
>>645
マジか。
ソースある?

652 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:52:14.14 ID:Sm1fp1I20
>>616
権威(けんい、英語: Authority)とは、自発的に同意・服従を促すような能力や関係のこと。
威嚇や武力によって強制的に同意・服従させる能力・関係である権力とは区別される。

方法はちがうだけで、相手を服従させようとする行為において
広義においては「服属零下」を企図することとしては同じと考えられる

653 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:52:27.78 ID:umIPDSy20
>>604
うん、こういう二重のヒダが浅い人もいるね。
あと、二重の幅が狭くて、目を開けてる時には一重に見える奥二重の人が結構多い。

654 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:53:03.57 ID:ehWJPBYk0
>>639
なんとなくあれだけ広大な土地でたくさんの国を屈服させて一つの国にまとめてるから
すさまじい強大な国ってイメージがどこの国にもあったのだろうけど
実際他の地域から攻められたらあっさり負ける
西洋列強には言うに及ばず文化的には遥かに劣ってるはずの遊牧民にもボロ負け

中国史は過大評価されてる
徹頭徹尾瀕死の病人だった

655 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:53:10.84 ID:nZbh3GsQ0
>>573
骨格が食生活で変わるなんて愚論そのものだな。
それだったらそこらじゅうでそんな現象が起きてなきゃいけない。
それになんで縄文初期はのっぺり一重だったていうソースはどこだ? 言葉の綾だったらそれにはちょっとひどすぎるぞ?

656 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:53:29.40 ID:CGyWk/5N0
>>642
八卦が出来た頃、半島には未だ稲作すら無かったのが現実な

657 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:53:53.07 ID:NWZtOMdw0
>>642

あのさあ、俺は朝鮮そのものは大嫌いだけど
お前ら もとい 半島に住んでる人達が努力して勝ち取った成果は
素晴らしいもんだと思ってる
なのに何故起源はワレとかいう戯言を唾飛ばして喚くの
そこが一番劣等意識を感じて気持ち悪い
若い国なんだから、劣等感なんか持たずに頑張れば良いだろ

658 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:54:04.32 ID:tQJZIIaK0
弥生人=挑戦人

659 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:54:08.94 ID:4qhscfNN0
>>643
奇しくもそこで重要になってくるのが「朝鮮」なんだよな

朝鮮は強い国家でもなく、文化的に優れてもいないのに
生き残ってきたのは理由がある

当時、東アジアで最も強力な国家は日本と中国だった
その緩衝国として存在したのが朝鮮

日本がなければ朝鮮は中国に統一されていただろう

今も昔も変わらんよな

660 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:54:11.24 ID:MAWBIBlp0
12 4 241
http://up.mugitya.com/img/Lv.1_up48241.jpg

661 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:54:11.94 ID:zZHRQaV20
>>640
縄文系 容姿いい 性格いい 頭悪い 臭い 運動能力高い
弥生系 ブサイク 陰湿 頭いい

どちらも一長一短あるから混血して最適化するのがちょうどいい

662 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:54:24.76 ID:DA0qL8d40
>>635
倭は珍しい貴重なものが多く、百済や新羅も倭を大国として敬うということが隋書に書かれている。

663 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:54:43.55 ID:FzEpjx7Y0
>>647
ありがとうございましたかなり勉強になりました
当時は良い意味だったのですね同じ中華なので蔑称を付けるはずもないですか
でも中華思想の人間が東夷に対して蔑称を付けないとは考えにくいですが
絶対ではないんでしょうが

664 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:55:16.68 ID:Sm1fp1I20
>>636
遺伝子調べればわかることなのに
なにをやってるの?
アホな子?

665 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:55:26.88 ID:aKhMAnAo0
韓国は天文学が発展しており星座から1年単位を作り太陽と月から時間という単位を作り出した

666 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:55:26.73 ID:zZHRQaV20
>>654
評価されてるのは殆ど思想や文化だから戦争弱いのは別にどうでもいいんでは

667 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:55:31.29 ID:3E4gCinb0
>>628
遺伝子で日本民族をくくれんから縄文人や弥生人が出て来てんだろ
ほんで科学技術が進んだら縄文時代と弥生時代の区別が難しくなってドツボにはまっとるわな

日本民族は混血民族なんやから当然やで

668 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:55:37.60 ID:DxCHWEaz0
>>579>>635
大国と思われていたかどうかはともかく、

「遠路ばるばる探検するに値する、興味深い国だ」

と思われていたのは事実。魏の「東方探検」は、漢の「西域探検」の模倣であるという指摘がある。
漢の大月氏に相当するのが、日本の邪馬台国になる。
もちろん、魏には、月氏と匈奴にまつわるような因縁はないが、
公孫氏の問題もあり、探検することには、当然政治的意味があった。

669 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:55:49.32 ID:qUz+yZQY0
皇室の先祖は九州あたりの土豪だろ。
オカルトとか推理小説とか皇室を日本人以外の何者かにしたがるよね。

670 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:55:59.11 ID:hOlF5GKw0
>>595
そうです、ドイツ語も膠着語
むしろ、中華語や英語のほうが特殊で
膠着語が圧倒的に多い

671 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:56:05.11 ID:CGyWk/5N0
>>655
新潟大学の教授だか准教授の発表した論文だよ
オマエの願望と現実が異なる事を受け容れないといけない

顔の骨格は江戸時代初期と明治初期で大きく変化し
明治時代と現代でも大きく変わってる

672 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:56:20.89 ID:7X41IbjFO
お前ら>>105をちゃんと胸にきざめ

673 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:56:21.93 ID:GOMZVDx30
>>643
100%倭が蔑称なら徐福伝説は生まれてないかもな
東方の三神山 蓬莱・方丈・瀛州(日本)

674 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:57:39.74 ID:ehWJPBYk0
>>659
地政学上重要だったからこそ
他の土地で暮らせない難民みたいなのが集まってきた
遺伝子がどうこうというよりも立地上呪われてるんだよ
文化も文明も誇りも尊厳も何もかも奪われてそれでも死ねないような残りカスが逃げてこれる唯一の場所
だからこそ今の朝鮮人が居ない時代でもあの土地に居た人間やってることは今と変わりがない

675 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:58:06.25 ID:ibF/gb990
>>605
あー…いやいや
中国の皇帝に援助を求めた際に、当て字としてつけられた漢字には
侮蔑の意味があったのかもしれんが
本来(つまり日本側からの視点では)は「私の国」だったんでしょうね、って事なんだと思うよ

676 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:58:16.01 ID:Sm1fp1I20
>>667
はー

父系遺伝子のy染色体で混乱とかあり得ないのだが

混乱してるのはミトコンドリアの方か?

677 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:58:18.75 ID:nZbh3GsQ0
>>604
そのとおり、能面って奥二重の人をモチーフにしてて、
下から見れば二重の人のように穏やかに見えるけど、
上から見れば一重の奴のように怖く見えるという、表現したものじゃないのかなって思うよ。 不思議な神秘現象だ!ってことでね。

678 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:58:41.30 ID:5zwd4MPI0
大陸ではチベット人、ブリヤート人、ハニ族は日本人に近い顔してるな

679 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:58:50.30 ID:GOMZVDx30
>>674
秦の難民が半島に逃れたという話もあるな

680 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:59:00.05 ID:S6FHYSNQi
自称保守の溜まり場になってるな

681 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:59:11.64 ID:6ZWbEqQp0
今で言うと

大阪都が豊葦原で

東京都が高天原

大阪都も東京都も日本国

682 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 02:59:20.01 ID:FzEpjx7Y0
>>669
現在の天皇と血が繋がっているかは別として
当時は有料豪族の合議や持ち回りで決めていたと言う話もあるので…置いといて
大和の豪族が天下を取ったと思いますね

683 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:00:08.51 ID:atjXDRDG0
江戸時代から百年そこそこで変わった日本人の体型に比べたら
縄文から弥生の変化なんて誤差みたいなもんだろw

684 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:00:12.23 ID:z9wQw+kz0
>>650
高句麗や、親戚の百済の支配者階層は間違いなくそうなんだろうが
新羅の方もはっきりしてるの?
まぁ大国唐の英君李世民と軍事国家の日本を手玉にとって
朝鮮統一を目指した金春秋とか
今の朝鮮人からは確かに創造しがたいが。

685 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:00:29.09 ID:fGl65tEHO
>>652
権威者は権力者を越えられない何故なら権限がないから。助言をし手助けはできる。
権力者は権威者を越えられない何故なら服従しなくてはならないから。

686 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:00:49.83 ID:0j8X2ohh0
弥生人≠朝鮮人

弥生人は南方から稲を持ってきた海洋民族。

三面を海洋に囲まれた温帯半島に住んでいるのに、朝鮮人は水泳や沐浴の習慣を持たず、
農業が極めて稚拙で、林業という文化を持たず、山の木々を乱伐して自ら洪水を
招いていた。
どう見ても、もとから、あの半島にいた民族ではない。

687 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:01:04.46 ID:htE/W8Xq0
802 マンセー名無しさん[sage] 2014/01/03(金) 16:40:56.15 ID:zjQbHzFj

http://www.youtube.com/watch?v=l4swAYIl7lc
山形明郷先生講演会(1)

http://www.youtube.com/watch?v=4PybWxLb2kI
山形明郷先生講演会(2)

http://www.youtube.com/watch?v=ciKX5gVEqTE
山形明郷先生講演会(3)

http://www.youtube.com/watch?v=iK2cKMDiISo
山形明郷先生講演会(4)

http://www.youtube.com/watch?v=aut1de_A1Ps
山形明郷先生講演会(5)

688 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:01:10.29 ID:E+FyNU9T0
>>669
3世紀以前の古代を扱うと、日本人て概念自体が
あいまいなんだよ 

689 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:01:15.93 ID:aKhMAnAo0
黄金の島と呼ばれていたが何もない日本

690 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:01:51.03 ID:NWZtOMdw0
>>663

邪馬台国の台も正確には「臺」で
これはうてなとか高いところ、神聖な場所って意味を持つ漢字で
やっぱりちょっと敬意がある、らしい

三内丸山の巨木遺跡とか、出雲の巨大社とか、
巨木文明の影響なのかもしれんね

691 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:02:06.06 ID:DxCHWEaz0
>>643
恐れてたというより、地理的に手が届かなかったから、掃除夫を送ってごまかした。
中華皇帝は、建前では全世界の支配者だから、「手が届きません」はなによりまずい。

白村江の後で、大唐帝国が結構な数の使節、つまり外交監視員を日本へ送り込むが、
あれが、中華帝国の日本への干渉としては、空前絶後であって、
つまり、筑紫の水城は、「東のタラス河畔」だった。
中華勢は、最盛期大唐帝国という空前絶後の勢力を誇る王朝を持ってしても、これ以上来られない。

692 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:02:10.86 ID:/d4F0sXj0
>>595
>>670
デタラメもいい加減にしろ。
ラテン語とドイツ語は、完全な屈折語だよ。
名詞も動詞も格変化するじゃないか。

英語は、古英語は屈折語だったが、中世以降に孤立語化しつつある。

693 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:02:13.06 ID:8otp7pZr0
ま、ここでは縄文人だの弥生人だのスケールの小さい話になっているが、
最近の研究でホモ・サピエンスが滅ぼしたとされていたネアンデルタール人が、
実は同化しただけだったことが解明されているからな。

更に最近の研究では人類の祖先は猿ではなく、豚であるとも。

694 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:02:17.68 ID:ssChUKvZ0
>>647
そうそう、三国志が書かれたのは西晋代だからな潰れてった他所の国に立派な名前なんて与えんって事だよ

曹操も大概な扱いな訳だし

695 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:02:22.79 ID:S6FHYSNQi
九州と畿内の愛郷者
ネトウヨ・ブサヨ
東(西)日本至上主義者

こういう人々が願望と事実の区別をつけられるならもっと有意義なスレになりそうなんだがな

696 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:02:35.73 ID:W066D7A20
でも DNA で言えば 日本人 倭人 の 祖先は 西南アジア  今は イスラム教 の地域 由来だとか?


今は イスラム教 だけど?2000年くらい前には イスラム教は 存在してない!

だから、中央アジア と言われる 地域の人々が! 中華の南はじ をたどって  ベトナム近辺から

日本列島に漂着 し! それも 九州 に上陸し!!


沖縄人と アイヌ人という 南北の原住民を追い立て 日本を確立した!  とも言える!!

697 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:02:46.65 ID:BVI8GETK0
 ┌─────┐
A00      A01234
   ┌────┴──┐
   A0         A1234
      ┌─────┴──┐
      A1          A234
          ┌─────┴──┐
          A23        A4=BCDEF
       ┌─┴─┐  ┌─────┴──┐
       A2    A3   B           CDEF
                     ┌─────┴──┐
                     DE            CF
                  ┌─┴─┐   ┌───┴─┐
.                  D     E    C         F
            縄文・琉球・アイヌ              │
                                  GHIJKLT
                       ┌─────────┴─┐
                      G               HIJKLT
                         ┌─────────┴─┐
                          H               IJKLT
                            ┌─────────┴─┐
                            IJ                KLT
                         ┌─┴┐   ┌───────┴─┐
                          I     J   LT              K
                                ┌─┴─┐   ┌────┴──┐
                               L     T   MPS          X
                                       ┌─┴─┐       │
                                      MS     P       NO
                                          ┌─┴─┐ ┌─┴─┐
                                          Q     R  N     O
                                                       弥生

698 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:03:08.30 ID:pc/Uqrs20
朝鮮半島言ってるバカが居るが
当時は氷河期で海水面が下がって
黄海も東シナ海も全部大陸で朝鮮半島なんてなかったからな
後に朝鮮半島になる地域は当時人間の寄り付かないユーラシア大陸東端の山岳地帯だからな
寒い北方の北海道や樺太や本州北端は全部氷河期で海面が下がったり凍りついたりで
陸続きになって日本半島状態だったから最初の日本人はシベリアから樺太北海道を経由し本州に来た
そして暖かい九州は凍りつかず大陸から切り離されてた

http://blog-imgs-66.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/20140328122451205.jpg

699 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:03:21.33 ID:4qhscfNN0
>>690
いい加減「ヤマタイ国」と読まずに「ヤマト国」と読めばいいのにね

どこのアホ学者が分けたんだろうねコレ

700 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:03:45.73 ID:DA0qL8d40
>>663
「倭」は曲がりくねっているという原意から従順だとかの意味が派生したという説が今は有力かな?
そういう感じの人たちに見えたから「倭」を当てたというだけかもね。
本当に蔑称として悪い漢字を当てるのは匈奴とか実害を受けていたものや、好印象を持たない習俗
だったりした場合の可能性もある。
「巍」にしても「鬼」は幽鬼のことだけど、そこから転じてこの世のものとは思えない凄さとかの意味を含
み非常に高い山の意味を含む漢字になったかもね。
名称については中華思想で何でもかんでもではないかもよ。

701 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:03:53.64 ID:CGyWk/5N0
>>679
それ以外にも、北中部に居た濊貊と南部の韓はお互い異民族だし
済州島や島嶼部に居た海胡も言葉や文化の違う別民族
北東部の女真族は当然異民族だし、南部の広い範囲が倭人の領域だった
これに中国からの征服者や移民を加えれば大きく分けても6つの民族が居るしな

702 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:04:32.83 ID:6ZWbEqQp0
元々、天壌無窮の神勅にあるように、天皇家は豊葦原の自治権を継承しろって話しだった。

それが、時代が下り、大和朝廷の自治権も東日本に至ると。

日本国と言われるようになり、天皇は、豊葦原(西日本)だけではなく高天原(東日本)も含めた日本国の元首となった。

703 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:04:33.35 ID:3E4gCinb0
>>676
あのな、遺伝子は沢山あればあるほど優位なんだよ
近親婚したら染色体が2つ多い天使が産まれるの知ってるよな

そういうこと

704 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:04:39.95 ID:FzEpjx7Y0
>>650
私は朝鮮語の元になったのは辰韓語だと思います
北方のツングース系の言語とは思えないというか一致しない
高句麗語とも全く一致しないですし

705 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:04:50.35 ID:hOlF5GKw0
稲作は、半島経由は間違い
南華経由で西日本、それから半島南部が正解

706 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:05:44.64 ID:KIlmIaHb0
 支那は多民族により、政権が塗り替えられてきた歴史。
契丹人の遼、女真族の金、モンゴル民族の元、満洲人の清・・・漢民族の政権だけでない。
 支那は自国を語るとき、支那四千年の歴史とか五千年の歴史とかで自国史にちゃっかり取り込んでる。遼朝・金朝・元朝・清朝を「侵略国家アル」、などと言わない。

 つまり支那人にとっては、安定して国を治めていれば何民族でもいいんだよ。事実漢民族を一番”大虐殺”したのはモンゴル人による元王朝だ。
でも今は欧州まで征服した最大の領土を持った支那の歴史の誇らしい王朝アル、と言ってる。

 ならあの清王朝末期以後の混乱時、蒋介石や毛沢東や匪賊や軍閥が血みどろの殺し合いをして、もはや国の呈を為してなかった。
カオスの支那大陸で、アジアの一民族の大和民族が支那を統一しようとしても、それは”侵略”と言えないだろ。

 日本が勝って支那を統一したら、遼、金、元、清などの歴代の王朝と変わらず、大東亜共栄圏が出来てただけ。
契丹人、女真族、モンゴル民族、満洲人による支那統一は良くて、大和民族による支那統一はダメと言う合理的理由はないだろ。

707 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:06:13.27 ID:CGyWk/5N0
>>697
O2b1は前5000年より前に日本で発生した系統な

708 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:06:32.99 ID:/d4F0sXj0
>>693
ネアンデルタール人は、クロマニヨン人と同化したわけではなく、
ごく一部に混血があっただけだよ。

709 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:06:53.05 ID:ehWJPBYk0
元々蔑称で付けられたものを後人が曲解して敬称だと思い込もうとしてるだけだろ
それ自体が華夷秩序を肯定してるようなものだ
朝鮮を鮮かな朝の国などと言う愚行と同じ

710 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:06:59.70 ID:hOlF5GKw0
>>704
言語学、史学からの類推は、二流学問
あてになりません

自然科学がいまのところ1番の類推ツール

711 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:07:40.77 ID:ibF/gb990
>>700
匈奴=犬の奴は、これは完全に敵対視してるよなぁ
ヒミコさんは意外に性格悪いよな

712 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:07:48.71 ID:Sm1fp1I20
>>685
意味がわからん
自分で意味わかってる?
その2つを区別したとして
両方持ってるのがほとんどだろ

まー、いまの天皇陛下の様な立場の人もいるにはいるが

713 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:08:24.84 ID:3E4gCinb0
でさ、おまえら蒙古斑あったの?

714 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:08:29.18 ID:FzEpjx7Y0
>>699
たしか本居宣長が「やまたい」と呼んだのでは? それ以前の新井白石は「やまと」と呼んでいた
本居宣長は、日本こそが中国(中心たる国)であるべきであり
日本の天皇が中国に朝貢した歴史などあってはならないと考えてたみたいで

715 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:08:34.42 ID:0j8X2ohh0
>>684
現存する新羅の言語が朝鮮語では全く解読できない。
法則性が見つからない。
新羅と朝鮮は全く別の民族だよ。

>>686で書いたとおり、いまだに朝鮮人は温帯半島という土地に馴染んでいない。
初秋に韓国の南端の木浦の郊外でホームステイしたのだが、まだ暑いのにオンドルを
焚き、寝汗をかくと体にいいと言われた時は、本当に完全な異民族なんだなあと思ったよ。
しかも、その家の人たちはシャワーも入浴もしなかった。
俺だけ、シャワーを使わせてもらった。
とても親切な人たちで、大変感謝している。

716 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:08:43.67 ID:aKhMAnAo0
紀元前に書かれた韓国の昔話に封神演義がある

太公望となのる韓国人が日本の地に立ち寄る記述があり
日本の地は以前韓国の地であったことがわかる

三國志演義には韓の文字も頻繁に登場し中国に多大な脅威を与えていたのがわかる

717 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:08:53.28 ID:CGyWk/5N0
>>705
だね、半島南部は前3世紀以降からしか水稲作の痕跡が見つかってない、しかも極小規模
かつ北へ行けば行くほど稲作の開始時期が遅い

718 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:09:21.58 ID:ehWJPBYk0
>>706
政権の簒奪をどう禅定に書き換えるかって歴史とも言えるな
日本は結果的には簒奪の汚名を禅定に書き換えきれなかった

実質的にはこれほど完璧な禅定は支那史を置いても類を見ないレベルなのに

719 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:09:39.85 ID:8otp7pZr0
>>700
単に倭人の特徴的なタトゥーのことを指してるんじゃないか?

日本では資料に乏しいものの現在でもサモア・タトゥーなど
当時の倭人が施していたものに近しいであろう文様は見ることが出来る。

720 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:09:45.63 ID:NWZtOMdw0
>>704

半島の北と南って女性の顔立ちもちょっと違うよね
やっぱあれって元の民族が違うから仲が悪いんだろうか

721 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:09:59.09 ID:4qhscfNN0
>>714
その解釈自体が黒歴史だな

世界の中心でなければならないとする「天」の思想自体が
中国のものなんだが・・・

722 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:10:01.62 ID:umIPDSy20
>>686
本当はそうなんだけどね。
東南アジアや中国南部の少数民族との関連性とか、
左翼学者の偏った歴史観によってゆがめられちゃったよね。

723 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:10:45.26 ID:UHjcAmou0
意外に思うか知らないが、弥生系は背が低い。

724 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:10:48.61 ID:Dvjw3kT+0
今は日本と言えば東の果てfar Eastってことになってるけど、
かつてはアジアやユーラシアとも陸続きって説が通るのなら、
太平洋側ハワイ方面にも広大な土地が続く
大陸の西の文明地だったんじゃないかね?
沖縄の諸島や小笠原諸島含めたら日本は
もの凄く広大な国土だと地図を眺めて思う。
ハワイや南米に日本人との共通点を沢山見出すし。もとは同文化圏だったんでは。
失われた大陸がムー?

725 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:10:58.71 ID:8VwMBgYT0
縄文人とか弥生人とかの分け方は間違いだ。
この日ノ本の日本列島に住む者は「日本民族」で単一だよ。

よく日本人は単一民族じゃないとかいうが間違い。
いろんな歴史を経て来てみんな「日本民族」になっているのだから、単一民族だよ。

726 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:11:09.55 ID:Sm1fp1I20
>>703
それと、日本の民族的遺伝子との話において
なにか関連性があるのか?

はっきりいって、ない
それって、オマエの希望だろ

727 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:11:50.27 ID:pc/Uqrs20
韓国朝鮮人そのものにまずY染色体ハプログループのオリジナルの男系系譜が無い
すべて日本かシベリア満州か中国東南アジアの混ぜあわせ
日本には1万年島国として孤立する中で固有のD2男系系譜を生み出し保有している

728 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:11:52.01 ID:LttZ6fP2O
ヨーロッパ人から見れば東アジアはほぼ単一民族扱いだけどな
向こうは狭い地域で全然容姿違うから凄いわ

729 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:11:55.18 ID:FzEpjx7Y0
>>710
自然科学も言語は分からないでしょう
少なくとも中期朝鮮語とツングース系の言語は一致しないのは確定してます
まぁ古代の朝鮮語は資料が残っていないのでどこがルーツとは断言できないのですが

730 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:12:32.60 ID:3E4gCinb0
>>726
おまえ蒙古斑あったのか?

731 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:12:56.62 ID:ssChUKvZ0
>>705
徳川幕府のアホ政策と、戦後の優秀な品種改良のせいで米って植物の植生を勘違いしがちだけど

元々温暖な気候に適した作物だし、半島も先っちょくらいは引っかかるかもしれんけどちょっと無理があるよな

732 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:13:00.58 ID:CGyWk/5N0
>>710
それは無いわ、現代チョン語は新羅語の系統
ツングース系の渤海や靺鞨とは何の関係も無い
ああでも女真族の李成桂が関係あるか、でも政治的には高麗化してたし人数として少数派だしな

733 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:13:07.21 ID:KIlmIaHb0
つまり大東亜戦争は侵略戦争ではなく、混乱した支那の治安を回復し、白人を追い出しアジアの平和回復のためのPKOであった。
大日本帝國軍=PKO部隊。

734 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:13:34.87 ID:4qhscfNN0
>>728
日本人も欧州人の違いなんかわかんねーしな

中東のイラクとイランだって区別ついてないし
現地人は一緒にされると激怒するらしいがw

735 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:13:35.91 ID:aKhMAnAo0
>>728
向こうは人身売買が盛んだから何でもあり得る

736 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:14:08.32 ID:ehWJPBYk0
>>724
太平洋文化は共通の文化圏があったのは間違いなく
日本もその一部ないし中心だったという意見には賛成
環太平洋に海洋帝国と呼べる文化圏があった
ムー自体は地形的にありえないけど
海流をたどって太平洋一体と交易を持つことは不可能ではないしね

737 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:14:21.58 ID:NWZtOMdw0
>>724

おそらく太平洋の南の島々を結ぶ交易ルートがあったんだと思う
南米で縄文土器が発掘されたのがその証拠だろうね

さすがにあそこも日本だったなんて半島人みたいなことは言わないけど
広大な交易圏が出来てたことは恐らく確実
気候変動で島々が沈んで、交易も途絶えたんじゃ無いかな

738 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:14:46.29 ID:8otp7pZr0
>>700
http://www.karakusamon.com/2010/irezumi/MaoriChief1784.jpg

↑はニュージーのマオリ族の例だけど、文字通り曲がりくねっているね。
倭人も体中にこのようなタトゥーを施していたらしいじゃないの。

739 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:15:31.04 ID:MAWBIBlp0
蛇足
卵焼きと鰻に関して。

玉子が先か鶏が先か というレトリックについてもコレは言葉遊びで前提によって変わりますが、本質は変わりません
前提場[=[生まれる]] において 「ソコから生まれるもの としたものが卵である」
前提場[=[産んだ]] において 「ソコが生んだもの としたものが[χ]である」

そして
前提場[={[産んだ]=[生まれる]}] において 鶏と卵は 必ず生まれる鶏と 必ず産む卵 という意味の平衡状態が生じたところで同一である。

ということを疑問形にしているに過ぎません。
鶏が卵を産んでもひよこが生まれないように鶏が変化すれば、
次の鶏は 必ず「卵」が先です。
これは 「平衡状態を逸脱した状況では」 生まれる が先んじる必要があるからです。
既に居ない鶏以外 が産んだ”卵”に対応するものから始まるしかありえないからです。
別に普通の話と思われますし、そうそう本気にされる状況もまたさほどありませぬ。

740 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:15:53.99 ID:Sm1fp1I20
>>718
おい、
禅定って、もしかして、禅譲のことか?
だったら、禅譲の対になる言葉は革命だぞ

741 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:16:56.28 ID:aKhMAnAo0
韓国の古代人の壁画には飛行機や車が描かれている

742 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:17:01.59 ID:NWZtOMdw0
>>728

江戸時代のポルトガルだかオランダだかが
「日本人は顔が濃くて中東系に近い
中国朝鮮とは顔つきも文化も違う」って書き残してたはず
うろ覚えですまん

743 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:17:32.34 ID:z9wQw+kz0
>>715
まぁ別民族であるのは確かなんだろうなぁ。
ありがとう。

古代の朝鮮半島って日本の植民地があったり
周辺国家・民族とのかかわりとか
調べていったら面白そうだな。
まぁ残念ながら今の朝鮮には関わりたくないのが本音だけど。

744 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:17:35.64 ID:/j6R0JM50
縄文人の2系統の後にやってきた弥生人は、朝鮮半島から来たのではない。
徐福や鑑真のように直接中国から渡ってきたのである。
逆に日本から朝鮮半島に進出し、任那を統治し、百済と結んだのである。
日本型の古墳もその証拠であり、韓国人が主張する文化を伝えたのは韓国であるという考えは逆で、
古代から朝鮮半島に文明をもたらしたのは日本人なのである。
古代から現在まであらゆる時代において、朝鮮・韓国より日本が勝っていたのはそれが理由であり、
戦後、日本が隣国を刺激しないように口を挟んでこなかったことをいいことに、
歴史を改ざんし、自国の都合のいいように捏造したのが韓国人なのである。

745 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:17:46.23 ID:FzEpjx7Y0
>>715
そもそも古代朝鮮語の郷歌、10何個しか残ってないからね
万葉集とはえらい違いだがw
郷歌の訓読字は、それを実際にどのように発音したかを知るのが困難
だから漢字の意味が分かっても発音わかんねーから糞の意味もねー

746 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:17:48.39 ID:0j8X2ohh0
>>693
>最近の研究では人類の祖先は猿ではなく、豚であるとも

とんでもすぎて、イグノーベル賞の候補にもならないよなあww
普通に高校の生物を学んでいたら、豚とチンパンジーでは遺伝子が違いすぎて
子孫はできないことくらい、誰でも知っているだろ。

そのドイツの提唱者自身、豚の精液がチンパンジーの卵子に着床するわけないと知りつつ、
手間のかかったギャグを飛ばしているんだよな。

現代の科学技術を応用すれば、豚と人のハイブリットとか作れるかもしれんねww

747 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:17:51.55 ID:9Gl4zCT30
ジャーマン人は西と東に分かれてたな

748 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:18:13.23 ID:ehWJPBYk0
>>740
訂正がめんどくさかったけどそうだね
暴力的な手段による政権の奪取が簒奪だから対で良いんじゃね

749 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:18:14.50 ID:3E4gCinb0
>>740
おまえ蒙古斑あったのか?さっきからそう聞いてる

750 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:19:09.69 ID:hOlF5GKw0
「縄文人は海洋民族、それがいつしか陸(おか)に定住するようになる」

個人的には、これを仮説としたいんだがなぁ
そして、北米先住民と縄文人をつなげたい

751 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:19:19.50 ID:aKhMAnAo0
日本人が進化したら爬虫類にはなる

752 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:19:21.88 ID:DA0qL8d40
>>684
新羅は三国史記を見ると初期の王や重臣はタナバ国などから海を渡って来たとある。
三国史記よりも成立が早い新撰姓氏録には神武天皇の兄の稲飯命が新羅に渡って王となり、その子孫
の氏族だというのがある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%B2%E9%A3%AF%E5%91%BD
>右京 皇別 新良貴 - 彦波瀲武?草葺不合尊男・稲飯命の後。続けて「是出於新良国。即為国主。稲飯命出於新羅国王者組合」と記し、
>稲飯命は新羅王の祖であるという。

『新撰姓氏録』氏族一覧
http://homepage1.nifty.com/k-kitagawa/data/shoji.html
『新撰姓氏録』氏族一覧1(第一帙/皇別)
http://homepage1.nifty.com/k-kitagawa/data/shoji01.html
『新撰姓氏録』氏族一覧2(第二帙/神別)
http://homepage1.nifty.com/k-kitagawa/data/shoji02.html
『新撰姓氏録』氏族一覧3(第三帙/諸蕃・未定雑姓)
http://homepage1.nifty.com/k-kitagawa/data/shoji03.html

全体としては諸番(外国)の氏族は渡来人がどうこう言われるような大した数ではない。

753 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:19:37.13 ID:4qhscfNN0
>>742
日本の支配層は中東系であるという記述な

今のアメリカみたいなもんさ
支配層は昔からいる白人で、一般人は黒人みたいな

古代からいる日本人と市中にいる日本人は同じようで違った

754 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:20:22.45 ID:ehWJPBYk0
>>750
まぁ縄文遺跡の中にはどう考えても海上にあったとしか思えない遺跡もあるから強ち間違った考えではない

755 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:21:04.19 ID:LttZ6fP2O
>>734
サッカーよく見るが
ラテン、アラブ、スラブ、ゲルマンくらいは見分けつくぞ?

756 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:21:30.53 ID:4qhscfNN0
>>755
普通の一般人は見分けつかないよ

757 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:21:56.28 ID:0j8X2ohh0
>>745
>どのように発音したかを知るのが困難
んなこたあ、ない
呉音、唐音とか日本に伝わってるだろ
それと同じだよ

758 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:22:17.54 ID:FzEpjx7Y0
>>755
とりあえずウクライナ人の若い娘は妖精じゃ
日本に女子だけ移民として連れてまいれ
顔の潰れたアジア系はいらん

759 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:22:36.50 ID:NWZtOMdw0
>>753

それは武士と町人の性格の違いじゃないか?
支配層は作法もきちんとしていて無礼を働くと切れるけど
町民はフレンドリーっていうか図々しいみたいなことを
書いてた気がするが
それとは違う?

760 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:22:46.86 ID:6ZWbEqQp0
後漢の霊帝の子孫や、始皇帝の子孫が、日本に移住しに来て、日本の天皇を臣下にすることはなく、逆に自ら天皇の臣下となった。

ということは、天皇とは天子よりも上である存在、天帝ではないのか?

なぜ帰化人は、天皇を見下すことなく、自ら天皇の臣下となったのか?

761 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:23:54.98 ID:Sm1fp1I20
>>748
初めてその言葉を使った易姓革命では
禅譲の反対は革命だ
それ以外はない

暴力を使ったか、使わなかったかというだけだ

762 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:24:19.70 ID:umIPDSy20
>>742
宣教師が書いた織田信長の肖像画がこれだもんね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B9%94%E7%94%B0%E4%BF%A1%E9%95%B7#mediaviewer/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Oda_Nobunaga-Portrait_by_Giovanni_NIcolao.jpg

ちなみにスケートの織田信成が信長の子孫というのは捏造。

763 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:25:14.24 ID:zZHRQaV20
>>725
最近日本民族とか言う奴居るけど大和民族だろ
沖縄人やアイヌ系に気使ってそんな言葉使ってるのか

764 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:25:32.83 ID:vKbxT03y0
>>756
ラテンとゲルマンぐらいなら見分けつくじゃん。

765 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:25:59.81 ID:MAWBIBlp0
蛇足 II

・「平衡状態を逸脱した状況では」 生まれる が先んじる必要がある。

・・成長期においては人口は増大する
・・危機においては性欲が増大する

・逆に 「平衡状態にある状況では」 産んだ が先んじる必要 があるのか ? またはいずれにせよ混合系となるか

・ミクロマクロコスモス一致系は これは全平衡系です。平衡系の算術的近似以外はありませんとオモわれ。
とすると、
生まれる=産んだ こども=としより できる=ある の全平衡系として生じる状況と 相応すると予想され。
事実は如何

ともあれ 望むものが望む傾向を得る いずれ何が正しいにせよ。

766 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:26:00.03 ID:ssChUKvZ0
>>752
しかしまぁ、それがももたろうでは完全に人外の物の怪扱いなのはなぜか?

とかもあるけど

767 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:26:10.74 ID:0j8X2ohh0
>>720
民族はあっけなく滅ぶが、遺伝子はしつこく土地に残る。
半島南部には古代の新羅や百済、そして倭人の遺伝子が残り、時々、整形していない
生来の二重まぶたの人や、日本人なみに体毛の濃い人もいる。
しかし、そういう人も朝鮮民族。

民族とは文化遺産(言語、宗教、道徳他)を共有する集団。
だから、トルコ人を古代ローマ帝国の末裔とは言わない。 

768 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:26:58.41 ID:6ZWbEqQp0
>>760

この部分が解決すると、

人王16代応神天皇が八幡と呼ばれるようになった謎が解決する。

769 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:27:27.33 ID:sL81wTzX0
>>750
南北アメリカのネイティブはD系統じゃないよ

770 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:27:31.29 ID:4qhscfNN0
>>766
敵は化物扱いが普通だしね

土蜘蛛とかヤマタノオロチとか・・・

771 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:27:37.34 ID:FzEpjx7Y0
>>757
たしか朝鮮語の音節構造は複雑で表し切れん
まぁ困難は言い過ぎたかもな
あと数が圧倒的に少ないため、解読自体がままならないし
ここから判別される単語の数も少ない

772 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:28:13.82 ID:CGyWk/5N0
>>767
トルコはローマ帝国の末裔やろ!あとロシアもな!

773 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:28:15.97 ID:DxCHWEaz0
>>715
新羅語を記した資料は、ネタが少なすぎて、うまく読めないだけ。
万葉仮名は、古事記や万葉集の大量の資料があるから、ちゃんと今でも読めるんだ。
あれが、もし難波津の歌1首しか現存してなかったら、
判じ物としてハイレベル過ぎて、ちゃんと難波津の歌には読めないよ。

まあ、それでも、中期朝鮮語に近づけて読むのが通例となっていて、
それほどの矛盾はないので、新羅語が中期朝鮮語の祖先、と考えて良いと思う。

774 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:28:34.82 ID:hOlF5GKw0
>>754
分子生物学的には、アイヌと北米先住民は近戚だと云われている

775 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:28:48.95 ID:E+FyNU9T0
>>763
時代で民族って概念も変わるやろうし、日本民族でもかまわんよ 
俺はムー大陸人の子孫であり熊襲か隼人の子孫であり、かつ日本民族だけどなw

776 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:29:31.67 ID:4qhscfNN0
>>774
アメリカの研究だったな

ネイティブアメリカンと最も遺伝的に近いのは日本のアイヌだと

777 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:29:35.74 ID:FzEpjx7Y0
>>760
実際のところ、日本に来た渡来人が自らの先祖を偉いようにみせかけていた可能性も
っていうかそれの方が可能性高くね

778 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:29:42.47 ID:67NChoPw0
馬鹿馬鹿しい。
日本人なんて民族集団はいないってことだ。
ごたまぜで不均一なままなんだろ。
大体、目だってひとえだったりふたえだったり。
日本人はどこから来たかなんて話ほど下らないことはないな。
あっちこっちから来ましたってだけだろ。

779 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:30:01.28 ID:ssChUKvZ0
>>758
東欧の皮を被った中央アジアだから普通に類猿人気味だぞ?

780 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:30:26.32 ID:hOlF5GKw0
>>767
なぜか、そういう日本人系の容姿の出自が全羅道、済州島など半島南部に多い

781 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:30:47.97 ID:LttZ6fP2O
>>763
「大和民族」は東夷征伐のイメージがあるから
東日本の学者の中には嫌う人がいるよ
弥生人に拒否反応示す人と似たようなもんだと思うけど

782 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:31:45.58 ID:htE/W8Xq0
こんな夜中にID真っ赤にした数人でよく議論できるなw

783 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:32:06.39 ID:umIPDSy20
>>780
多分その人たちは倭人の子孫だろうね。

784 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:32:07.46 ID:FzEpjx7Y0
>>779
嘘や
ウクライナ人美人だとネットの画像見て思ってたのに…

785 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:32:25.39 ID:hOlF5GKw0
>>769
ところがな、推論付けの根拠となる遺伝子をどれにするかによって、
系統マップはがらりと変貌するんだ

786 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:32:50.07 ID:4qhscfNN0
>>784
美人やけど土人やで

787 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:33:27.19 ID:NWZtOMdw0
>>760

うちの先祖は職工は山ほど連れてきたけど
軍人は連れてきて無い気がする
職人は財産だけど、軍人は食客って感じだから
置いてきたんじゃ無いか? 逃げるときに

788 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:33:41.86 ID:FzEpjx7Y0
>>782
日曜日だからなイエーッ

>>782
だがワシは大和民族を使うぞうおおおおおおおおおおおおおおお

789 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:33:47.96 ID:DA0qL8d40
>>742
こういう顔立ちを見て言ったもの。
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/9/97/Shozan_Sakuma.jpg/200px-Shozan_Sakuma.jpg
http://dictionary.goo.ne.jp/img/daijisen/ref/102889.jpg
http://pds.exblog.jp/pds/1/201303/05/98/f0107398_071987.jpg
http://livedoor.blogimg.jp/akbsokuhou48-vip/imgs/9/3/93758e39.jpg
http://www.ndl.go.jp/portrait/1024_1536/427-53/001/0026_l.jpg
http://jinbutsukan.net/person/photo/p_akiyama-yoshifuru.jpg

http://miyake.yaekumo.com/photo/051.jpg
http://miyake.yaekumo.com/photo/130.jpg
http://miyake.yaekumo.com/photo/131.jpg
http://miyake.yaekumo.com/photo/019.jpg
http://miyake.yaekumo.com/photo/017.jpg
http://miyake.yaekumo.com/photo/001.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/mc_matome_complate/imgs/c/0/c054cc71.jpg

790 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:34:09.59 ID:ehWJPBYk0
>>778
欠陥遺伝子に侵されてさえいなければどんな出自の人種だろうと日本人としての精神を身につけることは可能
そういう意味じゃルーツは違えど同じ文化や言語を共通する民族としてアイデンティティを共有することはできる

換言すれば濁った遺伝子を人類の遺伝子プールから追放することは日本人だけでなく全ての人類の使命でもある

791 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:34:09.66 ID:4qhscfNN0
>>783
古代の朝鮮半島の一部は倭人が住んでいたからな

その後、戦争に負けて大部分が日本列島に移住したが

792 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:34:59.04 ID:FzEpjx7Y0
>>786
ならば良し!
若い子日本に拉致してきて都会っ娘にしてやらにゃ

793 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:35:44.51 ID:E+FyNU9T0
ビョークがアジア人顔なのは三島の本の読みすぎです

794 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:35:56.42 ID:ssChUKvZ0
>>762
まぁよく見る肖像画が美化してあるのはそれはそうだろう
公家とかウケ狙いで白塗りやってる訳じゃあないんだし、あれがセレブファッション

795 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:36:22.29 ID:4qhscfNN0
>>793
フィンランドはモンゴル系という風評被害

796 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:36:44.29 ID:0j8X2ohh0
>>773
>中期朝鮮語に近づけて読むのが通例

いやいや、学者連が単に憶測しているだけでしょ
法則が見つかってないわけで、意味のある研究とはいえないなあ

万葉集の歌が十首しか残っていなくても、かなり解読できたと思う。
少なくとも、全く解読できないようなことはない。

前レスでも書いたが、朝鮮民族は温帯の半島に古代から住んでいた人たちじゃないよ。
水泳や沐浴の習慣がないとか、暑いのにオンドルで寝汗を好むとか、林業を知らないとか、
まるで違うところの人でしょ。
その土俗宗教、風習、風俗など様々な面で研究のネタになるミステリアスな民族だよ。

797 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:37:48.99 ID:FzEpjx7Y0
>>795
まぁ蒙古斑が出やすい地域ではあるみたいだね
モンゴル人が羨ましいぜ…女とヤリまくったんだろうな

798 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:38:31.55 ID:hOlF5GKw0
>>791
その主張を前提にすれば、もともと朝鮮半島南部に日本人がいた
それが有史以後、日本に渡来し帰化した、それを以前は「帰化人」と呼ばれた渡来系の人々であった

と、すると?
分子生物学的には遺伝子は同じなはず

799 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:38:46.73 ID:vKbxT03y0
>>795
ビョークはフィンランドじゃなくアイスランドじゃなかった?
フィンランド系アイスランド人だったの?

800 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:39:08.78 ID:zZHRQaV20
>>781
個人レベルならともかく学者レベルでそんなこと言ってるの居るのかよ・・・
日本全国大和化したのが事実なんだから元は違っても大和民族でいいだろに

801 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:39:32.03 ID:ssChUKvZ0
>>777
まぁ最終的に愛新覚羅氏がああいう感じになったら一緒というか

802 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:39:42.76 ID:ekOXhpjj0
>>795
Bjorkはアイスランド人だよ

803 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:39:53.00 ID:DA0qL8d40
>>768
大黒様が大黒→ダイコク→大国で大国主と結びついたような感じでなんらかの共通点から
習合したかもね。

804 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:39:54.98 ID:FzEpjx7Y0
>>798
日本に来た全員が倭人系でもないだろうしな

805 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:40:04.21 ID:V/ltrmbT0
>>24
何で?詳しく

806 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:40:16.18 ID:sL81wTzX0
>>785
Y-DNAだと、ネイティブアメリカンはCかQかR
C 9% Q 58% R 22%

807 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:40:46.11 ID:Dvjw3kT+0
>>778
日本人は遺跡を見る限り、人類最古の歴史を持つ民族のひとつだろう。
日本があちこちから集まった混血と言うなら、それが同時代各所で起きていたひとつの証明でもあるわけで。
ギネスにも乗ってる世界最古の国家の国民として後世に世界に残す義務があるんじゃないの?
まだまだわからないことだらけだけどさ

808 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:41:47.26 ID:5o+WuTEg0
>>795 ラップ人は実際に黄色系の血が濃いんじゃなかった?
どこからの血なんだろう?
北極圏にいるイヌイット(エスキモー)が、北米とは別方向に
たくさん氷張ってる頃の地球の寒冷期に、欧州側へと分かれて移動したとかなの?

809 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:42:28.52 ID:nZbh3GsQ0
ブサイクは地球から締め出すべき。

810 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:43:39.47 ID:eoo1QuOi0
気持ちよくなりたいな

811 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:44:32.03 ID:DA0qL8d40
>>798
前提にするもなにも、日本と中国の史書に半島に住む倭人のことが書かれている。
前方後円墳も半島南部の、日本側で任那とされる地域で多数見つかっている。
縄文時代人が居住した痕跡が南岸で見つかっている。
1万数千年前の氷河期と直後の間氷期初期には半島は無人だったとしか思えないくらい何もでない。

812 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:45:23.13 ID:xVmmu5yj0
>>808
ユーラシアステップの遊牧民でしょ

モンゴル・シベリア中央から東西に分かれたんでしょ
東に行ったのはネイティブアメリカンになったんだし

813 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:45:32.92 ID:E+FyNU9T0
>>807
あのさ、日本て国力もあるし遺跡掘るの大好きなんだと思う。
だから古いの出土すんじゃないか、とも思うね。
他の国はどんだけ発掘作業に力いれてんのか気になるな

814 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:46:19.38 ID:CGyWk/5N0
>>796
辰韓の頃から基本泳げ無いよあいつらww
林業は両班が狩猟やら何やら趣味祭祀用に山への立ち入り禁止にして廃れたw
>>798
倭人が半島へ入植を始めたのは紀元前8,7世紀前後
時代が下ると以っとどっちゃり弥生土器が出てくる

815 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:47:01.16 ID:s4rsnha40
>>629
その生き残りが琉球人や奄美人って事?

816 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:47:16.14 ID:DA0qL8d40
>>795>>808
古代ルーシーやバルト海沿岸のスウェーデン系の先祖はチュルク系を君主として向かい入れていたという
記録がある。

817 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:47:56.16 ID:xVmmu5yj0
>>811
気候分布みても、半島は同緯度よりも寒いんだよね
特に北は半分が高地だし、人は住み難い

818 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:47:57.24 ID:umIPDSy20
学校教育で、昔は日本より朝鮮のほうが文化が進んでたみたいな歪んだ歴史観を植え付けられて、
2ちゃんなんかの情報で、冷静に考えて、そうではなかったって気づいた人も結構いるではないかと思う。

819 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:48:16.76 ID:67NChoPw0
日本は歴史がないから過去に遡れないんだ。
中国の史書だけなんだろ。
それも数行。

820 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:48:46.58 ID:NDNv9C1q0
しかしルーツ系のスレは延びるよね。

専門家でも学閥で押さえられて発表の場がないから?
それとも市井の研究家が大勢いる?

821 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:48:48.01 ID:QcZSjaye0
>>1>>254>>272>>316>>351
●関東人の顔が一重が多く薄いのは遺伝子データより東京人は韓国人という遺伝子研究でも歴史の裏づけがなされているから

西日本人は南方漢民族系 東日本人は北方朝鮮系
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/img/5_26_01.jpg

遺伝子分布図
http://farm4.static.flickr.com/3255/2730720007_c4d21f6507.jpg


【東京人だけのっぺり顔の弥生系】
ミトコンドリアDNA構成比法での縄文人率は沖縄96%、東北75%、飛騨69%、宮崎64%、北九州52%、美濃40%、首都圏(東京)29%
http://www.aistshikoku.org/kaiyou-kaiin292.html


西日本より東日本の人の方がのっぺり顔だった 〜骨分析、明治以降に“立体化”

 日本人の顔は江戸時代まで、西日本より東日本の人の方がのっぺり顔だった――。
古墳時代から現代までの頭蓋骨(ずがいこつ)の分析から、そんな特徴の傾向
があることがわかった。
佐賀大学医学部の川久保善智助教らが分析し、日本人類学会大会で発表した。
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1256364583/




関東人の小保方さんは韓国人と同じ事したけど韓国人の血がそうさせたんだな

●朝鮮人と韓東人はノーベル賞受賞者がゼロ(もちろん東京もゼロ)

<日本人ノーベル賞受賞者>

1949年 湯川秀樹(京都府出身)※出生は東京だが両親は関西出身者。1歳の時に京都に移住し、育つ。
1965年 朝永振一郎(京都府出身)※出生は東京だが両親は長崎出身者。京都で育つ。
1968年 川端康成(大阪府出身)
1973年 江崎玲於奈(大阪府出身)
1974年 佐藤栄作(山口県出身)
1981年 福井謙一(大阪府出身)※出生は母の実家・奈良だが、すぐに大阪に移住し育つ。
1987年 利根川進(愛知県出身)
1994年 大江健三郎(愛媛県出身)
2000年 白川英樹(岐阜県出身)※出生は東京だが両親は岐阜出身者。0歳の時に台湾、満州に移住し、小中高と岐阜で育つ。
2001年 野依良治(兵庫県出身)
2002年 田中耕一(富山県出身)
2002年 小柴昌俊(愛知県出身)
2008年 南部陽一郎(福井県出身)※出生は東京だが父親は福井出身者。2歳の時に福井に移住し育つ。
2008年 下村脩(京都府出身)
2008年 益川敏英 (愛知県出身)
2008年 小林誠 (愛知県出身)
2010年 鈴木章(北海道出身)
2010年 根岸英一(満州出身)
2012年 山中伸弥 (大阪府出身)

人口では関東人が圧倒的多数を占めているのにも

822 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:49:46.93 ID:DA0qL8d40
>>815
それら全てというわけではないみたいだね。
千年前くらいの遺跡には九州南部からの移住と見られる痕跡が見つかるそうだ。
その直後に沖縄の農耕が変化している。

823 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:49:47.30 ID:aKhMAnAo0
韓国の7万年前の地層から人骨が出土し
新たに韓国が7万年前から発展し続けた国となる根拠となっている

824 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:50:11.90 ID:xVmmu5yj0
>>816
スウェーデンの伝説的祖先は、イベリア半島のガリア人じゃなかったっけ
ゴート族とかが跋扈してる時代に北上してきたってのが伝承

825 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:50:18.27 ID:zZHRQaV20
>>818
朝鮮独自の文化はともかく中華文明の到達度という意味では
日本よりは地理的に近いから早かった可能性が高いから完全に間違いでも無いけどね

826 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:51:13.01 ID:vKbxT03y0
>>819
君の言う歴史ってどの年代の事?

827 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:51:55.98 ID:Dvjw3kT+0
>>813
新築する時、土地から遺跡が出土すると大変らしいね。
工事ストップで何週間も発掘調査終わるまで建築遅れるそう。

828 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:51:57.63 ID:umIPDSy20
関西人=弥生人=朝鮮人を必死に刷り込もうとしている工作員、多いよな。

829 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:52:22.09 ID:xVmmu5yj0
>>818
そもそも進んでたのは中華だし
中華に近い辺境と遠い辺境で、どっちが文明的かって争っても

830 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:52:44.91 ID:DA0qL8d40
>>821
お前は埴原の古い研究を出して関西人は朝鮮とか言っていた奴?

831 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:53:31.38 ID:vKbxT03y0
>>824
じゃあアイルランドと祖先はほぼ同じ?

832 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:53:55.79 ID:88jegfqv0
>>1
骨の形でってのは、チト乱暴でないかね?
・サンプル数
・サンプル地域の数
が十分とは、とても思えないが

可能性の指摘はあってもいいが、可能性でしかない

833 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:54:03.14 ID:TKvlcmgX0
また朝鮮スレやって、次は九州卑弥呼かよw

834 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:55:16.65 ID:DA0qL8d40
>>824
伝説とかではなくて、同時代の東ローマ人などが記録した話にバルト海付近のルーシーなどが
チュルク系を王にしているというのがある。

835 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:56:10.12 ID:CGyWk/5N0
>>825
完全な間違いだけどな
農業全般が日本に比べ遅れていたし
唐から学び易い地理条件にも拘らず新羅にはまともな行政組織が無く
文字の利用も日本に遅れ文献記録も殆ど残さなかった

836 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:57:03.54 ID:4qhscfNN0
>>802
せやで

まぁ、フィンランドの話はただの例やな
海外掲示板でよくあるミームの一種

837 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:57:28.66 ID:xVmmu5yj0
>>831
アイルランドは、ケルトの国、ってことになってるやろ
スコットランドやローマ以前のイングランド、ブルターニュなんかと近い
ってのが定説

まあスウェーデンの場合は、北の蛮族よりも、早くにローマ化したガリアの氏族
って言いたいだけちゃうかと思うが

838 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:57:31.51 ID:5XTMKOc80
>>671
これかな?

http://ishikawa-nu.xsrv.jp/pdf/kenkyu/08_03.pdf

論文の中で1940年代と2005年の東北人の骨格を実際に測定した結果、

>1)
>北陸女性成人において比較すると,現代人の
>歯列弓長は 60 年以上前と比べて,とくに下
>顎で有意に長くなった.歯列弓は相対的に前
>後に長くなった.
>(2)
>オーバージェットは有意に小さくなった.
>(3)
>脳頭蓋最大幅が有意に大きくなり,下顎角幅
>と顔高は有意に小さくなった.しかし脳頭蓋
>最大長と頬骨弓幅はあまり変化していなか
>った.北陸女性には短頭化現象が見られるよ
>うである.顎の幅高径が小さくなり,広顔化
>が進んでいる.
>(4)
>歯列弓の形の変化には,歯の大きさの変化が
>関係しているのではないかと考えられた.ま
>た,咀嚼状態や栄養摂取状態などが影響して
>いると考えられた.


だって。
広顔化ってのは縄文人の特徴だから、
確かに君の言うとおり縄文人は食生活で顔が所謂一般的な縄文人っぽい顔に変化したのかもしれない

839 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:58:15.11 ID:QcZSjaye0
>>821
●東京は歴史的に見てもDNA的に見ても在日が作り上げた街

結婚の少なくとも一方が外国人という割合は、東京と山梨の9・9%が最高
父の外国籍で多いのは、韓国・朝鮮
(2008年8月4日付 中日新聞)

徳川幕府、「李氏朝鮮国」と国交結ぶ(1609年・己酉約条)
徳川幕府、朝鮮出兵をした豊臣を滅ぼした(大坂の陣)
天皇皇族公家を”幕府の支配下”に置いた(1615年・禁中並公家諸法度)
徳川幕府、「李氏朝鮮国」の呉允謙と、天下統一を祝う(1617年・京都伏見城)


●東京は帰化した元在日だらけでDNAは日本人とは異なる

在日外国人と結婚した日本人の割合
 1位・東京都 9.20%(首都圏)

中国籍との結婚(30.52%)
朝鮮・韓国籍との結婚(19.65%)
フィリピン籍との結婚(25.14%)
厚生労働省:平成18年度「婚姻に関する統計」の概況(人口動態統計特殊報告)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/konin06/index.html



マクドナルドの地域別呼称

マック・・・東京・韓国の悪の枢軸だけ
マクド・・・大阪、フランス、ベルギー、カナダ・ケベック州、フィリピンなど
ミッキー・ディー・・・アメリカ(ニューヨーカーなどの東部エスタブリッシュメントの人が好んで使う)

*東京とその植民地と韓国以外はマクドナルドの略称に必ず”D”を発音する。

840 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:58:27.22 ID:DA0qL8d40
>>829
朝鮮半島は華北、華南、満州及びモンゴル高原、シベリア及び沿海州、日本列島共通の辺境だろう。
石器や青銅器の伝播の痕跡などからこれらの地域は朝鮮半島抜きでも交流していたのはわかっている。

841 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:58:41.37 ID:ssChUKvZ0
>>813
遺跡よか普通に工事中に出てくるとか多いからな、そんで割と真面目に報告して調査に入るし
このスレの>>1も今世紀になってやっと進んだ北陸新幹線工事で出てきたもの

とにかく発展に一生懸命過ぎだったり教育の行き届いてない学術意識が低いような所だと……

まぁ工業地帯化が進んだり、繰り返し都市化されて来た関西、近畿や九州、関東以外に
まだまだ北陸、東北に文明跡があったっておかしくないと思うけどね

小竹貝塚遺跡群はトヤ国跡で良いんじゃないかと思う、富山だけに

842 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 03:59:42.24 ID:xVmmu5yj0
>>834
ルーシはまあ中世までモンゴルにも支配されてたわけだしなあ
バルト海まではモンゴロイド系の民族が、確実に来てたしな

843 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:00:35.52 ID:5XTMKOc80
>>795
ビョークはフィンランド人じゃなくてアイスランド人でしょ
アイスランド人は数%モンゴロイドのDNAが混じってる
おそらくエスキモーの影響

844 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:00:44.66 ID:zZHRQaV20
>>835
でも百済系の行基や王仁が仏教伝えたりしてるだろ
少なくとも仏教文化は向こうのほうが優れてたんだろ

845 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:01:47.59 ID:DA0qL8d40
>>844
それは高句麗や百済に取り込まれた漢人コミュニティだよ。

846 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:01:59.31 ID:NWZtOMdw0
>839

朝鮮人、とうとう徳川幕府までウリナラってんのかww

847 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:02:00.01 ID:gXzeXWmP0
>>814 >倭人が半島へ入植を始めたのは紀元前8,7世紀前後
どの程度の舟で渡ってたんだろう?
原則的には時期を選べば、イカダでも渡航可能だったのではと思うけど。
それなりの造船技術ももうかなり確立されてたのかな。
土器の発展なんか見れば、イカダってことはないだろうと思うしね。

848 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:02:12.46 ID:xVmmu5yj0
>>840
それなのに、文化を教えてやった、態度がムカつくのは分かるわw
お前らの文化じゃねーしって誰か突っ込めよと

849 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:02:19.67 ID:iJyC+7fZ0
一重のブサイクが同じ日本人名乗らないで欲しいわ
二重って優勢遺伝なのに今だに二重じゃない奴ってどんだけ一重の遺伝子続いてるんだよ

850 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:03:30.45 ID:QcZSjaye0
>>839
>>821

851 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:04:02.45 ID:r/x1Y/8w0
ちょっとまって

dnaが拾えるってことは、この人たち再生できるってこと?
まあ人格や記憶までは無理だけど

852 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:04:40.73 ID:NWZtOMdw0
>>847

九州の海人族は対馬海峡を渡るテクをもってて
それで一大勢力になってるから
筏とか丸木舟程度じゃ無理だろうな

853 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:04:47.53 ID:xVmmu5yj0
>>847
太平洋やインド洋だと、そのだいぶ前から双胴カヌーでの大航海&植民やってた時代だね
その民族の分布は、台湾から始まったって説もあるくらいだから
九州なんかはその影響圏でもおかしくない

854 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:05:02.91 ID:QcZSjaye0
>>821
> 人口では関東人が圧倒的多数を占めているのにも

人口では関東人が圧倒的多数を占めているのにもかかわらず、西日本から、ノーベル賞受賞者が19人中17人が出ているのである。
血統で言っても、17人全員が西日本人。

855 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:05:43.01 ID:4qhscfNN0
>>851
DNAだけでは完全再現はできんな

現代人の受精卵に入れてハイブリッドは作れるかもしれんが
そんなことに何の意味も無いな

856 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:06:22.06 ID:vKbxT03y0
>>837
アイルランド人の祖先はイベリア半島から渡ったって聞いたことある。
ガリア人ってケルト人と同じでしょ。

857 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:06:27.15 ID:TKvlcmgX0
日本に渡来したんだから日本から出る程度の船はそりゃあったろう。

858 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:07:00.39 ID:DxCHWEaz0
>>796
万葉仮名の読解に「法則」なんてものは無いよ。そもそも当て字なんだもん。

万葉集をスラスラ読めるのは、
莫大な資料が残っていることと、日本語において、音訓の読み方が一貫して承継されてきたこと、
この2点から、帰納的推理を駆使して読める、というだけ。
演繹的に、何か読解法則があるわけじゃない。

だから、後世の日本人の帰納推理が及ばず、何を音写したのか全くイミフの歌も出てくる。大変に有名なのはこれ。

莫囂圓隣之大相七兄爪謁氣吾瀬子之射立為兼五可新何本

イヨンヒが、現代朝鮮語慶尚道方言で「読解してww」ホルホルした、といういわくつきの歌。
もちろんイ・ヨンヒはトンデモなのだが、
確かに、日本語の音訓の機能では歯がたたない。
万葉集ですら、こんなことも起きる。

859 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:07:47.91 ID:6ZWbEqQp0
天皇の先祖は東南アジアのどこから来たの?

>>1の東南アジアってだけじゃわからん。

860 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:08:06.59 ID:5XTMKOc80
>>834
確かブルガリアだったと思うが一時期モンゴル系の遊牧民が支配してたらしいね
名前を忘れたが残虐で有名な遊牧民の王
その後、モンゴロイドの遺伝子は薄まったが今でも東欧人は欧州人には珍しく漆黒の髪の人が結構いる

861 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:08:28.87 ID:ucLKQ2ckO
>>3
確かにぃ大阪は都ではなく、
独立国になるべきだね!!

862 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:08:47.37 ID:GFWVaNKB0
そもそも朝鮮系のDNAって何を指して言っているのかという話だなぁ
満州系?

863 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:08:53.38 ID:DA0qL8d40
>>854
戦後までは大阪が日本一の都市だったの知ってる?

864 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:09:04.18 ID:/d4F0sXj0
>>785
知ったかぶりはやめろ。
系統はもう確定しているよ。細かい枝は変わる可能性があるが、幹はもう動かない。

865 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:09:10.19 ID:IvOyot6t0
関西が、関東がチョンとかいう
しょうもないコピペ貼って回ってる在日

安倍ちょん、チャンネル桜を筆頭に
ネトウヨは在日のなりすましばっかという証明

866 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:09:45.94 ID:zZHRQaV20
>>845
取り込まれた時点で高句麗や百済の文化化してるのでは

867 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:10:16.13 ID:xVmmu5yj0
>>860
フン族のアッティラ?
ハンガリー突破してイタリアあたりまで行ってるしな

868 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:10:47.77 ID:IvOyot6t0
>>862
在日ネトウヨからみた世界の中心の韓国のことだろ
韓国は世界の中心だから朝鮮系は朝鮮系よ

869 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:11:44.32 ID:4qhscfNN0
>>865
どうも東京は変な差別主義が蔓延してるみたいで
関西人を何としても貶めたいみたいよ

実際に東京のテレビ局は大阪は吉本以外見せてはならないという
おかしな慣例が存在するらしい

870 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:12:05.76 ID:5XTMKOc80
>>867
そうそう、それそれ
ハンガリーだったかw
初めて聞いたとき古代モンゴル人半端ないなと感心した覚えがある

871 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:12:47.95 ID:TKvlcmgX0
>>869
なんかの国策でやってるレベルだよな。

872 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:13:35.94 ID:hOlF5GKw0
>>864
色々な遺伝子系列があるんだよ
系統の基準となるDNAをどれにするかによって、系統マップは変容するんだ
分子生物学では常識だよ

873 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:13:40.83 ID:ssChUKvZ0
>>869
つるべとか普通に出てるだろww

874 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:13:57.52 ID:IvOyot6t0
>>847
そんな時代に大量の人間が移動するなんて行くのも来るのも不可能だろ
今の時代ですら簡単じゃない
特に遺伝子に影響するレベルで移動なんかできるはずがない
馬鹿でしょうもないプロパガンダの結論ありきで話すから矛盾ばっか

875 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:13:58.20 ID:XCeuoaJn0
DNA嘘つかない

企業のDNAは嘘しかつかない

876 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:14:13.19 ID:SyENuGZyI
大陸の掃き溜め、盲腸であるチョンは限りなく単一で、ある意味純血のゴミ民族だから限界があるが、
日本人は雑種、よく言えばハイブリッドだから無限の可能性がある。
雑種の集まりだからこそ、逆に和を乱さない、空気を読むという文化が培われたのだろう。
そこにはいい面もあれば悪い面もあるが。
東アジア系の中では日本人には巨乳が多いらしいが、サモア系の血も流れているかららしいな。

877 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:14:54.60 ID:/d4F0sXj0
>>858
いや、その当て字に二パターンあり、帰化中国人と、中国語を知らない日本人の違いだといわれている。

878 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:15:55.45 ID:DA0qL8d40
>>866
百済と高句麗は王族が扶余系、領民は漢四郡の漢人と周辺諸族。

>高句麗や百済の文化化

これはどういうものなのか?

879 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:16:00.11 ID:ssChUKvZ0
>>875
とするとこれはどういう事になるの?

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1406/03/news146.html

880 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:16:06.60 ID:KR4fmrXk0
インパール作戦の戦記に
奈良138連隊は背の高い兵隊が多かったとの記述がありましたが
奈良には背の高い部族がいる(いた)のでしょうか?

881 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:17:07.27 ID:vKbxT03y0
>>874
>馬鹿でしょうもないプロパガンダの結論ありきで話すから矛盾ばっか

韓国人の事ですか?

882 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:17:23.18 ID:CGyWk/5N0
厳密な違いは置いといて、大多数が中国や朝鮮人と区別つかないのは見たまんま。
姿勢くらいきちんとしろよオマエらw

883 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:17:27.84 ID:8StdSMxI0
チョンは中国人奇形のゴミ捨て場になって、モンゴル人にレイプしまくられたからああいう顔なんでしょ
生粋の日本人でモンゴル顔っていない気がする

884 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:17:47.60 ID:hOlF5GKw0
>>880
奈良は日本各地から集まった混合集団

885 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:17:59.48 ID:aKhMAnAo0
>>878
高句麗も扶余も韓国の一部で万里の長城が韓国の支配下にあったと習ったが

886 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:18:20.29 ID:E+FyNU9T0
>>880
栄養の摂取が良い地域だったんちゃうか。東北辺りは栄養不足とか。

887 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:18:44.02 ID:DxCHWEaz0
>>869
一部関西人がいう被害妄想は、

「なぜ、トンキンのテレビ局は、偉大なる大梅田の巨大摩天楼を、世界に冠たる大大阪のシンボル大梅田として放映してくれないんや?」

これだけだろう。はっきりいうのはネット上のお国厨だけだが、
リアルで聞く不満も、よく聞くと、なぜかここに話が集約される。正直しょうもないと思うw
なんで大阪人は、あんなに梅田の高層ビルを自慢したがるんだろうなあ?

まあスレチというか閑話休題だなw

888 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:19:00.62 ID:ssChUKvZ0
そうなると、岡山で吉備津彦に倒された温羅は何人な訳?

新羅の王子だって話だけど

889 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:19:03.73 ID:fbynsAoB0
天皇が弥生系の血筋だってのは間違いないだろうな

890 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:19:52.03 ID:/d4F0sXj0
>>872
バカさらしたな。中学生か?

人類の系統を論じる場合は、交雑で混じり合わないY染色体(父系)か、
ミトコンドリアDNA(母系)かの二つしか使わないんだよ。

ミトコンドリアDNAの系統樹はもう完成していて動かないし、
Y染色体の系統樹も、幹の部分は確定しており、枝葉の部分が詳しくなる程度。

891 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:19:56.76 ID:8StdSMxI0
東北北海道と北に上がるほどガタイも良くなるよ

892 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:20:31.16 ID:NWZtOMdw0
>>888

新羅人だろ

893 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:20:31.53 ID:TKvlcmgX0
2万年前だと海峡も狭かったようだが、いつの時代なんだ?

894 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:20:40.36 ID:htE/W8Xq0
現代政治的な考え方は極力捨てて
最終的に高句麗の歴史は、支那の歴史なの?朝鮮の歴史なの?

895 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:20:54.11 ID:6ZWbEqQp0
>>889
それは根拠がない。
逆に天皇の子孫はD2が多い。

896 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:21:08.19 ID:E+FyNU9T0
>>891
寒いところはそうなるのかね。東欧もガタイが良い印象。

897 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:21:13.78 ID:v++7UzAY0
>>849
日本の支配階級って元々一重だらけだからな
平安貴族みりゃわかるだろ
一千年かけて縄文と混血して一重が減り続けた

898 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:21:55.59 ID:DA0qL8d40
>>870
ブルガリアはブルガル族という、フン族が暴れまわった少し後の時代に黒海沿岸を西に移動してきた
チュルク系遊牧民に由来する。
7世紀にこの集団から分かれてたのが今のブルガリア辺りに侵入しスラブを支配するブルガリア帝国
を作った。

899 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:22:23.23 ID:8StdSMxI0
>>896
うん、そうだね

900 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:22:55.76 ID:5XTMKOc80
>>891
ベルクマンの法則だね
白熊がでかくなるのと同じ話

901 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:23:32.18 ID:NWZtOMdw0
>>897

>>604

二重だぬ

902 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:24:09.98 ID:KR4fmrXk0
>>884 >>886
どうも
たしか作戦に参加したイギリス兵の回想だったと思うが
当時は不思議に思ってね
豊かな地域だっただけかもしれんね

903 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:24:47.62 ID:vKbxT03y0
>>897
奥二重なんじゃないの?
タイムマシンがない限り、誰も平安貴族の顔見れないんだし。
絵で目が細く書かれてるからって一重とは限らない。

904 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:25:13.08 ID:VAgWFsUs0
>>243
神奈川は江戸時代まで相模と呼ばれてたんだけどねw
神奈川と呼ばれてた所はごく一部なんだよ、知ったかw
埼玉に来たのは高句麗の人間で朝鮮人とは違う民族

遺伝的にチョンの血が濃いのは関西
朝鮮移民が縄文後期から増え始め、縄文前期の貝塚が全く無い
つまり、縄文前期まで人がおらず、朝鮮移民だけで成り立った証拠

905 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:25:37.31 ID:NWZtOMdw0
>>902

蛇足かもしれんが関東軍も背の高いエリート部隊が沖縄戦に行ってる
奈良もそうやって背の高い人を集めた部隊だった可能性はない?

906 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:25:39.14 ID:5XTMKOc80
>>898
なるほど、ありがとう
古代史でのモンゴル遊牧民族の存在感は凄いな
今あんなに弱小国家になったのが信じられん

907 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:25:55.61 ID:DxCHWEaz0
>>894
どっちでもない、が正解だろうね。
高句麗は「満州史」の最古参メンバーだよ。そして満州は文明圏的には北アジアの東端部。
つまり、広く言えば「北アジア史」の一部であって、モンゴル高原の歴史と同類。
モンゴル高原の歴史も、匈奴(トルコ系説が有力)に始まり、さまざまな部族が興亡してる。

>>877
その研究も、森博達という卓越した研究者が、日本書紀の隅々まで調べて、
漢文の文法の癖を傍証に、日本側人物などの固有名詞の当て字を丁寧に分析して、
やっぱり「帰納的」に導いた学説だよ。
当て字(万葉仮名)や訓読みの読解は、どこまでも帰納的にならざるを得ない。

908 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:26:18.07 ID:M28Z/l/r0
>>887
お天気カメラの類で東京都内でも高層ビルの少ないエリアが映されているのを見て
もしや梅田は日本一なんじゃないかと錯覚する阿呆がほんの一部いる。
そういう阿呆が騒いでるだけだから勘弁な。
実際東京行くと度肝抜かれて梅田は良くも悪くも梅田レベルと理解する。

909 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:27:25.38 ID:DA0qL8d40
>>880
神武東征のクライマックスに出てくる大和盆地の豪族の長髄彦は、その名がスネが長いということから
長身ではないかとかはよく言われる。
それと、奈良は所謂被差別部落(皮革系)が多い地域なので、戦中も他所より肉を手に入れやすかった
可能性がある。
古代部族にこだわるものではないと思うよ。

910 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:27:25.96 ID:8StdSMxI0
>>900
うん、そうだね

911 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:28:24.28 ID:ELNrK7gS0
関西のほうが顔濃い奴多くね?

912 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:28:24.29 ID:zZHRQaV20
>>878
元は漢人でも半島の民族化してるならそれも朝鮮の文化だろって意味

913 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:28:55.26 ID:GFWVaNKB0
モンゴル系は生活基盤そのものを持って移動できるからな
生まれた時から乗馬でならして
短弓で攻撃って矢さえ作っておけば
古代の戦闘では無敵だろう

914 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:29:48.22 ID:DA0qL8d40
>>897
様式化された絵画を見てそんなこと言うのか?
埴輪をみて弥生時代はみんなあの顔とか思うの?
あきらかな所謂ハンコ絵を間に受けるの?

915 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:30:22.76 ID:vKbxT03y0
>>913
でも海はダメだったみたいだね。

916 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:31:16.32 ID:NWZtOMdw0
>>912

中国の技術そのままなら朝鮮文化とはまだ言えないんじゃないか?
アメリカ中華街の中華料理もアメリカ文化だって言うなら
そう言えるかもしれんけど

917 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:31:42.81 ID:zZHRQaV20
>>889
それにして過去の天皇や皇族に濃い顔が多い
近代まで身内としか婚姻を結んで無かったはずなので
弥生系なら形質的には庶民には見られないレベルの弥生顔で無いとおかしいはずなのに
明らかに弥生系の顔になったのは今上天皇から

918 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:32:27.97 ID:NWZtOMdw0
>>915

毒の水とか言ってたんだろ

919 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:33:24.38 ID:cGUx0X6c0
>>914
でも歴史を見るとアイヌ・琉球は支配された側でしょ
渡来系の公家顔の地位が高かったのは事実だろう

920 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:34:04.49 ID:zZHRQaV20
>>916
そもそも現代朝鮮人の遺伝子で一番多いのが漢人の遺伝子だから
もはや朝鮮人=漢人でもいいのでは

921 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:35:22.01 ID:DxCHWEaz0
>>917
今上からではなく、大正天皇からだろう>顔立ちの激変
つまり、ターニングポイントは、大正天皇の生母柳原二位局だ。
明治以降になって、皇族の通婚関係が、比較的緩くなったことが関係してると思う。
京都時代以前の皇族・貴族は、通婚集団として、最上位とそれ以外に二分されてたんじゃないかね。
俺も詳しいことは知らないけどさ。

922 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:36:23.41 ID:5XTMKOc80
>>913
それはあるね
当時ののろまな歩兵集団の中に騎馬隊の集団が精度の高い飛び道具もってつっこんできたら凄い恐怖感だったろうね

923 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:36:37.10 ID:cGUx0X6c0
>>917
この人の遺伝だと思うけど
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/15/Empress_Kojun_1941-face.jpg
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/88/Empress_Kojun_and_Prince_Akihito.jpg

924 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:37:00.34 ID:vKbxT03y0
>>919
そもそも公家顔って本当にあるの?
勝手なイメージで作られたんじゃないの?

925 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:37:15.23 ID:67NChoPw0
つーか、おまえら中国人・朝鮮人と同族に決まってるだろうが。
なに夢見てんだ。wwwwwwwwwwww

926 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:37:18.48 ID:NWZtOMdw0
>>919

勘違いしてるようだが、天皇家の礎は和合
結婚して力を増やして行った豪族だよ
身分の高い姫君だけが正妻になれる
あれは母親の地位が高くないと帝位につけないからで
婚姻による和合の名残

927 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:37:52.65 ID:0cWJmUPo0
ふむふむ、とりあえずチョン国経由じゃなくてよかった

928 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:38:43.69 ID:wVaB12Msi
〉911
関東芸人と九州芸人は濃い顔多いが
関西芸人はチョン顔多いだろ。

929 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:39:13.52 ID:DxCHWEaz0
>>922
歩兵と騎馬の間に、戦車(chariot)があるよ。
つまり軍事用馬車で、騎馬よりは遅いが歩兵よりは速い。
インド・ヨーロッパ語族が、アイスランドからスリランカまで進出出来た最大の要因とも言われてる。

930 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:39:58.41 ID:cS6tSGpS0
柳原愛子さんの父方は公家の柳原家

931 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:40:28.20 ID:DA0qL8d40
>>912
>>878は民族としてひとつになっていないという話なんだがw
サラダボールという奴だよ。
寺院の建築様式などは伝播のルートで違いがあった。
百済は南朝の様式。
高句麗は北朝の様式。
新羅は高句麗から入ってきた。

932 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:40:36.28 ID:1fqDqniF0
日本のDNA
http://dl1.getuploader.com/g/aosi77/15/DNA.JPG

933 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:40:42.89 ID:KR4fmrXk0
>>923
独特の顔だね 美人とは言えないが雰囲気よし

>>905
奈良の部隊はごく普通の連隊だったはず

934 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:40:59.95 ID:SHzDXfS/0
骨の形か しかもサンプル数としてどうなんだと

935 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:41:51.22 ID:5XTMKOc80
>>929
へえそうなんだ
でもインド・ヨーロッパ語族って出自はイラン高原あたりじゃなかったっけ?
詳しくは知らないけどそんな話だった気がする

936 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:42:22.88 ID:QcZSjaye0
>>863
日本(近畿)を弱体化させるために韓国というか東京が工場三法とかいう法律作って韓国有利の政策作って優秀な日本を弱体化させた
全ては戦争で連合国側の韓国というか東京が勝ったから好き放題日本をぶっ潰してる
メディアも牛耳ってるしな

937 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:42:33.07 ID:cGUx0X6c0
>>924
現代の金髪碧眼文化が入る前まではイメージ低かったのは確かでしょ
地黒で目が大きいのは昭和くらいでも言われてたけど所謂部落顔

938 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:42:41.90 ID:DA0qL8d40
>>919
>>752を参照。

古代の日本では所謂渡来人はそんなに偉くはないんだよw

939 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:43:06.74 ID:KIlmIaHb0
>>883
日本人に蒙古班でるのは?


人種的分布
wiki
蒙古斑は主にモンゴル人や日本人などに現れ、他のアジア系民族では漢民族(上海市の調査では新生児の出現率は94.6%。
内モンゴルの調査では率はモンゴル族78.79%、漢族73.54%、モンゴルと漢の混血児の場合は83.70%)、朝鮮民族、インドネシア人、ブータン人、アメリカ州の先住民族といった人々にも現れる。

940 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:44:15.92 ID:vKbxT03y0
>>932
それだと古代朝鮮半島に住んでた人達は現在の韓国・朝鮮人とは違うと言い切ったようなもんだね。
秋田には二重瞼で顔立ちくっきりの人が多いし。

941 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:44:26.07 ID:HSn/FET90
朝鮮人は自分達のルーツをもっと探ってみた方がいいんじゃないかな?
日本じゃなくてさ

942 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:44:37.71 ID:ssChUKvZ0
>>924
まぁ、そうじゃないとダサいってんで平安時代から塗ったり眉抜いて書いたりしてんだから
みんながみんなって訳じゃないんだろうがね

今で言うなら付け睫毛で目を大きくするみたいな理想の高貴な顔ではあったんだろう

943 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:45:01.92 ID:DA0qL8d40
>>935
戦車は中東でできたものなんだよ。
それが四方に伝播した。

944 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:45:19.13 ID:tGbQk+Uv0
中国人や韓国人が、南京大虐殺や従軍慰安婦の話と同じように、
日本人は中国人や韓国人の子孫だというプロパガンダを英語のネット上などでもいろいろやってるのよ

それを跳ね返すのがY-DNA D2

★★★ 日本の誇りD2 ★★★

★★★ PRIDE OF D2 ★★★

945 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:45:23.35 ID:/d4F0sXj0
>>935
インド・ヨーロッパ語族は、言語がいろいろな民族に伝播しただけであって、
単一民族が分化したわけではない。

946 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:46:54.23 ID:vKbxT03y0
>>937
>現代の金髪碧眼文化が入る前まではイメージ低かったのは確かでしょ

なんか日本語的におかしいんですけど。

947 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:47:12.93 ID:5XTMKOc80
>>943>>945
なるほど

948 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:47:22.27 ID:NWZtOMdw0
>>938

うん、渡来人の末裔がみた系譜でも
「あー、やっぱり外国人扱いだな」って感じ
田村麻呂とか陰陽師の安倍氏とか、「異をもって異を制す」って
使い方をされてます
あんまり偉くないよ、ほんと「移民の皆さん」扱い

949 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:48:04.61 ID:DA0qL8d40
>>937
公達顔の典型と言われる徳川慶喜
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/fa/Tokugawa_Yoshinobu_with_rifle.jpg
http://www.nagoya-rekishi.com/image/01-c01.jpg

公達顔については目が細いとかは重要な特徴じゃないんだよ。

950 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:49:11.14 ID:cGUx0X6c0
>>944
その理論は日本固有のものが有っても他を全て排除するものじゃないから
遺伝子研究上でも混ざってるのは事実だよ
そりゃ地理的にね

951 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:49:14.51 ID:5XTMKOc80
>>949
1枚目の写真拡大したらくっきり二重だな
現代の俳優にもいそう

952 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:49:55.34 ID:NWZtOMdw0
>>949

いつ見てもイケメンやな
土方歳三とかもそうだけど、良い具合にミックスされた美形だよね
奥二重の

953 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:50:07.48 ID:KR4fmrXk0
>>949
ぽやーっとした口元とトロンとした目つきが公家の特徴なのかな

954 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:51:26.48 ID:vKbxT03y0
>>942
塗ったりは色白が良しとされ、太い眉は下品だと思われてたんだろうな。
それって単に庶民とは違うという意識とも取れる。
ちなみに平安時代の美の基準は本当にしもぐくれだったみたいだな。
おたふく風邪が流行ったらみんな美男美女になれたと喜んだそうなw

955 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:52:00.01 ID:WP40/81N0
>>5
まだ弥生人は朝鮮経由で来たと思ってるやつがいるんだな
その説は大日本帝国時代に朝鮮人を手懐けるために政府だか軍部だかが流したデマだぞ
弥生人は中国の南部あたりから船でやってきたのが現在の定説
たしか弥生人と特徴が同じ骨が中国の南部あたりから発掘されたのが決め手だったはず

956 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:52:14.63 ID:HSn/FET90
日本人って血はあまり気にしないからな
いろんな人種が混ざっててもおかしくはない
ただ朝鮮カルトだけは駄目、キモイ

957 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:52:23.35 ID:5XTMKOc80
>>949
思い出した、この俳優に似てるw

http://sakura-ga-otodoke.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_bf3/sakura-ga-otodoke/m_E6A190E8B0B7.jpeg

958 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:53:15.63 ID:ssChUKvZ0
>>948
いや、晴明とか陰陽頭とかぶちぬきで高い官位持ったスーパー官僚じゃん

959 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:53:26.45 ID:DmmmrqDa0
弥生系とかいうけど移民があったのは陸続きの頃の話しじゃないのか
農業が伝わったとき海越えて大量移民が来たの?

960 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:54:32.48 ID:2YyVwAoq0
大谷翔平みてたら日本人の
混血ぶりがわかる
体格はロシアのモデルみたいなのに
顔は東南アジアの女子みたいだ

http://livedoor.blogimg.jp/mindhack2ch/imgs/9/b/9bd5897e.jpg

961 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:54:57.62 ID:DA0qL8d40
>>953
当時は撮影は日光写真みたく長時間露光だから顔つきについてはw
こういうきりっとしたのもある
http://bakuren.up.n.seesaa.net。/bakuren/image/E5BEB3E5B79DE685B6E5969C.jpg

食事などの影響で顎が細くて鼻が高く、少し面長なのが特徴。
戦前の皇族の写真もこの点で共通している。

962 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:55:17.22 ID:KIlmIaHb0
蒙古斑は、南方系の民族や黒潮に乗って日本にたどり着いた南洋諸島の民族には見られないのでは?知らんけど。

日本人に蒙古斑でるは、日本人は南方民族と北方のモンゴロイドの程よい混血で、蒙古斑は優性遺伝か。

朝鮮人は、太陽系外から来た隕石に付着してたバクテリアから進化した、人に良く似た違う生き物と思う。

963 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:55:18.05 ID:0j8X2ohh0
>>814
>辰韓の頃から基本泳げ無いよあいつらww

ほんとかよ? そういう史料はみたことがないなあwww
ソースきぼんぬwwww

>林業は両班が狩猟やら何やら趣味祭祀用に山への立ち入り禁止にして廃れた

おいおい、んなこたあ、ねーだろwww
林業を知らぬ庶民が山野の木々を乱伐し、他の国の人たちのように植樹しないから、はげ山にしなったんだよな
ヤンバンさんが山入りを禁止してたら、朝鮮の山は昔も緑だわ

964 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:56:35.84 ID:TKe0jZ640
>>7
これ2005年のやつなのか
この子たちも結構な年齢だな

965 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:56:57.86 ID:ehWJPBYk0
日本人がどうかではなくて
あるひとつの劣等遺伝子を除いて全てが日本人となれる可能性と義務を持ってると考えればいい
我々が人類の規範として日本文化を継承してけばそれでいい

966 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:57:09.73 ID:KR4fmrXk0
>>961
歳とってからの松平健に似てる

967 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:58:43.15 ID:5XTMKOc80
>>961
そういえば信長も鼻が高かったね
宣教師一行の絵師だかが描いた写実的肖像画を見たら鼻が高くて面長の随分と現代的な顔してた

968 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:58:56.29 ID:NWZtOMdw0
>>948

彼は養子 うちの系図には入ってないよ
ただ、なんつうの、鬼を扱う者はその身もまた鬼、みたいな
忌避のされ方をしたんだと思うよ
だから渡来人が天皇家の血筋に入り込むってのはほとんど無いと思う
側室とかならあっただろうけど

969 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:59:19.72 ID:8StdSMxI0
>>962
最後wwww

970 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 04:59:32.14 ID:UlyaOowv0
日本人だというアイデンティティを持っている人間が日本人だ。
ルーツは関係ない。
日本人じゃないとおもうなら、今すく日本国籍を捨てて出てけ!

971 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 05:02:59.43 ID:mLSDF2nm0
>>955
更には、東に行かずインド方面に抜けたグループも居て農耕の語彙がしっかり残ってる。
確実。


いつの時代だったか、宣教師が当時の天皇陛下を中東の人に見えたと伝えてたな。濃く見えたらしい。

972 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 05:03:00.54 ID:Maq7oJOo0
日本人の祖先は半島から

973 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 05:03:36.84 ID:/d4F0sXj0
>>959
弥生系とされる、水稲栽培を持ち込んだ集団は。BC5世紀からAD1世紀にかけて、
小集団でボートピープル的に逃げてきたのだろうと考えられている。

以前は、埴原和郎という学者が、朝鮮半島から百万人規模の移民があり、
縄文系とおきかわったという説を出し、それが定説になっていたが、
DNA分析で完全に否定されている。

974 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 05:05:02.62 ID:fzP4I4f+0
遺伝子ヲタが集まる英語フォーラム
http://www.forumbiodiversity.com/

975 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 05:06:12.34 ID:nFMhedFW0
兄弟でも一重まぶたと二重まぶたで別れたりするから瞼は重要ではない、日本人のルーツを語る時は。長頭、短頭もあまり重要ではない。環境要因によって三世代で変化する。
日本人はいろいろ混じりあってるのですぐに変化する。
日本人の歯並びが悪いのは、現代人のように上の前歯が前になる人種と、上下の前歯がピッタリする人種が交雑したから。

976 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 05:07:25.94 ID:0j8X2ohh0
古いタイプのモンゴロイドはコーカソイド・白人系の顔つきなんだよね。
日本には古いタイプがけっこう多い。
コーカソイドとは何の関係もないからね。

977 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 05:09:10.28 ID:/d4F0sXj0
973の補足。
弥生系のルーツは朝鮮半島ではなく、揚子江流域の呉と呼ばれる地域の可能性が高い。
難民の一部は朝鮮半島にも流れ着いただろうが。

縄文人は低湿地を嫌い、高台に住んでいたが、弥生系の難民は、水稲栽培のために
低湿地に住んだので、衝突はおきなかったと考えられる。

弥生系の村が水稲栽培で拡大すると、縄文人の一部が合流し、混血して
現代日本人の基盤を作ったというのが、新しい定説。

978 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 05:09:29.15 ID:+RtIQLAp0
>>1
ジャレド・ダイアモンドという作家は著書「銃・病原菌・鉄」の中で
「日本人は元々朝鮮人で、先住民族のアイヌを皆殺しにして置換した民族で天皇も朝鮮人かもしれない」
って書いてるんだが
こういう嘘吐きはどうすりゃいいんだろうな

979 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 05:09:38.03 ID:5XTMKOc80
>>976
でもコーカソイドもモンゴロイドも誕生の地は同じイラン〜西インドあたりの地らしいね
どうやって出来たのかは謎だけど

980 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 05:10:55.86 ID:0j8X2ohh0
>>973
>DNA分析で完全に否定されている。

南方の稲が極寒の華北や満州、北朝鮮を経てくるなんて、昔の学者たちは頭がいかれてたのかね?
また、そういうガセネタを鵜呑みにして、教科書にまで載せていた連中も頭がおかしい。
小学生でも、素朴に「変だろ」というレベルの話なのに。

981 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 05:12:10.35 ID:6ZWbEqQp0
何か蒙古班の書き込みがあるけど。
俺も子供の時に蒙古班あったよ?
はっきりと覚えてるよ。俺美ケツだったから、自分のケツばっか見てた。
ただし、俺の父親は蒙古班は無かった。おやじは「俺が子供の時は蒙古班はなかったけどな」と言っている。
親子でも蒙古班がなかった父親と蒙古班があった子供がいる。
そんな俺はD2。

つまりこれはどういうことでしょう?
あまり蒙古班って意味ないのかな?

982 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 05:12:13.16 ID:cS6tSGpS0
>>977
わからんのが女のミトコンドリアが弥生が多いんだな
言っちゃなんだけど弥生の女って性的に魅力無いんだけど
何故この組み合わせになった

983 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 05:12:34.09 ID:XQadrWIvO
>>725
縄文と弥生のハーフが日本人というだけ、ただそれだけ

984 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 05:12:41.33 ID:ehWJPBYk0
>>980
ルイセンコを本気で正しいと思い込んでるようなクソどもだろ
事実よりも思想のほうが大事

985 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 05:13:22.29 ID:0j8X2ohh0
>>979
もとのご先祖さまがコーカソイドとモンゴロイドに分化したんだってね。
古いモンゴロイドの頭蓋骨を、学者がコーカソイドだと誤解するケースが
たまにあるとか。

986 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 05:13:27.01 ID:/d4F0sXj0
>>978
ウソをついているのではなく、30年前の定説しか知らないのだ。

埴原和郎の「二重構造説」で、DNA解析で完全に否定されているが、
いまだにその説で止まっている無知な人が多い。

987 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 05:13:32.38 ID:QK3D4yY70
>>907
テュルクとトルコは別だぜ

988 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 05:16:28.95 ID:XQadrWIvO
>>978
それは極論だがだいたい筋はあってるだろ、日本人は縄文と弥生のハーフだけれど弥生の血の方が濃い人が多いのだし

989 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 05:17:29.99 ID:fzP4I4f+0
とりあえず、生物学が政治的に利用されたら人類に新たな闘争が起こるな

>>978
ダイアモンドはヨーロッパが発展したのは環境のせいだということにして、
発展してない人達や劣勢に置かれている人達を慰めているような気がする
朝鮮人がかわいそうだと思ったんじゃないの?

990 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 05:17:51.31 ID:5XTMKOc80
>>985
らしいね
20世紀初頭ぐらいの人類学者がアイヌ人をコーカソイドに分類してたってのは知ってる

991 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 05:18:01.58 ID:/d4F0sXj0
>>988
埴原説しかしらないバカ発見。埴原説はDNA解析で完全に否定されている。

992 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 05:18:14.57 ID:vKbxT03y0
>>988
弥生は朝鮮人じゃありません。

993 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 05:20:21.40 ID:fzP4I4f+0
モンゴロイドとかコーカソイドとかはドイツの学者が勝手に決めただけだぞw

モンゴロイドとかアジア人とか言う言葉に騙されないようにしようなw

994 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 05:20:26.29 ID:HpQqIto70
>>7
どうみても弥生系がブサイクで残忍とのイメージ操作w

995 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 05:20:44.24 ID:ssChUKvZ0
>>968
いや、だから余計に他所者で親が獣みたいな話まである晴明が直接天皇と関わってて偉くなってるって話なんだが…

天皇周辺の人物って争いも激しいから結果的に実力至上主義の世界な感じだし

996 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 05:21:58.39 ID:XQadrWIvO
>>992
朝鮮だろうが揚子江だろうが弥生には変わらん、同じようなもんだ

997 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 05:22:57.31 ID:/d4F0sXj0
日本人でも、988のように埴原説に洗脳されたままの人がいるんだから、
ジャレド・ダイアモンドが埴原説を信じていても、しょうがないな。

誰か、英語で、新しい定説を広めてくれ。

998 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 05:23:22.85 ID:vKbxT03y0
>>996
同じじゃないだろ。
文化も人間も全然違う。

999 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 05:23:55.63 ID:5XTMKOc80
次スレは?

1000 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/07/27(日) 05:25:03.72 ID:6ZWbEqQp0
所謂弥生人というのは半島経由ではなく揚子江から直接来たって俺の大学の教授が言ってた

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

318 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)